西郷どん 24話 鈴木亮平と石橋蓮司のキス!?二階堂ふみ再登場

西郷吉之助(鈴木亮平)は
島津久光(青木崇高)の命により
捕らえられ、薩摩へ送られます。

その後、寺田屋騒動が起き
有馬新七(増田修一朗)ら薩摩藩士が
命を落としました。

大久保一蔵(瑛太)は自ら謹慎を申し出て
鍵屋に閉じこもります。
お虎(近藤春菜)が食事を持っていきますが
大久保は食べようとしません。

今回、二階堂ふみさんや松田翔太さんの
再登場がありましたが、鈴木亮平さんと
石橋蓮司さんのキス!?にびっくりでした!
「西郷どん 24回 地の果てにて」です。



二階堂ふみさん再登場

西郷吉之助は徳之島へ
村田新八(堀井新太)は喜界島へ流罪と
なりました。今回は罪人なので
食べ物を自分で手に入れなければ
なりません。

吉之助が徳之島から奄美大島は見えるか
と聞くと、島役人・琉仲為(一三)は
岡前から見えませんと答えます。

「旦那様!」と呼ぶ声がして振り向くと
愛加那(二階堂ふみ)が赤ちゃんを抱いて
やってきました。
富堅(高橋努)は菊次郎を抱いています。

愛加那は「どうしてもこの子に会って
欲しかった」と女の赤ちゃんを見せると
吉之助は「何と愛しか子じゃ」と笑い
菊次郎に「大きくなったな」と言いました。
吉之助は女の赤ちゃんに
菊草という名をつけます。

一か月前、吉之助が流罪となったと知って
愛加那は吉之助に会いたいと思ったのです。
龍佐民(柄本明)は反対しましたが
富堅がついていくことになり、
石千代金(木内みどり)も賛成したので
佐民も許してくれたのでした。

愛加那が「薩摩に帰るまでそばにいさせて」
と頼むと、吉之助はそばにいてくれと答え
愛加那は吉之助に寄りかかります。
寝たふりの富堅は泣いてましたね。

一橋慶喜(松田翔太)将軍後見職に

島津久光は江戸芝の薩摩藩邸にいました。
京での働きを認められ、朝廷から勅許を
将軍・徳川家茂(勧修寺保都)に伝える
役目を与えられたのです。

朝廷からの政を改めよという
働きかけにより、幕府は
一橋慶喜(松田翔太)を将軍後見職に
松平春嶽(津田寛治)を政治総裁職に
任じます。

福井藩邸で、島津久光は一橋慶喜と
松平春嶽に面会しました。
大久保は小松帯刀(町田啓太)中山尚之助
(天野義久)堀次郎(鬼塚俊秀)らと
久光の後ろに控えています。

久光が「兄上に代わり、お2人とともに
この国を異国に負けん国にしていきたい」
と笑顔で話しました。

ところが慶喜は「亡き兄上の猿まねか?
お主は何者だ?お主のことは江戸では
誰も知らん。ただの芋じゃ。
天子様となれなれしく呼ぶな!
用が済んだら早々に薩摩に帰られよ」
とけちょんけちょんにします。

そして慶喜は大久保のほうにきて
「あの牛男は来ておらぬのか?
俺と腹を割って話したければ
西郷を連れてまいれ」と言いました。
久光は怒りを抑えるだけで
何も言えません。

徳之島から沖永良部島へ

吉之助が愛加那たちと暮らし始めて
5日目、吉之助が富堅と相撲を取ろうと
していると、役人が来ます。

徳之島の遠島改め、沖永良部島への遠島を
申しつけるというのでした。
吉之助は膝をついて「わかいもした。
謹んでお受けいたしもす」と従います。

吉之助は「愛加那、世話になった。
夢にような楽しか5日間じゃった」
と愛加那の手を取りました。

吉之助が役人に連れられて行くと
愛加那は膝から崩れ落ちましたね。



石橋蓮司さん、大島蓉子さん登場

沖永良部島へ到着すると
吉之助は波辺にある囲いにある
小さな牢へ押し込められます。

代官・黒葛原源助(下総源太朗)は
去っていきましたが、
横目付・土持政照(斎藤嘉樹)は
振り返って、頭を下げてから去って
いきました。

釣り竿を、ひょうたんとっくりを
持った石橋蓮司さんが登場!
流人・川口雪篷役です。
「一体何をしでかしたやら?
あげな罪を受けるとは」と不敵に笑います。

やがて土持政照は母・土持鶴(大島蓉子)
と一緒に戻ってきました。
吉之助を西郷先生と呼んで
先生に会えるとはと感激します。
土持は薩摩で学んで島へ戻ったのです。

海江田武次と大山格之助からの文

土持や鶴や島民(新納敏正)が
差し入れを持ってきてくれました。
吉之助は半分だけと口にすると
「うまかぁ」と笑顔になります。

土持が吉之助に文を渡そうとすると
雪篷がそれを奪います。
雪篷は薩摩から流された罪人で
文の中身を改めると言い
「西郷吉之助に切腹を命ず」と言うので
吉之助と土持はびっくり!
雪篷は「…とは書いてない」と笑います。

海江田武次(高橋光臣)からの文には
大久保は寺田屋騒動で出仕辞退したが
今や久光の第一の側近となり
出世街道を駆け上っていると
バカにしていました。

大山格之助(北村有起哉)から
有馬が亡くなった後、大久保が何を
考えているかわからない。
吉之助がいないと薩摩はバラバラなので
早く帰ってきて欲しいとあります。

吉之助「おいは友を信じる」

吉之助は「一蔵の心が見えんとは。
一蔵は友じゃ」と落ち込むと
雪篷は「人は裏切るもん。人の心の内など
見えるはずはなか」と言いました。
吉之助は「おいは友を信じる」と言います。

雪篷は、島に流され、野ざらしの牢に
入れられたのは死ねと言われたも同然、
本当のことを言えと土持に言いました。
土持は、代官所からは日に一度の麦飯と
塩だけしか許されてないと打ち明けます。

雪篷は、国父様も大久保も最初から
吉之助を殺そうとしている、
何が友を信じるじゃと嘲笑しました。
それから吉之助は命に従い
差し入れには手をつけなくなります。

鈴木亮平と石橋蓮司のキス!?

何日も何日も吉之助は座禅を組んで
動きません。髪の毛やヒゲは伸び放題です。
子供たちが差し入れを奪っていきました。
雪篷は「こりゃよか見せ物ができた」と
言いますが、怖い顔です(汗)

奄美大島の愛加那は菊草を抱きながら
青い水平線を見て、吉之助の無事を
祈りました。

土持が、ここにいては死んでしまうと
南京錠を外しますが、
吉之助は藩命に背いたら、おはんらに
迷惑がかかると止めます。
土持はカギをかけて、泣きながら
去っていきました。

雨ざらしの牢の吉之助は横たわり
力のない目で「おいは死ぬのか」とつぶやき
小さな3つの貝殻を手に持ち、愛加那、
菊次郎、菊草を思い出します。

「守らにゃならんもんが、まだある。
おはんにしかできんこつが、まだある。
まだじゃ!生きろ!」と考え直し
吉之助は目を閉じました。

雪篷がやってきて、石で柵を壊し
中へ入ってきます。雪篷は吉之助を抱くと
「わいは死んでも友を信じっとか?」と
竹筒に入った酒を吉之助の口に入れます。

さらに雪篷は、酒を口に含むと
口移しで、吉之助に飲ませました。
吉之助はゴホッゴホッとせきをします。

雪篷が去ってから、土持たちが来て
牢から吉之助を出して、家へと
運びだしました。
鈴木亮平さんと石橋蓮司さんのキス!?
ラストはインパクトありましたね(汗)




西郷どん あらすじ感想ネタバレ
西郷どん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る