半分青い 72話 鈴愛と律、夏虫駅で再会!?

菜生(奈緒)龍之介(矢本悠馬)が
鈴愛(永野芽郁)に電話してくれて
貴美香(余貴美子)の還暦パーティが
あると誘ってくれます。

締切があるからと鈴愛が断ろうとすると
菜生が「律も来るよ」と言うので
鈴愛は固まりました。

律(佐藤健)と鈴愛は5年前の七夕の夜に
別れ、それっきり会ってなかったのです。



鈴愛、楡野家へ帰る

鈴愛は楡野家へ帰ってきていました。
晴(松雪泰子)はごちそうを作ってくれて
鈴愛はお腹ぱんぱんです。

仙吉(中村雅俊)は「菜生ちゃんは名古屋
デパートの靴売り場に勤めてるやろ?
ブッチャー君は京都の大学卒業して
名古屋の名央建設で、梟町に帰ってこんの」
と聞きました。

宇太郎(滝藤賢一)は、そのうち西園寺家を
継ぐだろうと話し、律はどうしたと聞くので
晴は西北大学から京大大学院に進んだと
答えます。

宇太郎は「鈴愛は漫画家先生で一番の
出世頭や」と自慢げです。
鈴愛はおばさんに頼まれ、コミックに
「楡野スズメ」とサインしています。

鈴愛が宇太郎にビールを頼むと
草太(上村海成)が明日早いからと
2階へ行ってしまいました。

草太は大学卒業後、名古屋の大型チェーン
レストラン・エッグシェフで働いて
いたのです。

鈴愛、草太に、ありがとな

鈴愛は缶ビール片手に、草太のところへ
行きました。草太は「うちの現場知ってる」
と切り出し、国道沿いにチェーンの回転寿司
や中華ができたので、つくし食堂のお客さん
が減っていると打ち明けます。

そして「姉ちゃん、お気楽やな。家のことは
みんな俺にまかせて。勝手に漫画家なるって
東京出ていって」と不満を口にしました。

鈴愛が「あんた、どっか行きたかった?」
と聞くと、草太は「俺は何もないけど、
遠くへ行って、夢を叶えるとか、遥かな
感じがして。うらやましい」と言います。

鈴愛が「泣き虫なお母ちゃんや、面倒くさい
お父ちゃんや、ナイーブなおじいちゃんや
つくし食堂や、カエルになった廉子
おばあちゃん。みんな見とってくれて
ありがとな」とお礼を言うと
草太はうなずきました。

鈴愛、草太に、パンチ!

夜、ベッドに寝ていた鈴愛は起き上がって
カバンから笛を出し「持ってきてもうた」
とつぶやきます。

朝、鈴愛と晴が唖然としていました。
乾燥機から黄色いブラウスが出てきた
のです。有名ブランド・レダハーの
ブラウスでした。

草太が洗濯機に入れたというので
鈴愛は草太にパンチ!
取っ組み合いのケンカになります。
せっかく昨日は良い感じだったのに(汗)

鈴愛は緑のブラウスに着替え
しょんぼりしています。
晴が「あれは律君やな」と言うと
草太が「当たり前や。律兄ちゃんに
会うためのレダハーや」と言いました。

貴美香先生の小冊子

着ていく服がなくなったので
鈴愛は1人で家に残ります。

還暦パーティ会場で、貴美香先生が
最後のあいさつをしていました。
招待状と一緒に届けた小冊子の写真は
赤ちゃんを取り上げるたびにお願いし
写真を撮らせてもらったと説明します。

楡野家の鈴愛は1人で
「Memory of Fukurocyo」という
小冊子を眺めていました。

鈴愛の赤ちゃんの写真に
1971年7月7日14時25分、
楡野鈴愛ちゃん、2991gとあります。

鈴愛、貴美香と再会する

鈴愛がパーティ会場へ行くと
片付けをしているところで
鈴愛は「遅くなってすいません。
おめでとうございます」と小さな花束を
貴美香にプレゼントしました。

鈴愛と貴美香は小冊子にのっている
ブッチャーや菜生、鈴愛や律の
赤ちゃんの写真を眺めます。

鈴愛が「律、きれいな顔しとる」と言うと
貴美香は「律君も来てくれたよ。
今日京都に帰らないかんみたいやったけど
律君のっとる」と専門誌を出しました。

宇佐川教授(塚本晋也)が賞を取ったので
律が教授や研究室のメンバーと一緒に
写真にのっていました。

貴美香は「鈴愛の夢やから叶えたと
言っとった。19の七夕に短冊に書いた?」
と聞くので、鈴愛は思い出します。
「リツがロボットを発明しますように」
と書いたことを。

貴美香が「律君、夏虫の駅から帰るって
言ってたよ」と言うと
ちょうど菜生がやってきます。
鈴愛は「菜生!車!」とお願いしました。

鈴愛と律、夏虫駅で再会!?

菜生の運転する車に乗って
鈴愛は夏虫駅へ急ぎます。
助手席の鈴愛はポニーテールで
右耳がアップになりましたね。

「律の声がしていた。たとえどんな雑踏の
中でも、律の声を探し当てた。
懐かしい君の声、君の声は私を包む。
片耳しか聞こえなくても
私に必ず届くのだ」

夏虫駅のロータリーにつくと
菜生が「待ってる」というので
鈴愛はかけだします。

鈴愛が改札を抜け、ホームへ出ると
線路を挟んだ向こう側のホームに
律が3人の友人と一緒にいました。

鈴愛は「律!」と叫びますが
ちょうど列車が入ってきて
律の姿は見えなくなります。

鈴愛はカバンから笛を出して
3回吹きましたが
列車が行った後のホームに
誰もいません。

鈴愛は落ち込みながら引き返すと、
駅舎の鏡に自分の姿が見えました。
「美濃新聞」のステッカーがあります。
鈴愛は「ひどい格好」とつぶやきました。

やがて階段から降りてきた律が
近づいてきて「鈴愛!」と声をかけます。
鈴愛は涙目になりましたね。




半分青い あらすじと感想
半分青い キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る