西郷どん 22話 錦戸亮さん 内田有紀さん登場

西郷吉之助(鈴木亮平)は
愛加那(二階堂ふみ)たちと別れ
3年ぶりに薩摩に戻ってきました。

奄美大島に3年いたので、吉之助は
大島三右衛門と再び名を変えます。

大久保一蔵(瑛太)から国父の
島津久光(青木崇高)と面会すると
言われ、吉之助の表情は引き締まりました。

ドラマの中盤から、錦戸亮さんと
内田有紀さんが登場してきます。
「西郷どん 22回 偉大な兄 地ごろな弟」

このタイトルには、島津斉彬と島津久光、
西郷隆盛と西郷信吾の2つの意味が
ありましたね。



島津斉彬と島津久光

島津久光は亡き兄・島津斉彬の遺志を
引き継いで、幕府の腐った政を正すと
語りますが、吉之助は、久光にはできないと
ズバリと言ってしまいます(汗)

斉彬は一橋慶喜や松平春嶽らと会ったこと
があるのに対し、久光は薩摩から一歩も
出たことがないと指摘しました。

久光の側近・中山尚之助(天野義久)が
吉之助を制し、久光は「わしは地ごろだと
言うか!」と怒りました。
地ごろとは田舎者という意味です。

西郷隆盛が島津久光を、地ごろだと言った
というエピソードがありますが、ドラマでは
久光が言ってことになってましたね。

吉之助が処分されなかったのが不思議です。
廊下で、吉之助と大久保が話してるのを
中山が聞いていました。

有馬新七の造士館

吉祥院で、吉之助の帰りを祝う宴が
大山格之助(北村有起哉)ら精忠組の
メンバーで開かれますが、
吉之助と大久保は黙ったままです。
吉之助が久光に暴言を吐いたからでした。

吉之助が久光の器の大きさについて言うと
有村俊斎改め、海江田武次(高橋光臣)も
納得します。

有馬新七(増田修一朗)が仲間たちと
やってきました。有馬は造士館の同志と
久光の上洛に呼応して、幕府を倒そうと
考えていたのです。尊皇攘夷派です。

有馬が一緒に来いと吉之助を誘うと
大久保が他藩の浪士とよからぬことを
企んでいると言い、有馬は怒ります。

吉之助は日本を強くしようとする気持ちは
みな同じ、今日本で血を流す時ではない
策を練る時だと訴えました。有馬たちは
考えが違うと出て行ってしまいます。

西郷吉之助、村田新八と京へ

鶴丸城で、島津久光は家臣たちを集め
3日後の16日、斉彬の月命日に
出陣すると宣言しました。

久光が「大島三右衛門!」と寄ってきて
「命に従わない場合は、島流しでは
済まない」と言うと
吉之助は「はっ」と頭を下げます。
大久保はホッと息をつきました。

久光は吉之助に、露払いとして先立ち
下関で待てと命じ、村田新八(堀井新太)
とともに下関へ向かいます。

吉之助が大島から戻ってからの
西郷家の人々との再会は
描かれませんでしたね。

下関の豪商・白石正一郎

吉之助と新八は下関の豪商・
白石正一郎(花王おさむ)と面会します。
白石によると、薩摩が兵を率いて上洛する
と聞いて、幕府を倒そうとする他藩の有志
が続々と集まってきてると話しました。

さらに白石は、吉之助の弟・信吾が
薩摩の兵を受け入れるため、30両を
借りていったと言います。

吉之助と新八は顔を見合わせて
驚きました。新八は信吾について
有馬のところに出入りしてることしか
知りません。

錦戸亮さん 内田有紀さん登場

錦戸亮さんの西郷信吾が登場します。
信吾は京・繁の家で
長州藩士の久坂玄瑞(ニ神光)
土佐藩士の(兼松若人)と
酒を飲んで話していました。

そこへ芸妓・おゆう(内田有紀)が
やってきます。おゆうからお酌され
信吾はうっとりしてましたね。

下関の白石邸の吉之助と新八は
福岡藩士の平野國臣(おおたけこういち)
豊後岡藩士の小河一敏(出口高司)に会い
諸藩の浪士300人が京に集まっていると
聞きます。

新八が久光の命に背くと止めますが、
吉之助は京に向かうことにしました。

西郷吉之助、京へ

西郷吉之助は京へ到着し鍵屋へ行きます。
吉之助が死んだと思っていた
虎(近藤春菜)は大喜びで
抱きついてきました。

鍵屋直助(西沢仁太)によると
有馬は長いこと鍵屋に来ていないが
繁の家にいると教えてくれます。

繁の家では、信吾がおゆうを見受けしたい
いくら払えばいいかと迫っていました(汗)
おゆうは無粋だと言いながら、偉大な兄
を持つ弟の心をわかってくれます。

そこへ吉之助がやってきて
「信吾!白石殿の金に手をつけおったな」
と胸ぐらをつかんで、責め立てました。
吉之助が「死んだ父上や母上が泣くぞ」
と言うと、信吾は「おいに指図すんな。
おいは脱藩するち決めた」と言います。

吉之助が有馬はどこにいるか聞くと
信吾は逃げ出し、新八が追いかけて
行きました。

吉之助が謝り、支払いをしようとすると
おゆうは吉之助の行動に感心し
有馬の居所を教えてくれます。

寺田屋で有馬と対面

寺田屋で、吉之助は有馬や造士館メンバー
と対面しました。信吾の顔も見えます。
吉之助が腹を割って話そうと諭すと
有馬はわかったと聞いてくれました。

久光が亡き斉彬のマネをしても日本は
変えられないと吉之助は話します。
有馬は京都所司代を斬り、幕府を倒し
尊皇攘夷を行うと言いました。

吉之助は、幕府を倒した後の
仕組みを考えねばならないので
命を自分に預けてくれ、嫌なら
ここで自分を斬って、その屍を
乗り越えていけと刀を差し出します。

有馬はそっと吉之助の刀を押し返し
わかったと言ってくれました。
吉之助が涙ながらに有馬を叩くと
有馬も涙ながらに吉之助を叩きます。
2人の友情が復活した
素敵なシーンでしたね。

西郷吉之助と西郷信吾

その夜、西郷吉之助と西郷信吾は
並んで、床につきました。

吉之助は「今日はすまんかった。
3年ぶりに会ったのに、ぶんなげて
すまんかった」と謝ります。

信吾は「痛かった」と言い
自分には、有馬たちのように
吉之助と甲突川でうなぎを獲ったり
相撲をした思い出がないと悲しみました。

吉之助が、自分がいない間よく家を
守ってくれたとお礼を言うと
信吾は、今日はじめて兄さまが
命がけで生きとることがわかった
と言います。

吉之助は自分が大島に3年行ってる間に
自分の名が10倍に大きくなっていて
世の中が変わったことに驚いたと言い
さみしい思いをさせてすまんかったと
謝りました。

背中を向けて横になった信吾は
涙を流します。2人の兄弟愛も
戻りましたね。

一方、下関の白石邸に到着した久光は
勝手に京へ向かった吉之助に激怒し
「切腹じゃ!」と怒ってました(汗)




西郷どん あらすじ感想ネタバレ
西郷どん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る