半分青い 56話 鈴愛、正人と初デートなのに笑顔なし

晴(松雪泰子)は、岐阜に帰る前に
一緒に行きたいと、裕子とボクテが
プレゼントしてくれたイタリア料理店の
食事券を出します。

晴が「仕事、忙しいんかね?」と聞くと
鈴愛(永野芽郁)は「あ、明日は」と
りんごを持った手が止まりました。

晴は「仕事か、仕方ない」と言います。
鈴愛は晴にウソをつきましたね。



鈴愛、晴にウソをつく

翌朝、鈴愛は青いカーテンに代わっている
のに気づき、光が当たるときれい、
海の中にいるみたいだと言います。

晴が作ってくれた味噌汁と焼鮭と卵焼きを
鈴愛はおいしそうに食べました。

晴は新幹線は何時でも座れるので
ぼちぼち帰ると話し、秋風たちにあいさつ
しなくていいか気にします。

鈴愛は今日は修羅場なので自分から伝えて
おくと言いますが、ティンカーベルは
お休みでした。鈴愛はウソをついたのです。

晴は、イタリア料理店には1人で
行ってみると言いました。

鈴愛、初デートなのに笑顔なし

鈴愛は正人(中村倫也)と初デートで
川沿いの遊歩道へ行きますが、
笑顔がありません。

正人は映画何を見ようかと
ゴーストバスターズ2、
バック・トゥ・ザ・フューチャー2
ダイ・ハード2はまだ先と言いますが
鈴愛は「2は、1よりつまらん」と
下を向いています。

鈴愛の持ったソフトクリームが
たれそうなので、正人はそれを取って
ぺろりとなめました。

鈴愛は「あげる」と言うと
正人は「鈴愛ちゃん、今日元気ないね?
お腹とか具合悪いの?」と心配します。

鈴愛は腕時計をチェックし
「正人くん、ごめんなさい」と謝り
晴が1人でイタリアンへ行ったことを
話しました。

鈴愛の頭の中では、晴がイタリアンで
1人で困惑してる様子が浮かんでます。

正人が「なんで言ってくれないの?
こっちの日にちはずらせたのに」と言うと
鈴愛は「引っ越しの準備で忙しいとこ、
日にち出してくれたの知ってたし。
何より、正人くんに会いたかった」
と話しました。

正人がどこのイタリア料理屋さんか聞くと
鈴愛は、青山だと答えます。
正人は「行こう」と鈴愛の手を持って
駆け出しました。

晴、律と一緒にイタリアン

晴は1人でなく、律と一緒で
ティラミスを堪能してましたね!

数時間前、晴が秋風ハウスで帰り支度を
してると、律(佐藤健)から電話があり
カーテンのことを聞いてきたのです。

そこで晴がイタリア料理店へ1人で行くと
話し、律がお供しましょうかと
言ったのでした。

キャビアとウニ、冷えたパスタに
サービースのワインも来ます。

豊川悦司さんのカメラ目線

そのお店は、イタリアンならここ!と
秋風(豊川悦司)が決めているお店で、
サービスも味も一流でした。

秋風はそのお店に電話し
「おいしいものを食べさせてあげて。
青天井で。超過分は今度払います」
と前もって頼んでいたのです。

風吹ジュンさんが「そんなことはどうでも
よくて」とナレーションで言うと
豊川悦司さんがカメラ目線で
「どうでもよくないでしょう。この私が
良い人なことはちゃんと伝えて頂かないと」
としっかりアピールします(笑)

鈴愛と正人、イタリア料理店へ

晴が「おいしかったね」と言うと
律は「ご相伴にあずかりまして」と
頭を下げました。

晴が「鈴愛が恋をしているらしくて」
と言うと、律は「ああ」と笑います。

晴は「聞いてる?あの子、律君になんでも
言うね。心配なんよ、おばさん。
律君気にしてやってくれる」と頼むと
律は「大丈夫です。フォローします」と答え
晴は安心しました。

正人と一緒に、鈴愛が来て
「母ちゃん?なんで律がおるん?」と驚き
鈴愛も「あんた仕事は?」と驚きます。

正人は「はじめまして、朝井正人です」
と丁寧に、晴にあいさつし
晴「え?ああ」と笑顔になりました。

表で、晴は「悪かったね、デートの途中で」
と正人に謝り、鈴愛はウソをついたことを
晴に謝りました。

晴は鈴愛を引き寄せ「本当に好きなんやね。
正人くんのこと」と言います。
正人は東京駅まで晴と送ると言って
律から晴のバッグを受け取りました。

律、フランソワじゃなく、鈴愛に

律は用事があるからと帰っていきますが
マンションに戻って、亀のフランソワに
エサをあげてました。

律は「フランソワ、成長しんなあ。いや
成長しきった大人」とつぶやきます。
フランソワじゃなく、鈴愛に話しかけて
いるようでしたね。

電話が鳴ったので出ると
鈴愛からで「お母ちゃん、無事帰った。
ありがとう。お母ちゃん1人で寂しく
イタリアン食べさせるとこやった。
これから正人くんとご飯食べようって
言ってるんだけど、律も来ない?」
と誘いました。

律が「いいよ」と断ると
鈴愛は「そっか、また」と切ります。

鈴愛と正人の初デート

夜のイルカ公園、鈴愛が「おいしかった」
と言うと、正人は「割といけるでしょ。
あそこの中華。律も来ればよかったのに」
と言いました。

鈴愛は「いじわるだね、なんでもない」
と言います。鈴愛の左に座った正人は
鈴愛の右側に座り直しました。

正人がいつも鈴愛の右側に来てくれて
いたことに鈴愛はうれしく思います。

鈴愛が「今日ありがと。お母さんも喜んだ」
と言うと、正人は「ああいうのはちゃんと
言おうね。こっちの都合はどうにでも
できるんだから」とやさしく叱りました。

正人が「家まで送るよ」と歩きだすと
鈴愛は正人のカーディガンの袖をつかみ
「この手が勝手に…。離れたくないって」
と言います。

正人が「鈴愛ちゃん」と呼びかけると
鈴愛は「正人くん、好きです」
と告白しましたね。




半分青い あらすじと感想
半分青い キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る