半分青い 54話 女は弱し、されど母は強し

晴(松雪泰子)は秋風ハウスのキッチンを
大掃除していました。

菱本(井川遥)は漫画の原稿を1コマごとに
切って、鈴愛(永野芽郁)裕子(清野菜名)
ポクテ(志尊淳)中野(河井克夫)
野方(猫田直)に振り分けます。

それぞれのコマが完成すると、それを集め
裏から貼り付け、そのページが完成する
のです。

菱本が次のページのペン入れを催促すると
秋風(豊川悦司)は「今やってる」
と苛立ちます。



お母ちゃんのハンバーグは世界一

鈴愛が秋風ハウスの部屋に戻ると、
晴がベッドに寄りかかり、寝ていました。

晴を起こしてから、鈴愛は晴が作ってくれた
唐揚げとハンバーグを頂きます。
鈴愛は「おいしい!お母ちゃんのハンバーグ
は世界一」と笑顔になりました。

晴が「お父ちゃんから荷物が届いている」と
ダンボールからスタンドを出します。
宇太郎(滝藤賢一)仙吉(中村雅俊)
草太(上村海成)の手作りです。

鈴愛が宇太郎に電話すると言うと
晴は「おらん。絶対に羽根伸ばしてる」
と見抜いてました(笑)

女は弱し、されど母は強し

宇太郎は五郎(高木渉)弥一(谷原章介)と
ともしびで飲んでいました。
宇太郎は「女って子供産むと、お母さんに
なるだろう。それで子供が育つと、
何になるんだろう?」と聞きます。

五郎が、女に戻って不倫されたら大変だと
言うと、弥一は別の生き物になるのかね
と言いました。

宇太郎は「女は楽しみを見つける天才だから
生きていくよね」と感心します。

弥一は「母親は永遠に母親なんかな?
女は弱し、されど母は強し」と言うと
宇太郎と五郎だけでなく、
まさこ(ふせえり)も納得したようです。

お母ちゃんには鈴愛が一番の美人さん

晴はベッド、鈴愛は布団に横になって
話します。カエルのワンピースを見て
晴が着たのかと聞くので、鈴愛は着たと
笑顔です。

鈴愛が正人(中村倫也)を思い出して
ニヤニヤしてるので、晴は彼氏ができた?
と聞きました。

鈴愛が「もうちょっとでかっこよかった
って人。マシュマロみたいな感じの人。
まだ半分片思いや」と言うと
晴は「半分片思いやったら
半分は両思いやね」と言います。

鈴愛は律(佐藤健)とつきあうと
思っていたと晴は言いました。

鈴愛は「律は違う」と言って、
律は顔がすごくかわいく、成績も良く、
バレンタインで両手いっぱいチョコをもらい
岩田屋に下取りしてもらったと話します。

鈴愛は「律と私じゃ、月とスッポンや。
律にはちゃんと好きな子がいる」と言うと
晴は「そうかね。ここの天井、龍も魚も
なんもおらんけど、寂しくないの?」
と聞きました。

鈴愛は「考えてみんかった。毎日漫画で
忙しい」と答えると
晴は「お母ちゃんには鈴愛が一番の
美人さんに見える」とほめてくれます。

鈴愛は「ミスユニバースか?そういうの
親ばかって言うんやよ」と笑うと
晴は「あんたに言われたら世話ないね」
と笑いました。

晴は「お父ちゃんのライト、かっこいいね」
とスタンドを見つめます。

京都の干菓子のお土産

宇太郎は楡野家に帰ってきて、
寝ている仙吉を起こさぬよう
仏壇に、まさこが買ってきてくれた
京都の干菓子のお土産をお供えしました。

部屋に戻った宇太郎は2つのワンピースが
置いてあるのを見て「晴さん、迷ったな。
これ着てこうかしら?東京やもんな」
とつぶやきます。

子守歌はもういらんかね

鈴愛が「お母ちゃん、東京はじめてや
ないんやよね?」と聞きますが、
返事がありません。晴は寝てました。

深夜、晴が目を覚まして、トイレへ行き
戻ってきて、鈴愛の布団をかけ直します。

晴が「大きくなって。子守歌は
もういらんかね」と涙があふれてきて
「あかん、寝よ」とベッドへ戻りました。

鈴愛は目を開けると、
涙がこぼれてきましたね。

来週は、鈴愛&正人、律&清(古畑星夏)
そして、鈴愛 VS.清といろいろ起こる
ようです。




半分青い あらすじと感想
半分青い キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る