西郷どん 19話 二階堂ふみさん熱演と近藤芳正さんの悪代官ぶり

安政6(1859)年、西郷吉之助は
菊池源吾という名を与えられ、奄美大島へ
送られてしまいます。
それから数ヶ月が過ぎていました。
完全に奄美大島のシーンだけで
風景が美しかったですね。

とぅま(二階堂ふみ)がカマを使っていて
抜けなくなると、吉之助(鈴木亮平)が
助けてあげます。

吉之助はとぅまに頼み、お米を炊いてもらい
子供たちに、にぎりめしを配りました。
タケ(山下心煌)たちは大喜びです!

こむるめ(蔵下穂波)が砂糖車を使って
ましたが、歯車が壊れてしまいました。

木製なので鉄製の車輪を手にれるため
代官所に頼んでみようと吉之助が
言います。

龍佐民(柄本明)は米をやるのも
代官に頼むのも断りました。
「夢を見せるのをやめてください。
菊池様はいずれこの島を去ります」
「西郷どん 19回 愛加那」です。



大久保正助からの手紙

龍家の離れで、とぅまは貝をつるしながら
ユタ(秋山菜津子)の「もうすぐお前の
夫がやってくる」という言葉を思い出して
いました。

とぅまが外へ出ていくと、吉之助が
木場伝内(谷田歩)から薩摩からの
手紙を受け取っているところでした。

とぅまは手紙を奪い「手紙を読んで
狂わないで、暴れないと約束して」
とお願いします。

吉之助は暴れないと約束して
大久保正助(瑛太)からの手紙を
読みました。

鉄の車輪のことはもう少し待って欲しいと
いうことと、1日も早く戻って来られるよう
働きかけているので、くれぐれも藩の心証を
悪くしないようにと書かれています。

とぅまは車輪のことを聞いて、大島の民は
薩摩の民でないと怒りました。
吉之助は大島の民も同じ民だが
薩摩藩はそれどころではない様子だと
説明します。

とぅまは「菊池様はいつか薩摩に帰る人。
私達は同じ夢を見られない」と寂しげです。

薩摩藩がどういう状況かまったく描かれない
のは「真田丸」方式ですね。少しは状況を
描いてくれた方がいいかもしれません(汗)

近藤芳正さんの悪代官ぶり

吉之助が子どもたちに読み書きを教えてる
のを、龍佐民や富堅(高橋努)は冷めた目で
見ていました。

奄美大島の代官・田中雄之介(近藤芳正)
たちが隣村の民たちを連行して行きます。
民たちの手首にカセがはめられていました。
近藤芳正さんが悪代官ぶりを発揮です!

民たちが砂糖を盗んだと田中は言いますが
とぅまは嘘に決まってる、見せしめだと
信じません。

吉之助が抗議しようとすると
佐民は我々と関わるのはやめてくれと
頼みます。

龍佐民と富堅が捕らえられる

吉之助が不在な時に、田中たち役人が
村へ踏み込んできました。
隣村の民が、佐民たちが砂糖を隠してると
自供したというのです。

田中は懐から砂糖が入った布を出し
壺にいったん入れてから、出して
「あったぞ!」と叫びました。
とぅまは役人が砂糖を持ってきてるのを
見抜いてましたね。

離れにいる吉之助のところへ
木場が知らせに来ます。
木場は、吉之助が菊池ではなく
西郷吉之助であることを知っていました。
正助から1日も早く薩摩に戻れるよう
託されていたのです。

龍佐民と富堅は牢に捕らえられて
砂糖を隠していたと自供するよう
田中たちから痛めつけられます。

しかし佐民はやっていないと
言いはりました。
田中は薩摩へ納める砂糖が少ないのを
佐民たちのせいにしたいのです。



とぅま、代官所へ押しかける

とぅまが村人たちを率いて、代官所へ
押しかけたとタケが知らせに来て、
吉之助は走り出しました。

吉之助はとぅまに追いついて
代官所へ訴えるのは重罪なので
おいが薩摩の役人へ訴えると止めますが
とぅまは「信じない!シマンチュの
心はわからない」と聞きません。

木場が吉之助を制している間に
とぅまは田中と対峙します。
田中は「女!お前が企てたのか!
佐民に会わせてやる。ついてこい」と
とぅまを洞窟へ導きます。

吉之助、佐民と富樫を助け出す

洞窟の奥の牢の中で、佐民と富樫が
倒れていました。

田中は「殺すのはおしい。わしのアンゴに
ならんか?」と誘ってきますが
とぅまは「アンゴになるくらいなら死ぬ」
とカンザシを抜いて、自分に向けます。

とぅまが目を閉じ、まさに刺そうとした時
吉之助が「やめんか」と止めました。
そして吉之助が、こんなことをやめて
島の民のことを考えてと頼むと
田中はわしに歯向かうのは薩摩藩に歯向かう
ことだと言います。

吉之助は薩摩の名を貶めるなと怒り、
今一度考え直せと凄みました。

吉之助に圧倒された田中は倒れ込み
吉之助は牢の鍵を破壊し、
佐民と富樫は助け出されます。
吉之助はカンザシをとぅまに渡し
去っていきました。

「西郷吉之助は生きておったか」

代官所へ戻った田中は「許さん!」と言って
文机に向かいます。そこへ木場が来て、
上申書を出すのはやめた方がいいと話し、
大久保正助からの手紙を渡しました。

田中は「まさかあん男が西郷!
西郷吉之助は生きておったか」と
ガクブルしはじめます。

龍家、佐民は石千代金(木内みどり)から
富堅は里千代金(里アンナ)から手当を
受けていました。

とぅまがカンザシを手に浅瀬の海を
眺めていると、ユタが来ます。
とぅまが「私の夫はあのヤマトンチュウ?」
と聞くと、ユタは「お前はもう見えている
んだろう」と答えました。

とぅまが「あの人に寄り添っているのが
見える」と言うと、ユタは「その先に
何が見える?」と聞きます。

とぅまが「私1人がここにいます。
あの人はいない。あの人を待っています」
と言うので、
ユタは「お前はそれでいいの?」
と聞くと、とぅまは微笑みましたね。

吉之助、とぅまにプロポーズ

月明かりの元で、吉之助が本を読んでると
とぅまがやってきて「すみません。
頼み事が。私をアンゴにして下さい」
と頼んできます。

吉之助が「アンゴ、そいはできん」と
断ると、とぅまは「私、あなたが好きだ」
と着物を脱いで、裸になりました。

とぅまが「私を見て。私をアンゴにして
下さい」と頼むと、吉之助は後ろに回って
とぅまに着物をはおらせます。

吉之助は「1年前おいは死ぬことばかり
考えていた。この島に来てやっと生きよう
と思った。おまんに出会ったからだ。
そげな女をアンゴなどにできん。
とぅまどん、おいの妻になってくぇもんせ」
とプロポーズしました。

とぅまが顔をくしゃくしゃにして
しがみついてきたので
吉之助はとぅまを抱きしめましたね。

とぅまから愛加那へ

吉之助ととぅまの婚儀が行われ
村人たちが祝福してくれました。

お酒をすすめられて吉之助は少ししか
飲めませんが、とぅまは自分の分だけでなく
吉之助の分も飲み干してしまいます(笑)

夜になって、吉之助はとぅまと2人きりで
話しました。とぅまは名前をつけてと
頼んできます。島の女は嫁に行くと名前が
変わるというのでした。
名前+加那という付け方です。

吉之助は、愛をつけて、愛加那と言うと
とぅまは大喜びしました。
さらに、とぅまはもう1つお願いがあると
言い、名前を教えてと頼みます。

吉之助が「おいの名前は西郷吉之助じゃ。
じゃっどん、その名は捨てて、
菊池として生きていく」と言うと
とぅまは「ありがとう、私の旦那様」と
2人は抱き合いましたね。




西郷どん あらすじ感想ネタバレ
西郷どん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る