半分青い 25話 秋風羽織の漫画教室?鈴愛の漫画家宣言!

秋風羽織(豊川悦司)のトークショーが
名古屋で開催され、鈴愛(永野芽郁)は
律(佐藤健)と一緒に見に行きました。

トークショーが終わり、ロビーから
出てきた秋風に、鈴愛は五平餅の
差し入れをします。

控室に戻った秋風は五平餅を食べて
「うっま!真実の食べ物だ」と感動し
菱本若菜(井川遥)小杉(大野泰広)に
鈴愛を呼んでこさせます。


秋風「五平餅は真実の食べ物」

鈴愛だけでなく、律も控室に行きます。

秋風が「おいしかったです」と言うと
鈴愛は「五平餅っていうんです。
炊きたてのごはんを熱いうちにつぶして
櫛に握ってつけて、タレをつけてから
炭火で焼く」と説明しました。

秋風は「これが五平餅!聞いたことが
あった」と言うので、家で作ってると
鈴愛が話すと、秋風は感心します。

クルミをつぶして入れていると言うと
秋風は「いい仕事してる」と言いました。
鈴愛は「写真撮ってもらっても
いいですか?」と平成風の言葉で頼み
秋風、鈴愛、律の3ショット写真を
撮ってもらいます。

小杉は「はい、五平餅!」と言いました。
カメラは「写ルンです」でしょうか?

鈴愛、秋風に漫画を見てもらう

秋風が「五平餅ありがとう。これは
紛れもなく真実の五平餅」と送り出し
鈴愛は帰ろうとしますが、振り返り
「先生、私、漫画を描いてるんです。
今日持ってきてるんです」と出します。

秋風は鈴愛の漫画を見てくれますが
「1つ質問していいですか?このギザギザは
スケッチブックを破った?」と聞きました。
鈴愛はスケッチブックを開いていたが
当たって邪魔なのでと答えます。

秋風「ベタは何で?」
鈴愛「それは筆ペンで」
秋風「そこだけは奇跡的に合ってる。
漫画はインクで描くんだ。Gペンとか
丸ペンとかケント紙とか知らない?」
鈴愛は知らなかったようです。

秋風羽織の漫画教室

秋風が「この人、バカなの?
スクリーントーンを手で描いてる。
透明なシートに模様がついてて、売ってて
カッターで切り抜いて貼るの」と呆れます。

律は「うち田舎でして。近所にスクリーン
トーン売ってる所がなく。本人が手で描く
と思ってるなら、それでいいかと
ほっておきました」と答えました。

秋風は「君は少し賢い。タジオ」と言い
菱本が「映画『ベニスに死す』に出てくる
美少年です。美しい少年はすべて彼は
タジオと呼びます」と解説してくれます。

秋風は「あともう1つ聞きたいのは
漫画はネームって言って、まずストーリー
考えて、シナリオみたいなの描いて、
コマ割りして、あたりつけて
鉛筆で下書きして、その後、本番なんです」
と話しました。

廉子(風吹ジュン)ポクテ(志尊淳)が
①ネーム、②下描き、③ペン入れ、④完成
の手順を解説してくれます。
秋風羽織の漫画教室でしたね。

秋風「私の弟子になりませんか」

鈴愛は「知りませんでした。いきなり
描くと思っとった」とびっくりしました。
秋風が「天才?」と皮肉りますが
鈴愛は「え?」と喜びます(汗)

律が「秋風先生、大丈夫ですか?こいつが
規格外すぎて、やられてません?本当に
天才かどうかは、この漫画が面白いか
どうかだと」と心配しました。

秋風は「タジオ、君はやっぱり賢い」
と言うと、鈴愛は「東大行きます。
京大に格下げしたとこです」と言います。
秋風は「それは素晴らしい。私は
美大中退だからな」と言いました。

秋風は鈴愛の名前を確認し
「楡野鈴愛さん、私の弟子になりませんか」
と誘ってきます。
鈴愛は「なります」と即決し
律も驚きました。

「プロジェクトは説得の順番が鍵や」

2人は喫茶ともしびに戻ってきます。
律は「なぜ名古屋まで出て、結局ここで
お好み焼き、食べるんだ」と呆れると
鈴愛は「作戦を立てるのだ。
ソウタ→センキチ→ウタロウ→ハル」と
言います。

漫画家になることを、誰から相談したら
いいか、順番の作戦会議です。
鈴愛がセンキチからと言い出し
律が大丈夫かと心配すると
鈴愛は、年だから若干ボケ気味だ、
冷静な判断ができないと失礼です(汗)

鈴愛は「このプロジェクトは
説得の順番が鍵や」と言うと
律は「最大の難関は、晴おばちゃんだな。
晴おばちゃんが錯乱するのは間違いない。
お前ももう一回ちゃんと考えたほうが良い」
とアドバイスします。

鈴愛は、先生の漫画が出来上がるところを
夢の世界が作られるところを見られる
私は先生の漫画で世界を知った。絶対行く。
東京に行く。農協で野菜は売らん!
そして私は自分の世界を描くんだ!
私は漫画家になる!と本気です。

まさこ(ふせえり)はカウンターで驚き
律は、和子を使う手もあると
助言してくれます。

鈴愛、晴に「漫画家になる」と宣言

オフィス・ティンカーベル、
菱本が「どういうおつもりなんですか?
岐阜へ行って。猿一匹拾ってくるなんて。
まさか五平餅目当て?」と聞きました。

秋風は「まあ見てなさい。
面白いことになりますよ」と答えます。

それから一週間経っても、
鈴愛は誰にも相談できずにいました。
菜生(奈緒)にもでしょうか?
鈴愛のポケットには、秋風の名刺が
お守りのように入っています。

楡野家、幸子(池谷のぶえ)が出来上がった
入社式のスーツを持ってきてくれ、
晴(松雪泰子)はうれしそうです。

鈴愛はスーツに着替えると
晴も幸子も笑顔でしたが
鈴愛本人は浮かない顔でした。

鈴愛は突然「お母ちゃん、私、農協には
勤めん。明日にでも内定取り消してもらう。
鈴愛は東京に行く。そいで漫画家になる」
と宣言します。

晴は「はっ!」とみるみる怖い顔に
なりました。明日は晴 VS.鈴愛
でしょうか?ちょっと怖いですね。




半分青い あらすじと感想
半分青い キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る