西郷どん 16話 安政の大獄 松田翔太さんご結婚!

島津斉彬(渡辺謙)が兵を挙げ
京へ向かうことになります。
その準備のため、西郷吉之助(鈴木亮平)
は先に京で来ていました。

薩摩藩定宿・鍵屋で、吉之助は
有村俊斎(高橋光臣)たちと
前祝いをはじめます。

月照(尾上菊之助)がそこへ訪ねてきて、
近衛忠煕(国広富之)に薩摩から届いた
書状を見せてくれました。

吉之助や俊斎は、斉彬の死を知り
愕然とします!
斉彬は鶴丸城の練兵場で、兵たちを
調練していましたが、突然に
高熱で倒れてしまったのです。

斉彬から「今からお前はわしになれ」という
言葉を思い出し、吉之助は雨の中、
叫び声をあげ、悲しみます。
「西郷どん 16回 斉彬の遺言」です。



水戸に兵を出してもらう

近衛家に、近衛忠煕、月照、吉之助、
俊斎、橋本左内(風間俊介)が集まります。
近衛や左内が毒を盛られたのかと疑い
俊斎は弔い合戦じゃと言い出しました。

吉之助は「そげんこつ、どげんでもよか。
まだ御公儀に負けた訳じやなか。
こうなったら水戸に兵を出してもらいもす。

改めて天子様に詔を出して頂きたい。
殿の訃報を聞いて、相手が油断してる
今こそ好機でございもす」と
切り替えていました。

吉之助は江戸の水戸藩へ向かい、
左内は京にいる同志を集めることにします。

松田翔太さん、ご結婚おめでとうございます

一橋慶喜(松田翔太)は江戸城へ乗り込み
大老・井伊直弼(佐野史郎)に怒りを
ぶつけました。

松田翔太さんが秋元梢さんとの結婚を
発表されましたね。おめでとうございます!

慶喜は、天子様の許しなく、アメリカと
条約を結んだことが許せないので
京の天子様に謝りに行けと言いました。
井伊直弼は何度も「恐れ入奉ります」と頭を
下げますが、まったく聞いてません(汗)

徳川斉昭(伊武雅刀)松平慶永(津田寛治)
も江戸城へやって来ますが、夕方まで
待たされて、やっと直弼が登場します。

斉彬もアメリカと条約を結んだことを
責めてきますが、井伊直弼は同じように
何度も「恐れ入奉ります」と頭を
下げますが、これまた聞いてません(汗)

吉之助、水戸藩から門前払いを食らう

一橋慶喜は、ヒー様に変身し磯田屋へ行き
女たちに絵を描いてましたが、
ふき(高梨臨)のところへ来ると
「こうして、およしの顔を見るのも
最後かもしれん、俺と一緒に
逃げてくれるか」と誘ってきます。

そこへ吉之助がやって来ました。
水戸藩から門前払いを食ったので
慶喜に助けて欲しいとお願いします。

慶喜は、自分が行ったところで同じこと、
水戸は今それどころではない、直弼を
諌めようと登城した斉昭が蟄居させられた。
自分にも近々お沙汰が下ると言いました。

吉之助は、立ち上がってと頼みますが
慶喜はもう2度と会うことはないだろうと
去っていってしまいます。

廊下を歩く慶喜に、ふきは近づいて
「さあ一緒に行きましょう。私たち
一緒に逃げるんでしょ」と誘いました。

慶喜は「ちょっと待ってくれ。
俺は地獄へ行く。俺が生きていたら
きっと迎えに行く。それまで
待っていて」と頼みます。

ふきは「それまでヒー様を
待っています」と涙目で
慶喜を見送りましたね。

一橋慶喜は隠居謹慎を命じられ
3年も邸内で蟄居することになります。


吉之助、月照に励まされる

井伊直弼は、長野主膳(神保悟志)から
アドバイスを受けて
天子様をたぶらかした者を
召し捕ることにしました。

月照が鍵屋に吉之助を訪ねてきます。
月照は「西郷さん、薩摩守様がみまかられて
涙1つ見せませんな。薩摩へ帰って
死ぬおつもりでっしゃろ」
と見抜いていました。

吉之助は、斉彬がいないなら
自分は意味のない人間だと言います。

月照は「薩摩守様のご遺志はどなたが
継ぐのですか?あんたさんには
薩摩守様のご遺志がいっぱいつまっている。
今死んだら、消えてしまう。
生きて、あんたが薩摩守様になりなされ」
と励ましました。

安政の大獄、始まる

安政の大獄が始まり、幕府に歯向かう者へ
激しい取締が行われます。

月照が自ら名乗り出ようとするのを
近衛や左内が止めました。
吉之助はともに薩摩へ行ってと頼むと
近衛も賛成し、月照は命を預けると
言ってくれます。

鍵屋へ移動した月照は、山伏に変装し
虎(近藤春菜)からがに股歩きを習いますが
かえって目立ちそうです(汗)

左内は船の手配をしてくれて
薬をプレゼントしてくれました。
そして、日本国の医者になって
もっと多くの人を救いたいと話します。

吉之助、俊斎、月照が船に乗って
京から大坂へ向かうのを
左内は見送りました。

その帰り道、長野主膳たちに
左内は捕らえられてしまいました。

吉之助と亡くなった斉彬

吉之助、俊斎、月照は山道を歩き
宿場町の近くまで来ますが
俊斎が手配書を持ってきます。
吉之助と月照の似顔絵入りの手配書が
もう回っていたのでした。

荒れ寺に3人は泊まることにします。
吉之助は外へ出て、斉彬や月照や
慶喜の言葉を思い出しました。

やがて吉之助は「殿のもとに
参りとうございます」と鞘を抜いて
刃を見つめます。

すると背後から「何をしておる」と
声が聞こえました。吉之助が振り返ると
マントを着た斉彬がいます!

斉彬は「お前は一体、何を学んできた。
答えてみよ、西郷」とたずねてきました。

吉之助が「殿!」と斉彬の胸に飛び込んで
いくと、そこには誰もいません。
吉之助は「分かいもした。生きて、
殿の思いを果たそうち思います。
ありがとう、ございました」と誓います。

月照がその様子を見ていましたね。
亡くなった斉彬が、吉之助を励ましに
来てくれたようです。




西郷どん あらすじ感想ネタバレ
西郷どん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る