半分青い 20話 秋風羽織「いつもポケットにショパン」

瞳(佐藤江梨子)が申し訳なさそうに
ぎふサンバランド建設計画中止のお知らせ
を差し出してきます。

資金繰りがつかなくなってしまった
というのです。1989年、バブル崩壊の
影が忍び寄っていました。

上司も同僚も帰ってしまったのに
ふくろう商店街を回っているとわかり
仙吉(中村雅俊)は五平餅を食べて
いきなさいとやさしいです。

晴(松雪泰子)はトオル(鈴木伸之)の
ことを考えてましたね。


鈴愛、小林にフラれる

鈴愛(永野芽郁)はバス停で待ってましたが
小林(森優作)は現れません。
新聞部のこばやんは通学路を
変えていました。
鈴愛は小林にふられたようです。

山田先生(尾関伸次)の英語の授業中、
鈴愛は先生に気づかれぬよう、
菜生(奈緒)にメモを回しました。

先生が英語に夢中なので
ばれないと思ったら、見つかって
メモを取り上げられてしまいます。

山田先生は「やっぱりもう、こばやんは
ないんだと思う。ス。
やっぱ拷問がいけなかったかな。ナ。

私は前を向いて歩く。今年の夏は
金華山でも登る? ス」と読み上げ
鈴愛と菜生の頭を教科書で叩きます。

当時はスマホも、Lineもなかったので
メモを回していたのですね。

律、受験勉強に集中

律(佐藤健)は浮かない様子で
東大模試の成績表を見ていました。
E判定とD判定が並んでいます。

鈴愛が笛を鳴らす音をかみしめてから
律が窓を開けると、鈴愛がいて
フランソワに干しエビ持ってきたと
笑顔でした。

律は受験勉強でみんなで遊べなくなる
ブッチャーと菜生は察してくれてる
と話します。

龍之介(矢本悠馬)も受験で
菜生は名古屋の服飾専門学校へ
進学予定でした。

鈴愛が就職すると言うと
律は「お前もやればできると思う」
と励ましてくれます。

鈴愛は「それは世界中のお母さんが信じて
いる神話だ。うちの子はやればできる。
夏、また4人で、金華山のロープウエー
と思っとったのに」と残念そうです。

律は弥一が撮った4人の体育祭の時の
写真をくれました。モノクロです。

秋風羽織「いつもポケットにショパン」

鈴愛が帰ろうとすると
律が渡し忘れたと言って
秋風羽織の「いつもポケットにショパン」
という少女漫画を貸してくれました。

鈴愛が家で読んでると
草太(上村海成)は知ってました。

晴が「新聞部のこばやんに借りたの?」
と聞くと、宇太郎(滝藤賢一)たちが
こわばります。

鈴愛が「部屋行って読む」と去ってから
宇太郎は「晴さん、いつの話しとる?
あれはもうフラれとる」
と教えてくれました(汗)

線香花火の玉が落ちる

鈴愛が「いつもポケットにショパン」を
返しに行くと、律は新しい漫画を
貸してくれました。

律は、秋風羽織をいっぺんには貸さず、
ひとタイトルずつ貸してくれたのです。

貸して返してを続ける限り、ほんの5分でも
私と律が会えるから?なんて事を考える
ようになったのは秋風羽織の漫画に
影響されていると鈴愛は思います。

楡野家の庭で花火をやりました。
鈴愛と菜生は浴衣を着ています。
やがて線香花火の玉が落ちました。

鈴愛、面接へ

新学期が始まります。

鈴愛は階段の途中から見える
四角い窓から見える青空が好きでした。

「菜生と駆け下りる階段の途中の
踊り場の青空。四角い青空。
これが、私の青春だ」

鈴愛は面接へ挑みました。
緊張しながら面接室へ入りますが
でっぱりにつまずいてしまいます。

鈴愛は面接官に愛想笑いを
見せてましたね。



半分青い あらすじと感想
半分青い キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る