西郷どん 15話 島津斉彬と徳川家定の死

一橋慶喜(松田翔太)は命を狙われ
西郷吉之助(鈴木亮平)橋本左内
とともに彦根藩邸に行きました。

井伊直弼(佐野史郎)が現れると
慶喜は「自分が将軍になる!」と
宣言します。

吉之助と橋本左内(風間俊介)は
京・近衛家を訪ねました。
近衛忠煕(国広富之)は天子様から
幕府に詔が下されると笑顔です。

月照(尾上菊之助)が詔を見ると
「英傑年長人望」とは書かれているが
一橋慶喜とは書いていません。
しかし年長ならば、徳川慶福でなく
一橋慶喜ということで落ちつきます。

島津斉彬(渡辺謙)は鶴丸城の練兵場で
兵士たちを鍛えていました。
吉之助と左内が笑顔で走ってましたが
ガラスが割れたような画面になります。

今回は、島津斉彬と徳川家定が
亡くなっってしまいました。
吉之助を支えてきた斉彬が去ることになり
ドラマは大きなポイントを迎えます。
「西郷どん 15回 殿の死」です。


徳川家定、苦しみだす

江戸城で、徳川家定(又吉直樹)
篤姫(北川景子)は穏やかな日を
送っていました。

縁に座った家定が、柿の実を
描いているのを、篤姫が見守っています。
春なので、柿の実がなっていませんが
家定は甘い実がなっているのが見える
秋になったら御台と柿を食べると
話しました。

篤姫が幾島(南野陽子)に
薩摩からたる柿を取り寄せようと
言ってると、家定が苦しみだします。
持病のかっけが悪化したのです。

井伊直弼、大老となる

井伊直弼が見舞いにやってくると
家定は紙と筆をと命じました。
直弼は近習を下がらせ、
家定と2人きりになります。

直弼は小声で、次の将軍には
慶福様をと言いました。
しかし家定は柿の実を描いて
これを御台に食べさせてくれ
「頼む!」と大声で言います。

直弼はお心安んじくださいませ
と答えました。
やがて井伊直弼は突如、大老となり
次期将軍は徳川慶福だと発表します。

次期将軍は徳川慶福

近衛忠煕と月照が詔を確認すると
「年長」の部分が削除されています。
左内は万事休すと驚き
吉之助は急ぎ薩摩に戻ることにしました。

井伊大老が大奥へ来て
次期将軍は徳川慶福だと伝えます。
篤姫はそんなはずはない!
遺書を持ってまいれと命じました。

歌橋(猫背椿)が少年を連れてきます。
徳川慶福(荒木飛羽)です。
慶福が丁寧にあいさつすると
本寿院(泉ピン子)は
近くへ来るよう笑顔になります。

吉之助、庭方の役目を解かれる

鶴丸城の斉彬は書状を読んで
愕然としました。

吉之助は飛脚を追い抜き
大急ぎで鶴丸城へ到着します。
髭面の吉之助が「次の公方様に…」と言うと
斉彬は「情けない格好じゃの。
ご苦労であった。もうよい」と
次期将軍は徳川慶福と知っていたようです。

斉彬は馬に乗って、村々を見て回りました。
吉之助がその後を追っていきます。
やがて斉彬は桜島が見える岬で
馬を降りました。

吉之助は幼い小吉(渡邉蒼)の頃
斉彬から「やっせんぼ、死んではならん」
と言われたことを思い出します。

斉彬は「井伊は集成館に目をつけ
工場を廃止しようとしておる。
夢は砕けだ。

農業こそがこの国を支える礎で、
異国に負けぬ強い国を作ることを
わしはある者に教えられた。
西郷、今日限りで庭方の役目を解く」
と馬に乗って去っていきます。

吉之助、西郷家へ戻る

吉之助は呆然としながら西郷家へ
戻ってきて「いまじゃった」と言いました。

琴(桜庭ななみ)鷹(原舞歌)
吉二郎(渡部豪太)きみ(水野久美)らが
何かあったのか聞くと
吉之助は殿から役目を解かれた
申し訳ないと土下座します。
大久保正助(瑛太)満寿(美村里江)も
見ていましたね。

夜、月明かりの縁の下で、斉彬の短刀を
見てると正助がやってきます。
吉之助は、江戸を走り回ったが
殿のお役に立てなかった
万策尽きたと悔し泣きしました。

正助は「やっせんぼ。たとえ1つや2つの
策が破れたち、吉之助さあは諦めなんだ。
それがおいの知ってる西郷吉之助という
男じゃ」と励ましてくれます。

翌朝、ひげを剃ってすっきりした吉之助は
鷹や信吾(田港璃空)たちが笑顔で
食事してるのを見ました。
吉之助は吉二郎たちと相撲を取ったり
示現流の稽古をしたりします。


徳川家定、亡くなる

江戸の井伊大老は幕府を意のままに
操り始めました。

大奥の篤姫に、柿の実の絵が届けられ
侍女が「上様のお形見にございます」と
報告します。

篤姫は「上様」と涙声を出しました。
徳川家定が亡くなって、ひと月後に
篤姫に伝えられたのです。

吉之助、斉彬に、京への挙兵を進言

西郷吉之助は鶴丸城へ押しかけます。
山田(徳井優)関(森岡豊)らに
止められますが、吉之助が「西郷で
ございます」と大声で叫ぶと
斉彬が廊下に出てきてくれました。

吉之助は「殿、兵を挙げてたもんせ。
このままでは異国に踏み込まれてしまう。
戦いをするためではございもはん。
向かうは江戸ではなく、京。

馬揃えし、殿のお姿をもって
決意を示すのでございます。
鍛え上げられた薩摩の兵は日本一。
戦わず、この国の政を改められます」
と進言します。

斉彬は「ハハハ!西郷、よう言うた。
まさか、あのやっせんぼに言われて
腹が決まるとは!すぐに京へ戻れ。
支度が整い次第、京へ行く。京で会おう。
西郷!今からお前はわしになれ」
と笑いました。

吉之助は「はっ」と答え、
鶴丸城を後にします。

島津斉彬、この世を去る

吉之助は正助や大山格之助(北村有起哉)
村田新八(堀井新太)
有馬新七(増田修一朗)に決意を話し
京へ向かいました。

京へ着いた吉之助は薩摩藩定宿・
鍵屋へ行きます。鍵屋直助(西沢仁太)は
女中・虎(近藤春菜)に
西郷さまは常連なので
言葉遣いに気をつけるよう注意してました。

吉之助が2階の部屋へ行って
月照と左内と会っていると
有村俊斎(高橋光臣)が来ます。
江戸にいた俊斎は、挙兵の知らせを聞いて
京へ来てしまったのでした。

鶴丸城の練兵場で、島津斉彬は
兵たちを調練していましたが
突然に倒れてしまいます。
安政5(1858)年7月16日
島津斉彬はこの世を去りました。
吉之助がどう斉彬の死を乗り越えていくのか
次回も気になりますね。




西郷どん あらすじ感想ネタバレ
西郷どん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る