半分青い 18話 明治村で鈴愛は小林と初デート

鈴愛(永野芽郁)がバス停で待ってると
小林(森優作)が声をかけてきました。
鈴愛はバスに乗らずに
小林はそのまま待ってました。

鈴愛は遅刻して
山田先生から叱られます。
山田先生役の尾関伸次さんは
岐阜ことば指導の方なんですね。

鈴愛は山田先生から叱られながら
ニヤニヤしています。

小林は「偶然じゃないんです。
また会えるかもしれないって。
本当は、何度も見てて。

3回くらい声かけようとして、
でも勇気なくて、やっと勇気出しました」
と話しました。

小林は自転車の乗って下さいと言いますが
鈴愛は西高は方向が違うからと断ります。
小林は、学帽をかぶるのは
創立記念日だと話しました。

山田先生から叱られますが
鈴愛は小林のことで
ニヤニヤしたままです(笑)


律、不機嫌になる

帰り道、律(佐藤健)が自転車をこいでると
鈴愛が声をかけてきました。

鈴愛は、こんなかわいい人見た事がない
と言われたとごきげんです。

律は生まれた時はサルのくせにと
不機嫌でした。

山は動くかもしれん

菜生(奈緒)は龍之介(矢本悠馬)に
鈴愛と律は同じ7月7日に生まれた
運命の人なので、あえて2人にすれば
山は動くかもしれんと言いました。

龍之介が、ともしびに行きたかったと言うと
菜生は、菓子パン買ってあげたと
言い返します。

菜生が、2人にして泳がせたら
どうにかなるかもと言うと
龍之介は「菜生ちゃん、機微あるな」
とほめました。

菜生が「キビ?キビダンゴ?」と言うと
龍之介は「心の機微だよ」とあきれます。

律、鈴愛にアドバイス

喫茶ともしびで、鈴愛は律に
小林と明治村でデートすることになったと
話していました。

明治村はデートの聖地で
入鹿池のボートに乗ると
別れる言い伝えがあると話します。

鈴愛が、どうしたらモテるか聞くと
律は小声で「この先は、修行が必要」
と話しました。

律のアドバイスで
鈴愛は「本当ですか?信じられない!」と
ぶりっ子の演技をします。
律は「方向間違っとるか?
ねるとんの見過ぎか?」と言いました。

律は「とにかく、あんましゃべるな。
いや、かわいく相づちを打つ。
女の子は面白くなくていいんだ。
かわいく、おとなしい方がいい」など
いろいろアドバイスします。

最後に律は「とにかく機関銃のように
しゃべってはあかん。ライライケンの
ラーメンの替え玉もあかん」と言います。

まさこ(ふせえり)がカウンターから
心配そうに見てましたね。

姉ちゃんの口は羽より軽い

鈴愛は晴(松雪泰子)に
デートに着ていく洋服を
選んでもらっていました。

宇太郎(滝藤賢一)がファッションショー
かと聞くと
鈴愛のデートと言うので
宇太郎は「おじいちゃん」と慌てます。

仙吉(中村雅俊)は驚きますが
草太(上村海成)は「それ西高新聞部。
姉ちゃんが、バス亭でカセットテープを
拾ってあげたのがきっかけ」と
知ってました。

仙吉が、あっけにとられると
草太は「姉ちゃんの口は羽より軽い」
と言います。

仙吉が若い頃はモテたと笑うと
廉子(風吹ジュン)も「私だって
若い頃はって、もう他界している身で、
若い頃も何もないもんですが。
命短し、恋せよ、おとめ」
とナレーションしました(笑)

サンバルック、300着、138万円!

晴が鈴愛をデートに送り出すと、
幸子(池谷のぶえ)が入れ替わりに
大慌てでやって来ます。

幸子は箱を開けると「山田ユニフォーム
から届いたぎふサンバランド、誰でも踊れる
サンバルック、300着」と見せました。
4600円×300着で、138万円もするのです!

五郎(高木渉)が勝手に注文した!
女狐の瞳(佐藤江梨子)に
そそのかされたと幸子は怒ります!

律、元気がない

萩尾家の律が元気ないので
和子(原田知世)が心配しました。

律はピアノで「ふるさと」を弾いてましたが
やがて鍵盤を枕に、横になります。
鈴愛のデートがショックだったんですね。

明治村で鈴愛が待っていると
小林が「楡野さん!楡野鈴愛さん」
と声をかけてきます。

鈴愛はキョロキョロしてましたが
小林を見つけ、笑顔になりました。

鈴愛のバッグには、大きなつけ耳が
入ってましたけど、大丈夫でしょうか?



半分青い あらすじと感想
半分青い キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る