半分青い 14話 ワンレンボディコンのサトエリ佐藤江梨子さん

ワンレンボディコンのサトエリが登場!
佐藤江梨子さん、官能的なバブルな
格好で出てきましたね。

鈴愛(永野芽郁)律(佐藤健)は
律の部屋で話します。

鈴愛が、左耳は聞こえないのに
何のためについてるか聞くと
律はかわいいからと答えました。

鈴愛は、かわいいからなんて
しゃれたことを律が言うわけない、
誰かの受け売りだろうと迫ります。

律はブッチャーだと答え
ブッチャーは鈴愛に気があるのでは
と言い出しました。

鈴愛は「律はブッチャーと親友じゃない
のか?好きな子も打ち明けられてないの」
と聞き、律は親友じゃないのかと
ちょっと自信を失います。


晴とトオル

つくし食堂で、神崎トオル(鈴木伸之)
から「ご主人は?」と聞かれ
晴(松雪泰子)は「あの、おります。
子どももいます」と左薬指の指輪を
隠しながら答えました。

トオルが「いえ、ご主人は在宅で?」
と聞くので、
晴は勘違いがわかったようです(汗)

律と鈴愛が同じ高校の訳

律は岐阜県立朝露高校のバスケット部の
エースでした。小さい頃のぜんそくは
すっかり治ったのです。

風吹ジュンさんのナレーションで
神童だった律が、野生の猿の鈴愛と
同じ高校に通ってる訳が説明されました。

律は中学でも神童で、東海地方一の
私立男子校・海藤高校をめざします。
ところが受験当日、高校まで20分の所で
車にはねられた犬に遭遇しました。

律は助けを求めますが、誰も立ち止まらず
助けてしまって、飼い主にも再会したの
ですが、受験できなかったのです。

律は家に閉じこもり「ふるわと」の代わりに
シュパンの「葬送行進曲」が奏でられ
ました。

やっと律が外に出てきたその笑顔は
まるで悟りを開いたような笑顔だと
鈴愛は思ったのです。

龍之介はバトミントン部、菜生は弓道部と美術部

ブッチャー・龍之介(矢本悠馬)は
バトミントン部に入り
マナちゃんを追いかけますが
失恋してしまいます。

菜生(奈緒)は衣装に憧れ
弓道部に入部しました。
しかしうまく矢が飛ばず
鈴愛の美術部と兼部です。

鈴愛が空飛ぶくじらを描いてると
菜生がやってきましたね。

ワンレンボディコンのサトエリ

弥一(谷原章介)は律、鈴愛、ブッチャー、
菜生の4人の写真を現像して、
和子(原田知世)に見せます。
弥一は卒業アルバムを20年
担当していました。

萩尾写真館に、小倉瞳(佐藤江梨子)が
やってきます。ワンレンボディコンの
官能的なサトエリです!

青山セントラルリゾート開発、企画営業部
小倉瞳という名刺を出しました。

松雪泰子さん主演映画「フラガール」

晴もトオルから名刺をもらってました
青山セントラルリゾート開発で、
小倉瞳と同じ会社です。

晴は宇太郎(滝藤賢一)仙吉(中村雅俊)に
説明を始めます。

西町の清水が森にテーマパーク作る話があり
梟町の駅から、テーマパーク行きのシャトル
バスが出るかもというのでした。

さらにテーマパークで五平餅を1本300円
で売らないかと言ってきたと晴が説明すると
仙吉は「ちょっと高ないか?ぼったくりや」
とびっくりします。

宇太郎が「テーマパークっていうからには
テーマは何?」と聞くと
晴は「ぎふサンバランド」のチラシを
見せました。

松雪泰子さん主演の映画「フラガール」を
思い出します。

菜生、3年生最後の引退試合

菜生は3年生最後の引退試合で、初めて
試合に出させてもらう事になりました。

菜生はみごとに矢を命中させますが
先生から「木田原、隣の的や」
と突っ込まれます(汗)

鈴愛は「ドンマイ!」と声をかけました。

ブッチャーは律が好き!?

体育館では、律とブッチャーが
バスケをしながら話していました。

律が「ブッチャーさ、好きな子とか
いないの?」と聞くと
龍之介はしばらく考えて「律君…」
と答えます。

律は「何でもない、今のなし。
あっ、そうだ今日、菜生ちゃん
最初で最後の試合」と話題をすぐ変え
急いで弓道場へ移動しました。

ブッチャーはマナちゃんのことも
律のことも好きなようです(汗)

伊藤清、律のハートを射抜く

律はブッチャーと一緒に弓道場へ行き
引退試合を見学します。

三の立の伊藤清(古畑星夏)と律が
視線を交わしたのを
鈴愛は見逃しませんでした。

清はみごとに、ど真ん中に矢を
命中させます。清は律のハートも
射抜いてしまったようですね。



半分青い あらすじと感想
半分青い キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る