半分青い 7話 佐藤健さん「鶴瓶の家族に乾杯」出演

佐藤健さんが「鶴瓶の家族に乾杯」に
出演して、ロケをした岐阜の町を
歩いてました。

3回目の出演だそうで、町の人達とすぐ
打ち解けて、大人気でしたね。

和子(原田知世)が訪ねてきたので
晴(松雪泰子)が出ていきます。

和子は晴を喫茶店へ連れていきました。
晴は「本当にすいません。さっき鈴愛から
聞いたんですけど、昨日律君川に…」
と謝ります。

和子は糸電話を川に渡すために使う
棒を持ってました。


和子は晴に感謝する

喫茶店は、かつて朝ドラに出てきた
喫茶店に似てましたね。

和子は晴に、鈴愛(矢崎由紗)の
糸電話計画について話します。

三途の川を挟んで糸電話をやって
仙吉(中村雅俊)と廉子(風吹ジュン)
とを話をさせてあげたいので
木曽川で糸電話をしたというのです。

晴は、鈴愛が律をマグマ大使のように
笛で呼びつけることを謝ります。

和子は、ゴアのものまねをしながら
律にマグマ大使について説明したと
話しました(笑)

そして和子は「律は、鈴愛ちゃんのおかげで
夢を語る相手を持ったと思っています。
ありがとう」と感謝します。
晴 VS.和子じゃ全然なかったです。

かぐや姫が月に帰って、せいせいした!?

小学校で、豊島先生(佐藤夕美子)が
怒ってました。
「かぐや姫が月に帰った時、残された
おじいさんとおばあさんが、どんな
気持ちだったか、4択です。

1、さびしかった、2、かなしかった
3、せつなかった、4、せいせいした
4のせいせいした、に○をつけた人が
います。しかも、わざとです」
と言って、律を立たせました。

鈴愛は「律は、あっ萩尾君は本当に
4番だと思ったんやと思います」
と言って、律をかばいます。

しかし律がちょっと違うと言い出し
鈴愛が何で違うんやとケンカに
なりました(汗)

律はセーフ

放課後の掃除の時間に
ブッチャー・龍之介(大竹悠義)ら男の子が
鈴愛を「変な名前!スズメ、ネズミみてえ」
とバカにしてきます。

鈴愛は怒って、ゴミ箱の一斗缶を
ブッチャー投げつけると
かばった律(高村佳偉人)に
当たってしまいました。

岡田医院で、鈴愛とブッチャーは
和子に謝ります。
貴美香(余貴美子)は律を診察し、
セーフだと確認しました。

和子は実は手が震えていたと打ち明け
貴美香は大丈夫と言って聞かせます。

律「鈴愛、いいと思う、いい名前やん」

帰り道、鈴愛は律に、晴に言わないと
怒られると言いました。

律が言わなくていいと言うと
鈴愛は「叱られるのはいいんだけど
何でゴミ箱投げたか聞かれる。
そうすると、名前からかわれたって、
お母ちゃんに言わないとあかんくなる。
言いたない」と話します。

律は「俺、鈴愛、いいと思うけど。
いい名前やん。お前のお母ちゃん、
センスいいよ」と言ってくれました。

鈴愛は「うちのお母ちゃんは、律に負けたく
なくて、同じ日に生まれた律の名前が
かっこいいと思って、負けたくなくて
鈴愛って名前付けたんや」と話します。

河原の飛び石の乗った鈴愛の足が
突然止まりました。心配ですね。

半分青い あらすじと感想
半分青い キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る