半分青い 4話 ブッチャーとパンの耳揚げとシフォンケーキ

楡野鈴愛(矢崎由紗)は
豊島先生(佐藤夕美子)に呼ばれて
イスごと後ろに倒れてしまいます。

しかし天井のシミを見て
般若の顔みたいと言いました(笑)

西園寺龍之介(大竹悠義)が
「先生、カラスの相手はいいんで
授業進めて下さい!違った。ネズミ、
あっ、スズメか」とバカにします。

鈴愛は「ブッチャー」と言って
龍之介とケンカになりました。
その頃、アブドーラ・ザ・ブッチャー
という、悪役レスラーがいたのです。

クラスメイトが騒ぐ中で
萩尾律(高村佳偉人)だけは
本を読んでましたね。


風吹ジュンさんの廉子は自分でナレ死

「岐阜県東美濃市」が屋根の上に
「1980年」が窓に張り付いてました。

仙吉(中村雅俊)は元気がなく
注文の冷やしうどんを、レバニラ定食と
間違ってしまいます。

宇太郎(滝藤賢一)がお客さんに謝り
晴(松雪泰子)がお昼にレバニラ頂く
と言いました。
仙吉はキャベツの収穫に、
畑へ向かいます。

仙吉が考えた「つくし」は採用されず
楡野食堂が改装する時に「つくし食堂」に
なりました。

廉子(風吹ジュン)がナレーションしてると
思ったら、1年ほど前にピンピンコロリで
逝ってしまったのです。
自分でナレ死でしたね(泣)

志水透哉くんは鈴愛の弟・草太

鈴愛は、畑の仙吉に声をかけて
つくし食堂へ戻ってくるなり
ランドセルと体操袋を置いて
何かを持って、走ってでかけます。

お菓子は、パンの耳揚げたやつです。
弟・草太(志水透哉)が友達の
タカヒサ君と糸電話で遊んでいます。

高木渉さんは奈緒の父親

ふくろう商店街で、五郎(高木渉)が
声をかけてきます。
妻の幸子(池谷のぶえ)も登場です。

鈴愛の幼なじみ・木田原菜生(西澤愛菜)
の両親ですね。

鈴愛、律に「ふるさと」をリクエスト

鈴愛は萩尾写真館の裏へ回って
2階の窓に向かって「律!」と呼びかけ
笛を吹きます。

やがて2階の窓が開いて、律が出てくると
鈴愛は「律、ふるさと弾いて」
とリクエストしました。

律が1階に降りてくると、鈴愛はお礼に
キャベツをプレゼントして、焼きそばに
入れるとおいしいよと言います。

律のふるさとが流れ
廉子は「あなたのふるさとを、
あなたの愛するものを、
慈しんであげてください」と話しました。

鈴愛、シフォンケーキをごちそうになる

鈴愛が律にお礼を言って
帰ろうとすると
和子(原田知世)が呼び止めます。

シフォンケーキが焼き立てだというので
ごちそうになりました。
ちゃっかりしてますね(笑)

和子が「お菓子の力で引き止めちゃった。
律は喘息やし、変わりもんやから。
鈴愛ちゃんみたいな子がおってくれると
助かる」と言うと
弥一(谷原章介)は「同じ日に
生まれたんやもんなあ」と同意します。

永久機関と糸電話

律が「鈴愛、あれ出来た。完成した」
と言うので、律の部屋へ移動しました。

不思議な装置があるので
鈴愛が何かと聞くと
律は永久機関だと話します。

律は「僕は永久機関を、地球上で作る。
俺が作る。最初に作る!俺の夢は
ノーベル賞を取る事だ。
今のは内緒にしてくれ」と頼みました。

鈴愛へ例のものは?と聞くと
律は糸電話を出してきます。

2人は糸電話を持って
木曽川河原へ行きました。
三途の川の向こうにいる
おばあちゃんと糸電話で話そうと
いうのです。

2人では無理なので
誰かがくるのを待っていると
ブッチャーが来ましたね。

半分青い あらすじと感想
半分青い キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る