半分青い 3話 矢崎由紗ちゃん登場 小3の楡野鈴愛

佐藤健さんは、和子(原田知世)が生んだ
赤ちゃんの律のナレーションでしたね。

和子が「かわいいわね」と声をかけると
赤ちゃんの律は「こんにちは、お母さん」
とあいさつします。

和子の夫・弥一(谷原章介)は
「賢そうないい顔だ」と笑いました。
谷原章介さんの登場です。

新生児室で待っていると
赤ちゃんの鈴愛が隣に運ばれてきて
律は「何、この猿」とバカにしました(笑)

和子と晴の貧富の差

赤ちゃんの鈴愛が指を握ってきたので
仙吉(中村雅俊)は大喜びします。

廉子(風吹ジュン)がおむつを
作ってくれたので
晴(松雪泰子)はおすそ分けして
いいかと聞いて、和子のところへ
行きました。

和子は特別室です。
和子と弥一は萩尾写真館を営んでいて
たまに写真館に立ち、空いた時間に
ピアノを奏でていました。

晴は常に食堂に立ち、空いた時間に
昼寝をします(笑)

晴は特別室を訪ねて、分娩室を占領した
おわびに、おしめをおすそ分けしました。

晴は「命名 律」と書いてあるのに
気づきます。
和子は「お七夜に間に合わないと。
律っていうの」と話しました。


廉子が宇太郎の日記を見て、ケンカに

宇太郎(滝藤賢一)が「晴さん、
難産やったし。腎臓の持病あって
先生が言うには、いっぱいいっぱい
なんやて」と話しますが

仙吉は「これなんかどうや?美代子
姓名判断で見てもらったら画数も悪ない」
と聞いてません(汗)

廉子が「久美子はええの?女の子やったら
久美子って付けたかったんでしょう?」
と言うので
宇太郎は「何で知っとる?」とびっくり!

廉子が中学校の時の日記帳を見たと
言い出し、宇太郎とケンカになり
仙吉が止めに入ります。

貴美香「見てくんね。人の幸せ、人の宝物」

岡田貴美香(余貴美子)は看護師の
せっちゃんに「子どもを産むっていうのは
痛いんかね?子ども産んだ事ないもん。
人の子ども取り上げとる間にこの年に
なってしまった」と言いました。

そして「ほやけどいい仕事や。みんなが
喜んでくれて。泣かれるほど喜ばれる
仕事って他にある?

せっちゃん、あんたは、子ども産まなかん。
きっと、子どもっていいんやよ」と言い

子どものことを語る親の顔には、
子どもが愛しい、幸せって書いてある
ような気がする。見てくんね。
人の幸せ、人の宝物と話しました。

仙吉は「楡野つくし」

晴は、和子はピアノを弾くので
旋律の律と子どもにつけたと言います。

宇太郎は、とっておきの名前が
あると言い出しました。

楡野家に戻った仙吉は
半紙に「楡野つくし」と書いて
廉子に見せます。

「仙吉じいちゃんが、名前にこだわるのは
訳がありました」と永野芽郁さんの
ナレーションが始まります。

宇太郎は男の3人兄弟で、上から
仙太郎、宇太郎、賢太郎で
すべて廉子につけられて
しまったのでした。

楡野スズメ、楡野鈴愛!

晴は「つくしか、1日考えよ」と言って
ふくろう商店街がやがて朝を迎えます。

晴は、電線に止まっているスズメを見て
「スズメ、かわいない?楡野スズメ」
とつぶやきました。

小学校の教室に場面が映って
豊島先生から「鈴愛さん。楡野鈴愛さん」
と呼ばれて、
後ろの席に鈴愛が「はい!」と答えますが
イスごと倒れてしまいます。

矢崎由紗ちゃんの鈴愛が登場ですね。

半分青い あらすじと感想
半分青い キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る