わろてんか 150話 辻本祐樹さん 藤吉役で登場

資材を運んできた山下が帰ってから
アサリ(前野朋哉)キース(大野拓朗)が
逃げてきました。

警官(佐藤太一郎)に追いつかれて
アサリとキースは「カナダより直送」は
詐欺でないと言い訳します。

キースは「誰がカナダから輸入した
言うてんねん。釣り上げたんは和歌山やけど
太平洋で言うたらまあ、カナダ寄り
いうてな」と説明しました(汗)

警官から「逮捕や」と言われますが
解放されたのか、てん(葵わかな)の
バラックへ移動します(汗)

キースアサリ、亀さん、万丈目歌子の帰還

風太(濱田岳)からどこ行ってたのか聞かれ
キースは、アサリの実家にやっかいに
なっていたと答えました。

そして風の便りに風鳥亭が再開すると知り
戻ってきたのです。

亀井(内場勝則)も顔を出します。

表に出ると万丈目(藤井隆)歌子(枝元萌)
イチ(鈴木康平)お楽(河邑ミク)が
いました。少しずつ北村笑店の家族が
帰ってきましたね。

イチ、お楽、隼也の帰還

隼也(成田凌)も帰ってきます。

広場の舞台を見て
「舞台や、舞台や」と喜んでいると
てんが来ました。

てんは「おかえり、よう戻ってきた」
と隼也を抱きしめます。

バラックで、隼也はてんに
寄席を手伝わせてと頼みました。
戦場で笑いがどれだけ大事が
身にしみてわかったというのです。

てんと風太が認めてくれたので
隼也も北村笑店の一員となります。

トキ(徳永えり)飛鳥(花田鼓)と一緒に
つばき(水上京香)藤一郎(南岐佐)も
帰ってきました。

隼也を見つけ、つばきと藤一郎は
駆け寄ってきましたね。

てんと栞の握手

てんは栞(高橋一生)に
隼也たちが戻ってきたので
栞には北村に気兼ねなく
やりたいことをやってと言います。

栞は「伊能商会を立て直したら、
やりたい事が山ほどあるんだ。
新しい映画、新しい劇場、大阪や東京に
ワクワクするような街を再建したい。

そこに本物のエンターテイメント
を広げる。君たちと一緒にね。

君となら、そんなパートナーになれる。
これからも、一緒にやっていって
くれないか。僕らのゴールはまだ先だろ」
と手を差し出しました。

てんは「競争なら、負けまへん」と
栞と握手しましたね。

新しい笑いは「北村笑店物語」

てんはみんなに「新しい北村笑店として
新しい笑いに挑戦したいんや。

漫才みたいに、おなか抱えて笑えて
落語の人情噺みたいに、しみじみ人情を
感じるような笑いや」と言います。

すると隼也が、ショウみたいに芸人が
みんないっぺんに出演して、1つの
舞台を作ったらと提案しました。

リリコ(広瀬アリス)が喜劇のショウか
と言い、四郎(松尾諭)が台本は
どうするのか聞きます。

てんは、万丈目が疎開中に書いた
台本があると言いました。
「北村笑店物語」で、みんながたどった
歴史を台本にしたのです。

演じる芸人が足りないと
万丈目が言いますが
楓(岡本玲)は諦めるのは
もったいないと言います。

辻本祐樹さん登場

藤吉役について、亀さんが
適任者がいると、呼んできました。
田口一郎(辻本祐樹)です。

しかし田口はお笑いが好きだが、
藤吉役は自分には無理だと
遠慮します。

てんは昔の藤吉(松坂桃李)を思い出し
「怖がってたらあきまへん!
笑いが好きなんですやろ?それやったら
腹くくって、堂々とやったらよろし。

うちも出ます!そやさかい、
あんたも一緒に出るんや」と言いました。

田口は「わかりました。やらせてください」
と舞台に立つ事になります。
いよいよ明日は最終回ですね。

わろてんか ネタバレ あらすじ 感想
わろてんか キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る