わろてんか 149話 てん、栞たちと風鳥亭再建をめざす

バラック小屋に置かれた藤吉の写真に
栞(高橋一生)は手を合わせます。

栞はマーチン・ショウのつてで
アメリカの会社にいて、開戦前に
仲間が転勤名目で、中立国にある
映画会社に送り出してくれた
と話しました。

そして、再建するために
できることはないかと聞きます。

てん(葵わかな)がまだ食べることで
精一杯で、再建するまでできないと
断ると、風太(濱田岳)は悲しい目に
なりましたね。

横に並んでこそのライバル

栞と風太は、あちこち当たって
資材を探して来ますが、
あまり集まりません。

栞は「ライバルが立ち止まっていたら
引っ張ってでも歩かせる。
横に並んでこそのライバルだ」
と軍手をてんに渡しました。

栞は、てんをライバルと
思っているようです。

がれきの片付けが休憩に入り
風太はお茶を男たちに配りますが
「一杯30円や。冗談やそんなん。
25円や」と笑わせます。
アドリブでしょうか?(笑)

日本にも自由な文化が花開く時が来た

てんは「久しぶりに体動かしてたら
すっきりしました。伊能さんに
助けてもらうばっかりで」と言います。

栞は「日本は戦争に負けた。皆生きる気力を
失ってる時だからこそ、エンターテイメント
が必要だ。

やっと日本にも自由な文化が花開く時が
来た。今度こそ作りたいものを作れる。

だから君ももう一度歩き始めるんだ。
夢はまだ終わっちゃいない。隼也君が帰って
きた時、胸を張って迎えられるように
なるためにもね」と励まします。

山下たちが栞を頼ってくる

風太がお客さんが来たと呼びに来たので
てんと栞が外に出ると山下勝利(玉置孝匡)
と8人の社員がいました。

山下は「伊能商会に戻って来てもらえ
ませんでしょうか。お願いします!
会社を、社員を助けてやって下さい」
と頭を下げてきます。
山下たちが栞を頼ってきたのです。

栞は「頭を上げてくれ。僕は北村の人間だ。
その上での協力なら、力を貸してもいい。

ただし条件がある。北村笑店との業務提携を
再開し、不動産事業部にある人材や物資で
風鳥亭再建に協力してほしい」
と言いました。

てんは「風鳥亭再建?」と驚きます。

楓も加わる

てん、風太、栞、それから楓(岡本玲)も
加わって、会議が始まりました。
青空の下、ベニア板が机代わりです。

てんが「うちらには、今、何もない。
そやけどこの景色、空が大きくて
頭塞ぐもんがない」と言います。

楓が「北村笑店、天に向かって
伸び放題や」と両手を上げると
てんも「ホンマや。伸びる」と
両手を上げました。

風太は涙ぐんでいます。
栞は「ここが僕たちの始まりだ。
きっと焼け跡からだからこそできる
寄席がある」と言います。

リリコと四郎も加わる

アコーディオンの音が聞こえてきたので
てんがその方向へ行ってみると
四郎(松尾諭)がアコーディオンを弾き
リリコ(広瀬アリス)が歌ってました。

てんとリリコは抱き合って
再会を喜び合います。

リリコは戦争が終わって、寄席に寄ったが
誰もいなかったと話します。

てんは「ホンマに会えてよかった。
お2人にも会えたんやさかい、
笑いの神さん信じるわ。

風太が命がけで守ってくれた看板。
この看板があるとこが、大阪の
いや日本の、笑いの一丁目一番地や。

うちらの風鳥亭を再開して、
新生北村笑店を旗揚げしましょ」
と笑顔を見せましたね。

わろてんか ネタバレ あらすじ 感想
わろてんか キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る