わろてんか 143話 てんと隼也の再会 藤吉の「ん廻し」

隼也(成田凌)に召集令状が来て
てん(葵わかな)は仏壇に手を合わせます。

風太(濱田岳)は4日後に入隊なので
川崎の隼也のところへ行くことにし
トキ(徳永えり)に電報を隼也に打って
と頼みました。

風太が訪ねていくと
隼也は電報をもらって覚悟はできていたが
実際に手にすると違う様子です。

つばき(水上京香)は震える手で
お茶を出してくれました。

風太は、隼也が英語ができるので
前線に行くことはないだろうと言い
当面の生活費を差し出します。

そして隼也に、大阪に帰って、
てんと藤吉にあいさつしてから
入隊しろと話しました。
隼也は風太に、何かお願いしてましたね。


藤吉、土曜日でなく、木曜に登場!

てんの横に、藤吉(松坂桃李)が
座ってました。
土曜日でなく、木曜に登場です。

藤吉は「隼也は大丈夫や。俺に似て運が
ええからな。幸運の女神さんがついてる。
お前の事や。そやから、お前は暗い顔
せんと「ん廻し」して、わろうてやれ」
と話しました。

てんが「ん廻し?」と聞くと
藤吉が「落語や。運がようなるよう
「ん」がつく言葉言うて1つ言うごとに
田楽が食べれるっちゅう噺や」
と説明します。

蓮根人参大根、先年神泉苑の門前の薬店
玄関番人間反面半身、金看板銀看板金…

てんと隼也の再会

朝、てんが一人で食事していると
隼也が訪ねてきました。

隼也が家を飛び出したことを詫びると
てんは中に入れてあげます。

隼也は、長屋が建物疎開になったので
つばきと藤一郎(南岐佐)の面倒を
見てとお願いしました。

トキがやってきて「隼ちゃん、よう帰って
きたな」と隼也の手を握りました。

トキ、キースアサリの差し入れ

隼也が近所にあいさつに行っている間に
トキは小豆、キース(大野拓朗)は卵
アサリ(前野朋哉)は白米を差し入れ
してくれました。

トキが「師匠、張り込まはったな」
と言うと
アサリは「わいらのボンが、お国のために
兵隊行くんや。せめて白米で祝てやらん
とな」と言います。

てんは「皆さんおおきに。
ホンマにありがとう」と感謝しました。

隼也とリリコの再会

居間に、お赤飯などが並んで
隼也は「うわあ、豪勢やな」と喜びます。

てんは「おトキ、キースアサリ師匠が
持ってきてくれはったんや。
お国のために出征する人への祝い膳や。

つばきさんと藤一郎の事、うちで面倒
見さしてもらいます」と言いました。

隼也は「ありがとうお母ちゃん。
ホンマにありがとう」と感謝します。

リリコ(広瀬アリス)が訪ねてきて
「あんたがアメリカさんと戦うやなんてな」
と隼也とハグしました。

リリコは「ん? 何や。あんたも抱き締め
たいんか?」とてんを見るので
てんは「何アホな事、言うてますの」
と笑います。

風太から電話があり
明日の朝、つばきと藤一郎を連れて
くるということでした。

わろてんか ネタバレ あらすじ 感想
わろてんか キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る