西郷どん 11話 島津斉彬暗殺

島津斉彬(渡辺謙)は篤姫(北川景子)を
徳川家定(又吉直樹)の御台所にすべく
幾島(南野陽子)に教育係を任せます。

江戸城で、斉彬は徳川十三代将軍・
徳川家定と面会を果たしました。

阿部正弘(藤木直人)が新しい御台所を
迎える話を覚えているかと聞くと
家定はうなずきますが、庭で鳴いている
カラスの方へ行ってしまいます(汗)

「西郷どん 第11回 斉彬暗殺」です。


島津斉彬 VS.井伊直弼

島津斉彬 VS.井伊直弼の戦いが
江戸城の廊下で始まりました。

井伊直弼(佐野史郎)は分家の娘の篤姫を
御台所にして、公方様に近づくつもりだろう
と斉彬に不快感を表します。

島津斉彬は次期将軍に一橋慶喜(松田翔太)
を推しているのに対し
井伊直弼は次期将軍に紀州藩主・徳川慶福を
推しているのでした。
将軍継嗣問題で、斉彬の一橋派と
直弼の南紀派が対立していたのです。

虎寿丸、亡くなる

西郷吉之助(鈴木亮平)は芝・薩摩藩上屋敷
で、虎寿丸(藤本悠希)と相撲を取って
いました。

喜久(戸田菜穂)篤姫、幾島が見守る中
虎寿丸が倒れてしまいます。そして数日後
虎寿丸は亡くなってしまいました。
斉彬は5人の子どもを失います。

斉彬は、徳川斉昭と松平慶永との宴の準備を
予定通り行うよう山田(徳井優)に
命じました。
山田が「このような時に」と言うと
斉彬は「時がない」と答えます。

そして蒸気船の実用化を急がせました。
吉之助は庭で様子をうかがってましたね。

島津斉興と由羅は高輪の薩摩下屋敷に

南長屋で吉之助、大山格之助(北村有起哉)
有村俊斎(高橋光臣)は、由羅の呪いでは
と話し合います。

吉之助が気配を感じて、障子を開けると
誰もいません。しかし神楽の面をつけた男が
潜んでましたね。

江戸高輪の薩摩下屋敷で
島津斉興(鹿賀丈史)由羅(小柳ルミ子)は
暮らしていました。

虎寿丸が亡くなったと知り、由羅はまた
自分が呪い殺したと疑いをかけられると
心配します。


大久保正助、島津久光に近づく

薩摩の大久保正助(瑛太)のもとに
吉二郎(渡部豪太)有馬新七(増田修一朗)
らが来て、由羅を倒すべきと熱くなります。
しかし正助は今は待つ時だとなだめました。

鶴丸城記録所、島津久光(青木崇高)が
文政7(1824)年に起きた宝島事件の
記録を探しにやって来ます。

正助は近づいていって、なぜ探してるのか
質問しました。久光は、異国と戦いになる
かもしれないので、エゲレス人がどんな
風に戦ったのか知りたいと答えます。

正助はこのままでは多くの血が流れるので
久光に動いて欲しいと頼み、
記録を差し出しました。
久光は答えず、記録を取って
去っていきます。

一橋慶喜を次期将軍に

島津斉彬は薩摩藩邸に、越前福井藩主・
松平慶永(津田寛治)徳川斉昭(伊武雅刀)
一橋慶喜を招いて宴を開きました。

橋本左内(風間俊介)が慶永について
来ます。許しを得て左内と吉之助も
座敷へあげてもらえました。

家定には世継ぎができないという話になり
吉之助はどういうことかと驚きます
慶喜は「公方様は大うつけ、世継ぎは
作れん」と教えてくれました。

斉彬が慶喜を次期将軍に推したいと言うと
斉昭は大感激し、慶永も賛成します。

ところが慶喜は将軍になりたくない、
メリケンやエゲレスと戦うと考えただけで
逃げ出したくなると言い、
去っていきました。

斉彬の食事に、砒素が!

一橋慶喜がヒー様に変身し、船で品川宿へ
行くのを、彦根藩士・長野主膳(神保悟志)
が見ていました。

吉之助が、家定に世継ぎができないのは
まことかと聞くと、斉彬は倒れて、
意識不明となってしまいます。

薩摩藩に動揺が走り、吉之助は水垢離をして
斉彬の回復を願いました。
やがて斉彬は命を取りとめます。

吉之助は斉彬の食事に毒が盛られている
のではと疑い、厨房を見回り、
斉彬に出された焼き魚をこっそり
懐に入れました。

そして品川宿の磯田屋へ行きます。
ふき(高梨臨)に聞くと左内がいる
というので、焼き魚を診てもらいます。

立ち聞きしていたヒー様も入ってきました。
左内が焼き魚にカンザシを刺して
引き抜くと黒く変色します。
左内は、砒素が入っていると見破りました。


吉之助 VS.島津斉興と由羅

吉之助が気配を感じて、襖を開けると
神楽の面の男がいました。

男は酔っ払ったとごまかそうとしますが
酒のニオイがしないと指摘すると
左内に小刀を当てて、逃げていきます。

吉之助は薩摩下屋敷まで行って
「大殿!」と叫んで、座り込みました。
やがて吉之助は書院に通されます。

島津斉興と由羅は、吉之助が来るのを待って
いたと言い、お菓子を出してきました。

吉之助が食べようとしないので
斉興と由羅は、毒を盛ったと
疑っているのかと責め立ててきます。

由羅が近づいてきて、お菓子を食べて
「我らは毒など盛ってはおらぬ」
と言います。
吉之助はぐうの音も出ませんでしたね。

神楽の面の男の正体

斉彬は蒸気船の試作品が完成したので
ごきげんでした。吉之助が帰ってくると、
斉彬はみなを下がらせ「この大馬鹿者」
と吉之助は蹴り飛ばします。

吉之助が毒のことを言い出すと
斉彬は「つまらん!時がない!
わしは命が惜しうはない」と言いました。

斉彬は国のためなら、自分の命など
どうでもよいという考えなのですね。

一方、井伊直弼の元に、長野主膳が来て
一橋慶喜は品川で遊びほうけていると
報告します。
神楽の面の男・幻之丞(東武志)が
控えてましたね。

西郷どん あらすじ感想ネタバレ
西郷どん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る