西郷どん 10話 風間俊介さん 南野陽子さん初登場

西郷吉之助(鈴木亮平)は
島津斉彬(渡辺謙)のところへ戻り
徳川斉昭(伊武雅刀)だけでなく
一橋慶喜(松田翔太)にも会ったと
報告します。

斉彬は吉之助に、慶喜とさらに懇意に
なるよう命じてきました。

篤姫(北川景子)が虎寿丸(藤本悠希)
と遊んでいると、喜久(戸田菜穂)が
薩摩からの文を持ってきます。

篤姫は愕然とします。父・島津忠剛
(すわ親治)が亡くなったのです。
「第10回 篤姫はどこへ」です。


松田翔太さん「篤姫」で徳川家茂役

吉之助は、大山格之助(北村有起哉)
有村俊斎(高橋光臣)とともに
江戸品川宿・磯田屋へ行きました。

ヒー様(松田翔太)のところへ行くと
およし(高梨臨)たちと一緒にいたので
人払いをお願いします。

ヒー様は一橋慶喜だと認めて
斉彬に、将軍にならぬと伝えて
と言いました。
2人の話を謎の男(風間俊介)が
聞いてました。

松田翔太さんは大河ドラマ「篤姫」では
徳川家茂を演じてました。
「平清盛」では後白河天皇で
異彩を放ってましたね。

風間俊介さん初登場 橋本左内役

およしが「お医者様はいませんか!」と
慌ててやって来ます。
タマ(田中道子)が倒れたのです。

謎の男は橋本左内(風間俊介)で
吉之助に短刀を貸してと言ってきます。
吉之助は斉彬から授かった物なので
断ると、大山が貸してあげました。

左内が短刀で、タマの腕に小さく傷をつけ
血が流れると、タマは落ち着きます。
瀉血(しゃけつ)という治療法だと
左内が説明すると
慶喜は蘭方医だと見破りました。
左内は越前から来たとだけ話し
名前を名乗らず帰っていきます。

風間俊介さんは連続テレビ小説「純と愛」に
出演してましたね。

篤姫、行方不明に

吉之助は薩摩藩邸へ帰り、
慶喜は将軍になるつもりはないと報告すると
斉彬は表情を曇らせました。

そこへ山田(徳井優)が一大事を
知らせに来ます。篤姫が行方不明なので
斉彬は吉之助に探すよう命じてきました。

吉之助が江戸の町に出ていくと
篤姫のピンクの着物を着ている女に
出会います。
女は着物を取り替えて欲しいと言われた
と話すので、吉之助は海岸へ行きました。

すると木綿の着物を着ていた篤姫を発見!
吉之助が、どうしてこんな所へ?と聞くと
篤姫は、今和泉の父が亡くなった
もう一度会いたかったと悲しみます。

吉之助は「悲しみを絞り出すほど
泣きもんそう」と言うと
篤姫は「父上~!」と海に叫んで
泣き出しました。

やがて篤姫が振り返ると
吉之助も泣いています。
篤姫は「西郷、メソメソするな。
改めてお礼を申すぞ。ありがとう。
これは我らだけの秘め事ぞ」と言いました。


篤姫、徳川家定に輿入れへ

薩摩藩邸に戻った篤姫が謝ると
斉彬は「よう戻った。わしはそなたを
まことの娘と思っておる。苦しき時は
頼ればよい」と篤姫の背中を叩きます。

そして斉彬は上座に座り直すと
「改めて申し渡す。我が娘として
薩摩の姫として、輿入れしてもらいたい。
輿入れ先は、徳川家定公じゃ」
と言いました。

庭で聞いていた吉之助は
「薩摩から御台所になるっとか」
とびっくり!

南野陽子さん初登場 幾島役

島津斉彬は幾島(南野陽子)を呼びます。
篤姫の指南役、教育係です。

篤姫も、吉之助も、語尾に「もす」を
つけるのを、幾島は気にしてました(笑)

幾島は「大奥すごろく」を出して
大奥には1000人の女中がいて
器量、才覚、度胸が求められ
御台所か、側室か、老女になると
説明します。

お辞儀の稽古の後、琴、薙刀と続きます。

稽古が一段落ついて、篤姫が楽しいと思う
時はどんな時かと聞いてきました。
吉之助は、百姓を見回る仕事から帰ってきて
弟や妹たちが迎えてくれる時だと
笑顔を見せます。

篤姫も「洪福(こうふく)」と書いた字を
見せ、笑顔になりました。

幾島が戻ってきて、巻物を見せるので
篤姫はびっくり!公方様のお世継ぎを
生むため、男と女の秘め事の説明するので
吉之助は帰らされてしまいます(汗)


西郷吉之助と橋本左内

西郷吉之助が南長屋へ戻ると
橋本左内が部屋で待っていました。

越前福井藩の蘭方医だと自己紹介し、
吉之助と同じく、松平慶永の密命を受け
動いていると明かします。

左内は斉彬に慶永の書状を渡してと頼み
慶喜と次の将軍にする策があると
言うので、吉之助は驚きました。

一方、篤姫は幾島から、島津斉彬は
将軍家から一番遠い位置にいるが
篤姫が世継ぎを産めば、曽祖父になると
説明を受けていました。

左内、吉之助に呆れる

橋本左内は吉之助に、薩摩の力は幕府に
欠かせないが、薩摩は外様なので
蚊帳の外だと言います。

斉彬は、衆議一致といって、譜代、
外様を問わず、有力な諸藩が力を合わせ
意見を出し合って政をすすめようとしてる
解説してくれました。

そして左内は、家定はあまり体が
丈夫ではないと打ち明けます。

徳川家定(又吉直樹)は柿の絵を描いて
ましたが、柿の実が落ちると
「落ちた!落ちた」と
ひどく動揺してました(泣)

大山と俊斎が帰ってきましたが
吉之助があまりにも何も知らないので
左内は、すべて忘れてくれと
呆れて去ってしまいます(汗)

篤姫は不幸になる

吉之助は薩摩藩邸へ戻り、左内から
預かった松平慶永の書状を渡しました。

吉之助は畏れながらと断って
家定に篤姫を嫁がせるだけでなく
慶喜を将軍にする訳を質問します。

斉彬は、日本には一刻の猶予もなく
異国と渡り合うため、慶喜のような
優秀な人物に将軍になってもらう
必要があると言いました。

吉之助が、篤姫は幸せを手に入れるため
輿入れするのではと聞くと
斉彬は「お篤は不幸になる」と答えます。

西郷どん あらすじ感想ネタバレ
西郷どん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る