わろてんか 117話 リリコ、倒れた四郎にお粥さんを作る

隼也(成田凌)は、てん(葵わかな)から
マーチン・ショウやらせないと言われて
しまいました。

そこで隼也は栞(高橋一生)を訪ね
マーチン・ショウの資料を渡します。

そして「アメリカいた時、苦しかったり
つらかったりした時も、ショウを見たら
元気になれたんです。

マーチン・ショウはホンマに面白いです。
そやから、どうか伊能さんのお力で
実現させて下さい」とお願いしました。

栞は「藤吉君に似てきた」と
頬にシワを作って、笑います。


ショウビジネスを先導する第一人者に

山下(玉置孝匡)は当局から睨まれるのを
心配しました。

栞は「我々の仕事は当局の顔色をうかがう
事じゃない。大衆の望んでいるものを
作る事だ。
これが成功すれば日本のショウビジネスを
先導する第一人者になれる」と言います。

隼也が売店で働いているのを
てんと風太(濱田岳)が見ていました。
風太が隼也を褒めると
てんはまだまだ半人前と厳しいです。

隼也がマーチンショウに反対なのか聞くと
風太は「俺でも分かる企画書持ってこい。
話はそれから」と言ってくれました。

リリコと四郎

四郎(松尾諭)が楽屋で倒れてしまい
リリコ(広瀬アリス)てんが、お粥さんを
作って持っていきました。

四郎はもうちょっとやせて、シュッとしたら
舞台映えする男になると思い
絶食していたのです。

リリコは「あんたはそのままでええ。
うちはそのまんまのあんたがええ」
と言いました。

隼也とつばき

隼也はつばき(水上京香)と喫茶店で
会います。つばきはショウの資料を
持ってきてくれました。

隼也はショウに関われないが
日本公演を実現したい。日本でも見られる
と思っただけでワクワクと言います。

つばきは翻訳でも何でもする
と言ってくれました。

視線を感じ、つばきが何かついてるか聞くと
隼也は「スカーフ。そのスカーフ、
お似合いやな思て」とごまかします。
隼也とつばき、どんどん接近してますね。


スカーフのプレゼント

隼也が売店で、リリコのブロマイドを
並べてると、四郎が来ました。

四郎が「おなごに何かあげるとしたら
何買うたらええかな?」と質問します。

隼也は「贈り物に大事なんは
やっぱり、気持ちちゃいますか?
高価やのうても、いつも身につける
スカーフなんてどうですか?」
と答えました。

四郎は誰にプレゼントするか言いません
でしたが、リリコへでしょうね。

つばき、てんの前に登場

リリコが頭が痛そうに、事務所に来ます。

てんはお楽(河邑ミク)に薬箱を持ってきて
と頼みました。
てんが手で、リリコのおでこを触ると
熱はなさそうです。

てんが四郎について「リリコさんに似合う
相方さんになりたいて、3日も絶食する
なんて見上げた芸人魂やないですか」
と絶賛しました。

イチ(鈴木康平)が「隼也さんに
お客さん来てはります」と知らせに来て
つばきが登場しましたね。

わろてんか ネタバレ あらすじ 感想
わろてんか キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る