西郷どん 7話 橋本愛さん、吉之助の妻・須賀役で登場

嘉永5(1852)年、西郷吉之助の
祖父・龍右衛門(大村崑)が労咳で
亡くなりました。

「第7回 背中の母」、今回は悲しい
お別れの回となりましたね。

橋本愛さんが、吉之助(鈴木亮平)の妻・
須賀役で登場しました。笑顔がなくて、
ちょっと変わったお嫁さんです。


西郷琴と市来正之丞

龍右衛門のお墓の前で、吉兵衛(風間杜夫)
満佐(松坂慶子)きみ(水野久美)が
吉之助の嫁取りの話をはじめます。

大久保正助(瑛太)はまだ謹慎中で
海国図志について郷中の二才たちに
説明してると、吉之助と吉兵衛が
帰ってきました。

吉兵衛は、吉之助が嫁を取らないと
琴(桜庭ななみ)が嫁に行けないと
大声で話します。

市来正之丞(池田倫太朗)が正助に、
アメリカと戦になるか質問しました。
市来と琴が視線を交わしたのを
正助は見てましたね。

経済の基本は勧農なり

吉之助は村々を回り、斉彬が貸し出した
牛を引いて行きました。

島津斉彬(渡辺謙)は「経済の基本は
勧農なり、勧農は政の基本なり」という
信念のもと、新田開発を奨励して
いたのです。

アメリカの軍艦が日本へ向かっている
と長崎の商館から知らせを受け
斉彬は山田(徳井優)に、江戸へ送る
見込みのある二才の選別を急がせます。

吉之助は、大山格之助(北村有起哉)
有村俊斎(高橋光臣)村田新八(堀井新太)
有馬新七(増田修一朗)から聞いて
「江戸じゃ」と気持ちを高ぶらせました。

於一、島津斉彬の養女となる

満佐はふらついて、布団で横になります。

吉兵衛は吉之助に、満佐はじい様の
死病をもらったと打ち明け、
吉之助に早く嫁をもらって
欲しがっていると伝えました。

磯の別邸で、斉彬は於一(後の篤姫)
(北川景子)と面会します。
於一は相撲大会の斉彬を見て
好きになったと笑いました。

斉彬は於一を養女にします。
於一が「なぜ私なのですか?」と聞くと
斉彬は「よく食べる。博打に強い。
運が強い。運は身を助くじゃ。
江戸へ行ってもらう」と話しました。

斉彬は島津家当主の娘として
輿入れして欲しいと頼みますが
誰に嫁ぐかは明かしませんでしたね。


橋本愛さんの花嫁姿

吉之助と須賀の婚礼が行われます。
橋本愛さんの花嫁姿、きれいでした。
須賀は伊集院直五郎(北見敏之)
の娘です。

須賀は無表情でしたが
宴で大山からお酒を勧められると
「頂きもす」と一気飲み!
さらに吉兵衛にすすめられると
「頂きもす」とまた一気飲み!!

正助は吉二郎(渡部豪太)と
示し合わせ、男たちと席を立ちます。
2人きりにしようと気を利かせて
くれたのです。

吉之助と須賀

満佐は須賀を着替えに連れていき
「この家のことを一刻も早う覚えて
くいやんせ。もうあまり時が
なかかもしれんで」と言います。

吉之助も2階へやってくると、
須賀は愛想のない嫁ですいません
と謝りました。

須賀は笑おうとしますが変顔なので
吉之助は「よかよか」と笑います。

吉之助と須賀は並んで布団に
横になりました。
吉之助は、明日も早いので休もう
と言いますが、体を起こします。

そこへ信吾(佐藤和太)
小兵衛(齋藤絢永)が邪魔しに
来ました。ふかふかの布団に
興味があったのです(笑)

吉兵衛のアドバイス

翌朝、満佐は須賀に豆の取り方を
説明しました。
吉之助と吉二郎は、川でウナギを獲って
西郷家へ持って帰ります。

満佐が遠慮したので
須賀がウナギを食べて、
うまいと言いました。

吉兵衛は、満佐を仕方なく嫁にもらったが
とってもよい嫁だった、楽しい夫婦だった
と絶賛します。
そして、まず相手に惚れることだと
アドバイスしました。


吉兵衛の旅立ち

翌朝、吉兵衛が寝ていたので
満佐が声をかけると冷たくなってました。
龍右衛門が亡くなって、2ヶ月後、
突然の旅立ちでしたね。

お墓の前で、満佐がふらつき
熊吉(塚地武雅)に連れられ
先に帰ります。

須賀が、お墓に人形を埋めないと
3人目を欲しがると言い出しますが
きみは70年生きてきて、そんな事を
聞いたことが無いと一蹴しました。

大山と俊斎、江戸へ

島津斉彬が江戸へ発つのを
吉之助は離れたところから
見送ります。

吉之助と吉二郎が庭で薬を煎じてると
大山と俊斎が江戸詰めに選ばれたと
報告に来ました。

吉之助は願いを出したが、選ばれなかった
と話しているのを、布団の満佐が
聞いてましたね。

満佐の旅立ち

満佐は吉之助におぶってもらって
桜島が見える丘へ行きました。

満佐は吉兵衛と、吉之助が小さい頃
桜島を見に来たと話し
「あん小吉がこげん立派になってくれて
一緒に桜島を見れて、思い残すことはなか」
と言います。

そして満佐は自分のために江戸行きを
諦めたのだろうが、これからは吉之助の
好きなように生きてと話します。

満佐は「あたいは西郷吉之助の母親で
ほんのこと幸せでした」と目を閉じ
動かなくなりました。

吉之助は「母上、返事をしっくいやい」
と涙を流します。
この年、龍右衛門、吉兵衛、満佐の
3人を亡くす悲しい年になりましたね。

西郷どん あらすじ感想ネタバレ
西郷どん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る