西郷どん 4話 ロシアンルーレット島津斉彬 VS.島津斉興

島津斉彬(渡辺謙)が島津斉興(鹿賀丈史)
にロシアンルーレットで藩主を決める
と言い出し、びっくりでしたね!
「第4回 新しき藩主」です。

調所広郷(竜雷太)は異国との密貿易や
琉球への派兵は自分一人がやったことと
自ら命を立ちました。

由羅(小柳ルミ子)に、斉彬の子を
呪い殺していると疑惑がかかり、
斉興は激昂し、斉彬を担ごうとする者を
処罰します。お由羅騒動です。


お由羅騒動

お由羅騒動で、赤山靭負(沢村一樹)に
切腹の命が下ります。

西郷吉兵衛(風間杜夫)から知らされた
西郷吉之助(鈴木亮平)は城へ行って
訴えると飛び出していきました。

大山格之助(北村有起哉)
村田新八(堀井新太)
有馬新七(増田修一朗)らが必死になって
吉之助を止めます。

大久保正助(瑛太)は
有村俊斎(高橋光臣)を見て、
何かに気づきました。

島津久光への直談判

吉之助の肩に上に、俊斎が乗って
屋敷の中をのぞいています。

やがて侍が出て来て、門が開くと
吉之助たちは一斉に屋敷の中へ
入っていって、土下座して
お願いしました。

そこは島津久光(青木崇高)の屋敷で
久光に赤山の助命を直談判します。

しかし久光は自分には何も出来ない
と言い、久光の家臣たちが吉之助
たちを痛めつけました。

久光は玉里の別邸につくと
吉之助たちのことは口にも出さず
ただ由羅のことを心配するだけです(汗)

吉兵衛が赤山靭負の介錯を

吉之助は西郷家へ戻って
琴(桜庭ななみ)に手当を受けてると
中村半次郎(中村瑠輝人)が
唐芋を手に、お礼に来ます。

吉之助が脱藩を止めてくれたので
侍を辞めずに済んだというのです。

赤山の弟・島津歳貞(井戸田潤)が
訪ねてきます。
吉兵衛に、赤山靭負の介錯をして
欲しいというのでした。辛いですね。

赤山靭負との別れ

吉之助や正助たちは赤山を訪ねます。
赤山は笑顔を見せて、みんなにお酒を
振る舞ってくれました。

赤山は自分の代わりに、斉彬のため
力を尽くしてと頼みます。
岩山糸(黒木華)が唐芋をふかして
もってきてくれます。

赤山は、みんな芋と同じで
郷中という桶で切磋琢磨し
立派な侍になってと話しました。

吉之助が西郷家へ戻ると
吉兵衛が刀を振っていました。
吉之助は赤山の切腹に
立ち会わせてとお願いします。


赤山靭負の切腹

嘉永3(1850)年3月4日、
赤山靭負は切腹しました。

吉兵衛が介錯し、
吉之助と島津歳貞が見守ります。

白黒の画面に変わりました。
吉之助が1人庭に座ってると
吉兵衛が近づいてきて
何かを差し出します。

赤山の血に染まった
襦袢です。カラーに代わって
真っ赤な血が浮かび上がりました。

黒澤明監督の「天国と地獄」は
白黒映画でしたが、煙突の煙だけ
赤色になるシーンを思い出しますね。

吉之助は由羅を斬ると怒りますが
吉兵衛は赤山の志を
無駄にするなと制します。

吉之助は赤山の襦袢を手に
涙しました。

大久保次右衛門は喜界島へ島流し

江戸藩邸の島津斉彬に
山田為久(徳井優)が
赤山の死を伝えます。

大久保次右衛門(平田満)は
喜界島へ島流しと決まりました。

役人が来て次右衛門を
連行しようとすると
吉兵衛が相撲を取ると言い出します。

吉之助、吉二郎(渡部豪太)
きみ(水野久美)が役人にお願いして
許してもらえました。

熊吉(塚地武雅)が行司になって
次右衛門 VS.吉兵衛の取り組みが
始まります。

保福(藤真利子)だけでなく
満佐(松坂慶子)も次右衛門を応援したので
吉兵衛は投げ飛ばされてしまいました(笑)

島津斉興への隠居勧告

吉之助は江戸の斉彬に
藩主になって欲しいという
何通も書状だけでなく
赤山の血染めの襦袢を送ります。

嘉永4(1851)年、島津斉興は江戸城で
将軍・徳川家慶に拝謁しました。

家慶が去ってから、斉興は
阿部正弘(藤木直人)に
従三位の官位を要求します。

阿部はそれとなく断ってから
家慶からの茶器を斉興に渡しました。
将軍から茶器を下賜されることは
隠居しろということだったのです。


島津斉興 VS.島津斉彬

江戸薩摩藩邸の島津斉興のもとへ
島津斉彬がやってきました。

斉彬は吉之助からの手紙と
赤山の血染めの襦袢を出し、
手紙のおかげで、自分の無能と
島津の悪政を知ることが出来た。

これからは斉興に代わって
藩主となると宣言します。
しかし斉興は譲る気はありません。

すると斉彬は箱からアメリカの銃を
出して、斉興に近づいていきます。
由羅が出ていって止めようとするのを、
斉興がどけました。

斉彬は、銃に一発だけ弾を入れて
生き残った方が、藩主となろうと
言い出します。ロシアンルーレットです!

まず斉彬が銃をこめかみに当て
自分から引き金を引きました。
斉彬はセーフです。

次に斉興が銃をこめかみに当てますが
恐怖のあまり、銃を落としてしまいます。
そして、負けを認めました。

斉彬が去っていこうとするので
由羅が銃を取って、斉彬に向かって
引き金を引きます。

弾は発射し、斉彬の横の柱に当たりました。
斉彬は何も言わず去っていきました。
斉彬は齢43にして薩摩藩主になります。

島津斉彬が薩摩藩主に

西郷家で吉兵衛がため息をついてると
吉之助が走って帰ってきて
大久保家へ行きました。
大久保家では家族総出で
傘作りをしていました。

斉彬が藩主になると吉之助が伝えると
正助たちは大喜びします。
吉之助たちは赤山靭負の墓に
報告に行きました。

嘉永4(1851)年5月8日
第11代薩摩藩主・島津斉彬が
お国入りを果たします。

薩摩藩の人たちは雄叫びや歓声を上げて
島津斉彬を大歓迎しましたね。

西郷どん あらすじ感想ネタバレ
西郷どん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る