わろてんか 96話 藤吉、岩さんには言葉なかった(涙)

隼也(大八木凱斗)が藤吉(松坂桃李)に
番組表の作り方を教えてと頼んでると
栞(高橋一生)が訪ねてきます。

藤吉は北村笑店の役員になってと頼みました。
興行界の売り上げは、映画が一番、次が芝居
寄席は微々たるもの。提携したら、映画も
もっとオモロイ事ができるというのです。
栞は考えておくと答えました。

藤吉は「てんの事どう思てる?」と聞きます。
栞は「残念なことに今だ、おてんさん以上に
魅力的な女性に出会っていない。

でも、おてんさんと出会ったおかげで、
君とも出会えた。おてんさんと、君の絆が、
今の僕のとって、掛けがえのないものなんだ。
藤吉君。おてんさんと君は、僕の同志なんだ」
と藤吉の手を握りました。


天満風鳥亭で、新しい万歳を

天満風鳥亭、てん(葵わかな)と隼也に
支えられ、藤吉が座ります。

万丈目(藤井隆)歌子(枝元萌)
リリコ(広瀬アリス)栞、岩さん(岡大介)
トキ(徳永えり)も集まりました。

亀井(内場勝則)が「キースアサリの
新しい万歳を、お披露目させて頂きます」
とあいさすると、
舞台袖の風太(濱田岳)が
「よっしゃ、いくで」と
蓄音機をかけました。

キースとアサリ、タキシードで登場

キースとアサリがびしっとタキシード姿
だったので、てんはジェントルマンや!
とびっくりします。

キースとアサリはラジオで相撲を聞いてる
というネタをはじめました。
藤吉は「ボクとキミか」と言葉遣いに
感心します。

アサリがどっちを応援すると聞くと
キースは南の行司だと言い出し
意表をつきました(笑)

しゃべくりだけかと思ったら
大きなジェスチャーで笑わせ
みんな大きな拍手で終わります。

藤吉はしゃべくり万歳を絶賛

キースとアサリが、どや?と寄ってきたので
藤吉は「こんな万歳、見た事ないわ。
これからはお前ら二人が、しゃべくり万歳で
天下取る時代や」と絶賛します。

そして藤吉は「万丈目はん、ええ台本作って
くれて、ありがとう。これからも、うちの
万歳の台本、書いてくれへんか?」
と頼みました。

万丈目が了解して、
歌子も理解してくれましたね。

藤吉は「風太、お前の勝ちや。
しゃべくり万歳が、この先百年続くよう、
目ぇ光らして、芸人ら、仕込んだってな」
と頼むと
風太は「北村のお笑いは、
俺に任せてもらいます」と答えます。

しかし藤吉は「ちょっと心配や。
そん時は、おトキ頼むな」
とフォローを忘れません(笑)

藤吉が「栞君」と言うと
栞は「確かに、引き受けた」と答え
リリコは「やっぱり笑い声はええもんやな」
と笑顔を見せます。

亀井は「それでは、しゃべくり万歳の完成を
祝しまして、皆様、お手を拝借。打ちまひょ!
も一つせえ!祝うて三度!おめでとうございます」
と閉めてくれました。

藤吉、岩さんには言葉、なかったですね(涙)

わろてんか ネタバレ あらすじ 感想
わろてんか キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る