わろてんか 94話 鈴木京香さんの存在感

キース(大野拓朗)アサリ(前野朋哉)は
銭湯から帰ってきて倒れました。

トキ(徳永えり)が「お風呂に入るんが
仕事なんて、ええご身分や」と言うと
キースは「アホ言うな。1日に5回も
6回も風呂入るんや」と答えます。

風太(濱田岳)が「何かええネタ
見つかったんか」と聞くと
アサリは「湯船に豆腐入れて、
湯豆腐作ってる奴の話とかな」
と答えました。

てん(葵わかな)は万丈目(藤井隆)に
ネタ書いてもろたらと思いつきます。


啄子、帰ってくる

啄子(鈴木京香)が「ただいま。
アイム ホーム」と帰ってきました。

啄子は、藤吉(松坂桃李)てん、
万丈目にあいさつしますが、
風太はスルー(笑)

啄子はおみやげを買ってきてくれ
「立派な寄席でびっくりしたわ。
あんたらが、まだここに住んで
はんのもびっくりしたけどな」
と長屋にまだ住んでいて驚きます。

啄子は、アメリカでクリーニング店を
12軒もだしているのです。

そして藤吉が元気だったので
ほっとしたようです。
隼也(大八木凱斗)とは
初対面ですね。

啄子のアドバイス

井戸端で、キース、アサリ、万丈目が
稽古してると啄子が来ました。

百年続けられる新しい万歳作れ
おなごはんにウケる万歳をと
藤吉から言われてると
キースたちは話します。

啄子は「衣装と言葉遣いには
気ぃ付けなはれ」と
アドバイスしてくれました。

啄子が「ほな、お気張りやす」と
去っていくと
万丈目が「出た。さすが元祖
お気張りやすやな」と感心します。

スマイルや!

北村家で、藤吉が突然に
苦しみだしました。
風太が来ましたが、
藤吉はごまかします。

台所で、てんと啄子は
お料理を作りながら話しました。

啄子は自分が年だし
どうなってもおかしくない
「その時は、スマイルやで。
わろて送ってな。

笑いの大切さを教えてくれたんは、
あんたらや。アメリカではいろんな
人間が集まって暮らしてる。
そやけど、笑顔だけはみんな一緒。
これからも、スマイルや。

あんたは北村笑店の、 
立派なごりょんさんや」
と話します。

家族4人の食事

てん、藤吉、啄子、隼也の
家族4人で食事をしました。

昔の食事に比べて
今はぜいたくなので
啄子は「隼也、少し贅沢に
慣れ過ぎたんとちゃうか?
明日か少し、始末しなはれ」
と言い出します。

隼也が「堪忍して」と困った顔をすると
啄子は「冗談や!」と笑いました。

天下一の息子とお母ちゃん

啄子は「おおきにな。今のわてが
あるのは、あんたのおかげや。
藤吉郎、世界は広いで。
まだまだ、あんたの知らん事が
ぎょうさんある。それを自分の目で
確かめてほしいんや」
と言います。

藤吉が「そのつもりや。
そやから、アメリカ行くんや」と言うと
啄子は「待ってるで。びっくりするような
でっかいビフテキ食べさせたるさかい」
と言いました。

啄子が「あんたは天下一の息子や」
とほめると
藤吉は「お母ちゃんこそ、
天下一のお母ちゃんや。
ありがとうございました」
と正座してあいさつします。

啄子は再びアメリカに帰っていきました。
鈴木京香さん、存在感ありましたね。

わろてんか ネタバレ あらすじ 感想
わろてんか キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る