わろてんか 82話 堀田真由さん 再登場

栞(高橋一生)志乃(銀粉蝶)の顔を見ると、
知り合いのような顔になりました。

一方の志乃は「おやまあ、いい男だね。
キーちゃんの知り合いかい?」
とわからない様子です。

長屋が空いていたので、
志乃はそこに住むことになります。

藤吉(松坂桃李)が志乃と知り合いかと聞くと
栞は人違いだったと言い、話題を変えました。


志乃の息子は栞?キース?

医者の診断によると、地震の時、頭を打って
一時的に記憶を失くしてるんだろう
ということでした。

てん(葵わかな)が体を動かすのがいいと
医者が言っていたと伝えると
志乃は寄席の手伝いをしたいと言い出します。

隼也(南岐佐)を見つけて
志乃は名前を聞きました。
隼也が「ハヤブサの隼也」と答えます。

志乃は「勇敢な鳥だ。名前っていうのは
親の願いが込められてるんだ。
ハヤブサなら空高く飛んでほしいってね。
大事にするんだよ」と言います。

てんがお子さんは?と聞くと
息子が外国にいるらしいが
今はキースが息子だと笑いました。

堀田真由さん再登場

りん(堀田真由)が救援物資を
持ってくれくれます。
道修町に藤岡屋の支店ができたので
たくさん薬がありました。

てんが「藤岡屋をもり立ててくれておおきにな。
あんたのおかげや」と感謝すると
りんは「こっちこそ。姉さんが藤吉さんと
駆け落ちしてくれたおかげや思てます」
と切り替えしてきます(笑)


栞と志乃

栞が来ると、
ちょうど志乃が昼ごはんを作って
くれていました。

志乃が「あんたも食べてくかい。言葉からして
東京の人だろ。大阪の薄味に飽きてんじゃないかい。
ほらちょいと味見しとくれ」とすすめます。

しかし栞は、手で払い除けてしまいました。

志乃は栞の母親

栞は、てんと藤吉に、志乃は母親だと
打ち明けました。
元向島の芸者で、父の妾として栞を産んで
中学まで一緒に暮らしていたのです。

しかし、志乃は栞を売ったのでした。
本家の兄は体が弱くて、兄に何かあった時の
保険として伊能家に引き取られたのです。

その時、志乃は多額の手切れ金をふんだくったらしく
それ以来何の音沙汰もなかったのでした。

そこへ志乃が来て、煮物を作ったと言いますが
栞は何も言わず、去っていきます。

新聞記者からの電話

栞の事務所に、新聞記者から電話がかかってきました。

「地震への多額の義援金と救護物資、ご立派でしたが
売名行為や、災害まで利用してるいう声がありますけど」
と言うので
栞は「くだらない質問に答える気はない」と言います。

さらに「社長は東京のご出身ですが、
実のお母さんはご無事でしたか?
伊能さんは注目の的ですさかい
いろいろ調べさせて頂いてまして」と言うので
栞は電話を切りましたね。

わろてんか ネタバレ あらすじ 感想
わろてんか キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る