わろてんか 74話 朝ドラ「だんだん」は、ありがとう

てん(葵わかな)藤吉(松坂桃李)は
安来節の踊り手を探すため島根に来ていて
面接が始まりました。

安達都(大後寿々花)勝部なつ(畔田ひとみ)
錦織あや(鈴木球予)小豆沢とわ(辻凪子)
の4人が初登場します。
座頭(多々納斉)が控えていました。

勝部なつは、踊りなら誰にも負けず
取り柄は、目鼻立ちと長い手足で
紅を引けば、化粧映えするとアピールします。

小豆沢とわは、歌も踊りも自信がないが
笑顔がとびっきりで、食べることに自信がある
と話しました。

「ひよっこ」の青天目澄子(松本穂香)
みたいですね(笑)


とわは「ひよっこ」の青天目澄子似

 
錦織あやは、とにかく通天閣を見てみたい
雲にも届くくらい高いの通天閣をを見たい
とジェスチャーします。

お給金は、大阪のレストランとか、活動写真館とかに
すてきな男の人と行きたいと言いました(笑)

安達都は、踊りが一番うまいと
藤吉が評価していました。

都は、お給金で牛を買って、その牛使って、
田んぼを耕し、両親の仕事を楽にしてやり、
弟妹を学校に行かせてやりたいと家族思いです。

面接が終わって、藤吉は4人選ぶことにして
踊り、やる気、見栄えなどを選考基準にしました。

しかし、てんが「娘さん本人が、
親元を遠く離れた大阪でやっていけるんかが肝心」
と言い、藤吉も賛成します。

都の父、太平は大反対

てんと藤吉は、安達都、勝部なつ、
錦織あや、小豆沢とわを集めて
合格発表しました。

4人とも大喜びです。
てんが「これから親御さんにご挨拶に行って、
きちんと承諾を頂いてからの話になります」
と話します。

そこへ都の父・太平(白井哲太)がやってきて
「野良仕事もせんで、何やっちょか!
うちの娘は大阪へは行かせん」と大反対しました。

太平は、岡山の紡績工場で働かせると言って
都を連れて行ってしまいます(汗)

てんと藤吉の新婚旅行

てんと藤吉は海岸を歩きながら話します。
てんが儀兵衛(遠藤憲一)を思い出したと言うと
藤吉も同感でした。

てんは「都さんの夢かなえさせたげて、
娘さんがこない幸せになりましたと、お父さんに
見せてあげたい」と言います。

藤吉が「そういうたら、結婚してから初めてやな。
2人で旅に出るの。てんは後悔してへんか?」と聞きました。

てんは「する訳ないですやろ。好きな藤吉はんと生きてこれた。
こない幸せな事ありまへん」と笑います。

藤吉は「よっしゃ!明日は、てんのお父さんに、
結婚頼みに行った時の気持ちで、ぶつかったる」と言いました。

「だんだん」は、ありがとう 

都の父・太平に旅館まで来てもらって
説得がはじまります。

藤吉は「娘さんを、私ら夫婦に任せてもらえませんやろか。
うちにも子どもがおります。子を心配する親の気持ちは同じ。
そやから、親代わりになって、娘さんらの面倒見ると決めました」
と言いました。

てんは「女子寮、作ろう思いまして。朝起きてから、
夜寝るまで、うちらが責任持って、面倒見さしてもらいます。
うちらは芸人さんをみんなを家族や思てます」と言います。
女子寮って、乙女寮でしょうか?(笑)

てんと藤吉が熱心にお願いすると
太平は「そげなら、いっちょ前になるまで、
帰ってくんな。泣いて帰ってきても、戻る家はないけんの」
と許してくれました。

都は「だんだん」と太平に頭を下げます。
「だんだん」は、ありがとうという意味で
連続テレビ小説「だんだん」もありましたね!

わろてんか ネタバレ あらすじ 感想
わろてんか キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る