おんな城主直虎 49話 本能寺の変で徳川家康は織田信長を想う

織田信長(市川海老蔵)を暗殺するという
明智光秀(光石研)からの誘いに
徳川家康(阿部サダヲ)は戸惑います。

井伊直虎(柴咲コウ)は「徳川様に
織田に取って代わって欲しいと望んでおります」
と家康の背中を押しました。

家臣たちも賛成してくれたので、
家康は光秀の策に乗り、
安土城へ向かうことに決めます。

今回は、本能寺の変に巻き込まれる家康と直虎、
家臣たちが描かれていました。
家康は光秀の策に加担しますが、信長のおもてなしを受け
家康は信長の気持ちを想いはかります。

また直虎と龍雲丸(柳楽優弥)の再会もありましたね。


織田の徳川暗殺計画を逆手に取る

龍潭寺で、直虎と南渓和尚(小林薫)が話していると
井伊万千代(菅田将暉)松下常慶(和田正人)
中野直之(矢本悠馬)奥山六左衛門(田中美央)が
やって来ました。

万千代たちは織田の徳川暗殺計画を逆手に取り
信長を殺してしまう策があると伝えます。

織田は安土城で家康を歓待し、その後、堺行きをすすめ
その裏で織田は家康を襲う支度をし、最後は
本能寺の茶会で、家康を討つというのでした。
そこで光秀は、家康を討つ兵を使い、信長を不意打ちで
襲おうというのです。

万千代は、直虎に、明智の謀反が成った後に
家康一行が戦に巻き込まれず、三河に逃げ延びる道を
京の商人・茶屋四郎次郎と相談してと頼んできました。

龍雲丸、中村与太夫の再登場

天正10(1582)年5月15日、徳川家康、万千代、
酒井忠次(みのすけ)本多忠勝(高島政宏)
石川数正(中村織央)榊原康政(尾美としのり)は
安土城へ到着します。

穴山信君(田中要次)も来ていました。
明智光秀が供応役になったとあいさつにきて
去っていきます。
穴山は家康たちが緊張しているのを気にしていました。

直虎は直之、六左衛門、瀬戸方久(ムロツヨシ)とともに、
京へ上り、茶屋四郎次郎(辰巳琢郎)と会いました。

茶屋は京から三河へ戻るには2つの道があるといいます。
1つ目は、宇治→甲賀→伊賀→伊勢→知多という陸路
2つ目は、堺から船で知多へという海路で
どちらがいいと言えないと話しました。

直虎一行は堺へ到着し、栄えている様子に驚愕します。
龍雲丸(柳楽優弥)が外国人と話してましたが
直虎は気づきません。ニアミスでしたね。

直虎たちは中村屋へ行き、中村与太夫(本田博太郎)と
再会します。与太夫はポルトガル語で明るくしゃべってきますが
直虎が京で謀反が起こると話すと、真剣になりました。

直虎と龍雲丸の再会

堺から海路で知多へ行くには、どこかで一度船を
寄港させねばならぬというので
直虎と与太夫は実際に港へ寄って調べていきました。

比井、日高、富田などを調べますが
近々戦がはじまるので寄港は難しそうです。
直虎が一気に知多まで行く方法はないか聞くと
与太夫は南蛮の船が必要なので
龍雲丸に話してみてはと提案します。

与太夫に連れられて、直虎が訪ねていくと
龍雲丸は子どもたちにポルトガル語を教えていました。

直虎と龍雲丸は笑顔になりましたが
直虎が「頼みがある」と切り出してきたので
龍雲丸はちょっとがっかりします(泣)

直虎が南蛮船のことを相談すると
龍雲丸は女が必要だと言い出しました。
しかも尼さんだというのです。

直虎は「異人と添い寝を?」と驚きながらも
自分から「よいぞ、やる」と即決します(汗)


羽柴秀吉、名前だけ登場

安土城で、織田信長は徳川家康たちを案内していました。
そこへ長谷川秀一(木下政治)が来て
羽柴秀吉が毛利攻めに手こずっているので
信長に援軍を申し出ていると伝えます。
羽柴秀吉は、名前だけ登場です。

信長は光秀に援軍に行くよう命じますが
光秀は供応役があると断りました。
信長は「金柑!」と光秀を蹴り飛ばしてから
近くに寄って「頼りにしている」とやさしくします。
家康や万千代たちはガクブルしてましたね(汗)

控えの間に戻った家康たちは、光秀がいなくなって
どうするのか話し合いました。

主殿で、家康や梅雪たちが待っていると
信長自らが膳を持って運んできて
家康の前に置いて、ていねいに並べ換えます。
家康は呆気にとられてました!

本多忠勝が意を決し、三河に戻り、毛利攻めに
加わりたいと進言します。
信長は援軍は不要で、家康一行をねぎらいたいので
どうか付き合って欲しいとやさしいです。

戦をなくす戦をしておる

直虎は異人の男に近寄って来られていましたが
異人がいきなり倒れます。
龍雲丸が吹き矢で眠らせたのでした。

龍雲丸がやってきて、置いてあったお酒を
飲もうとすると、直虎がはじき飛ばします。
直虎もお酒に薬を盛っていたのです(笑)

船の上で、直虎と龍雲丸が話します。
龍雲丸は、9年ぶりの再会だというのに
直虎が急に頼みがあると言ってきたので
呆れたと言いました。

直虎が龍雲丸の格好に驚くと
龍雲丸は日本だけでなく、外国のモノで
作っていると説明します。

龍雲丸が、どうしてこんな話に首を突っ込んだのか聞くと
直虎は「戦をなくす戦をしておる。徳川殿に、戦のない世を
目指してもらおうと思っておる」と答えました。

龍雲丸が戦がなくなったら、堺に来るのかと聞くと
直虎は唖然としています。9年前の約束を直虎は
忘れていたみたい(汗)

明智光秀、愛宕神社へ

5月29日、直虎一行は堺に到着しました。
そこへ万千代が来て、光秀が毛利攻めに向かったと
と報告し、去っていきます。

明智光秀は愛宕神社で、くじを引きますが
2連続で「凶」が出ました。

6月1日、光秀の行動を探っていた常慶が
家康のもとへ戻ってきます。
光秀は愛宕神社で毛利攻めの戦勝祈願をし
おみくじを3度引いたと報告しました。

織田家家臣・長谷川秀一が来て
支度が調ったので、明日、京へ参るように
と伝えました。
家康は白い碁石を手に考えています。


織田信長、京の本能寺へ

織田信長は京の本能寺へ入っていました。
信長は茶器を選びながら、家康には北野肩衝より
九十九髪茄子を与えようと蘭丸に話します。

家康は茶器にとんと無頓着なので
箔をつけてあげようと、やさしいです。

明智光秀は軍勢を率いて山中を進んでいましたが
二股の分かれ道でいったん止まりました。
光秀は「敵には本能寺にあり。我に続け」と
にやりと笑います。
愛宕神社のおみくじの3回目「大吉日」が出たのです。

本能寺の変

堺の港の船の上で、直虎、龍雲丸、方久が待っていると
直之が来て、家康一行は京へ向かったと報告します。

考えていた家康は「京へ参る。そもそも織田様が
われらを殺すという策などはないのではないか?」
と言い出したのです。
長い付き合いからの勘で、家康は信長から殺気を
まったく感じなかったのでした。

直虎は方久が持っていた金を奪うと
龍雲丸に渡し、一芝居打って欲しいと頼みます。

家康一行は穴山梅雪とともに山中を歩いているところへ
龍雲丸たちが来て、京で謀反が起きたと話しました。

そこへ忠勝と常慶が来て、本能寺の変を告げます。
龍雲丸は「まことになったか」と驚きました。

家康が切腹すると混乱するのを、康政がなだめます。
龍雲丸や万千代が機転を利かせて
わざとらしく芝居をし、三河へ戻ることになりました(笑)

本能寺の変での信長の最期が描かれなかったのは
大河ドラマ「真田丸」と同じ手法ですね。

徳川家康の伊賀越え

荒れ寺に、家康や穴山たちが入りました。
小野万福(井之脇海)本多正信(六角精児)が来て
万千代は再会を喜び合います。

翌朝、穴山がいなくなっていました。
正信が案内したと言い「野武士に襲われてなければ
よいのですが」と不敵に笑います。
穴山梅雪は土一揆に殺された模様です。

徳川家康の伊賀越えは「真田丸」でも
ちらっと描かれていましたね。

家康一行は無事に岡崎城へ戻ってきました。
家康は瀬名(菜々緒)の言葉を思い出し
穴山らが治めていた空き城を取っていくことにします。

船上の直虎は龍雲丸に、謀反の成り行きを見守りつつ
策を講じるべき子どもがいると話しました。
昊天(小松和重)から字を教わっていた
自然(田中レイ)が映ります。
次回はいよいよ最終回ですね!

大河ドラマ おんな城主 直虎 あらすじ
大河ドラマ おんな城主 直虎 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る