わろてんか 54話 てん 藤吉 隼也、家族三人の笑顔の食事

寺ギン(兵動大樹)が「新しいの紹介するわ」
と言って登場したのが、風太(濱田岳)でした!

てん(葵わかな)がどういうこと?と驚くと
風太は「寄席やら芸人さんの事
勉強させてもうてるんや」と答えます。

寺ギンは「何やお前ら知り合いか。こいつは
肝の据わった憎たらしい奴で気に入ったんや」
と笑いました。

キース(大野拓朗)亀井(内場勝則)たちが
ちょっとした趣向があるというので
てんや藤吉(松坂桃李)たちは奥の部屋へ行きます。


岩さんの武者人形

リリコ(広瀬アリス)も待っていて
亀井が今日は何の日や?と聞くと
アサリが端午の節句!でっかい武者人形やろ
と言いました。

中央に大きな武者人形が置いてあるので
てんと藤吉が近づいていくと
兜の下から、岩さん(岡大介)が
顔をだします(笑)

てんと藤吉、すっかり仲直り

トキ(徳永えり)は「藤吉さん、おてん様に
結婚申し込んだ時のお気持ち、今ここで
隼ちゃんの前で、思い出しとくれやす。
あん時の藤吉さんは想いを、
まっすぐに伝えたはった。おてん様も」
と言い出しました。

そして「このまま一生口もきかへん
つもりですか?今ここでお互いホンマの気持ちを
ちゃんとぶつけ合うて仲直りしとくれやす」
と頼みます。

藤吉は「ホンマ言うと焦ってたんや。
てんが苦労してんの見て。やっと二人で夢かなえて
寄席作って隼也も生まれた。

一生笑わしたるって約束したのに、俺は何してんのやて。
このままやったらアカンて、自分奮い立たせて
頑張ったけど結局家族ほったらかしや。
もういっぺん家族三人でやり直させてもらわれへんか?」
と言います。

てんは「うちもお願いがあります。お互いに愚痴は
ためずにすぐ吐き出す事です。もうかんにん袋は
要りまへん」と言いました。

てんと藤吉はありがとうを言い合って
すっかり仲直りします。
うまく行き過ぎですけど、土曜日ですからね(汗)


風太、寺ギンの味方に

寺ギンが「どないなってんのや!いつまで待たす気や」
とブチキレました!

てんが書類を渡して、寺ギンが帰ろうとすると
藤吉は「お互いの木戸銭の取り分も5分5分に
してもらいます。よろしいな?」と頼みます。

寺ギンから「お前どう思う?」と聞かれ
風太は「芸人の数が倍なるからいうて、取り分の条件
変える必要はありまへんな」と冷たいです。

トキが「あんたどっちの味方や」と怒ると
風太は「俺は正直に思うた事を言うたまでや」と言います。

トキが「京都帰らんでええんか?」と聞くと
風太は「藤岡屋は辞めよう思てる。
大阪はオモロイ。どんどん変わってく。そやから俺も
新しい事をしたいんや」と答えました。

風太とリリコ

風太がため息まじりで歩いてると
リリコが「俺がてんを一生守ったる!」と
大声を出しながらやってきます。

風太が「何やアホ!ちゃうわ!」と言うと
リリコは「アホはあんたや。全部思てる事
吐き出したらええのにな」と言いました。

風太「何やお前こそやろ!」
リリコ「うちは隼也がかわいいだけや」
風太「俺はただてんに幸せになってもらいたいだけや」

風太はリリコにからかわれているようですね。

家族三人の笑顔の食事

万々亭で、万丈目(藤井隆)が「大将が2軒目の寄席を
手に入れた事を祝うて乾杯したいと思います」
と音頭を取ります。

キースが「何であんたが偉そうに挨拶してんねん」
アサリ(前野朋哉)が「そもそも何で大阪帰ってきたんや」
と聞くと
てんが代わりに「歌子さんが恋しなって
京都から帰ってきはったんやろ?」と鋭いです。

歌子(枝元萌)は「芸妓は飽きるが
鬼嫁は一生飽きんいうてな」と
万丈目の頭をたたきました。

てん、藤吉、隼也は家族三人で
笑顔の食事を久しぶりに食べてましたね。

わろてんか ネタバレ あらすじ 感想
わろてんか キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る