わろてんか 53話 風太、寺ギンの部下に!リリコと映し鏡

藤吉(松坂桃李)が「てん、はんこどこや?」と聞くと
てん(葵わかな)は「亀さん、これお願いします」
と亀井(内場勝則)経由で渡します(汗)

堪忍袋の緒が切れてしまってから
てんは徹底的に藤吉と話さないつもりです。

キース(大野拓朗)アサリ(前野朋哉)は
離縁になったら、この寄席もつぶれると
心配していました。


トキ、藤吉に訴える

トキ(徳永えり)が、てんとのことを
どうするのか?口をきかないのか?と聞くと
藤吉は、意地を張ってるのは
てんのほうだと答えます。

トキは、てんが家族で過ごす時間を
取り戻したいだけで、一生笑わせると
誓ったのを忘れたのかと聞きました。

藤吉は、忘れる訳ない、あとちょっとの辛抱で
新しい寄席が手に入ると出かけていきます。
トキは藤吉に訴えますが、ダメでしたね。

風太の観察力

リリコ(広瀬アリス)は巾着袋が破れたので
驚いていました。
そして、ケンカしたら隼也はどうなるの?
初節句はと心配します。

てんはもう諦めた。風鳥亭を始めた頃は
よかったとため息をつきました。

一方、風太(濱田岳)はどこかの寄席で
子どもたちが受けているのを見ていました。

寺ギン(兵動大樹)のところへ戻った風太は
「オモロイ芸人見つけました!
子どもらが腹抱えてわろうてました」と報告します。

寺ギンは「子どもが喜ぶ芸人見つけて片っ端から
買うてこい。お前も見る目ができたな」
とニヤリと笑いました。
風太の観察力を寺ギンが認めたようです。

「あんたとうちは映し鏡や」

リリコは風太に、寺ギンを利用して、憎い藤吉を
困らせようとしているのかと聞きました。

風太は「俺はてんを助けたい。子守もできんし
寄席の事も知らん。そやから寺ギンとこで
寄席を勉強しようと思て」と答えます。

リリコが薬屋の手代はどうするか聞くと
風太は「藤岡屋は辞めよう思てる。奥さんの口添えで
分家して店構える話をもうたんや。ありがたかったわ。
そやけど正直どうしようか迷てる」と答えました。

リリコが「てんちゃんの事、子どもの時分から
好きやったからな」と迫ると
風太は「アホか。何言うてんねん」とかわします。

リリコは「隠さんでええ。あんたとうちは映し鏡や」
と言いました。

藤吉と栞

藤吉は栞(高橋一生)のところへ寄って
お酒を飲んで帰りたくないとぼやいていました。

栞がどうして?と聞くと
藤吉は「女は母親になると強うなってな。
いろいろ面倒なんや。結婚してへんから分からん」
と答えます。

栞は「結婚ねえ。失ってから後悔しても遅いぞ」
とアドバイスしました。


亀井、藤吉の通訳?をする

キースたちが「ごりょんさんちょっとお話が。
妙案がありますねん」とやってきたところへ
藤吉が「てん、やった!新しい寄席の本契約してきた!
これで明日から準備進められる。新しい寄席の契約書や」
と大喜びで飛び込んできます。

てんは亀井に通訳?をお願いしました(汗)

亀井「新しい寄席の契約書や言うてはります」
てん「ほな金庫へしもといて」

藤吉「何で一緒に喜んでくれへんねん。そら確かに
お前らはほっといたかもしれんけど」
亀井「ほっといたんは申し訳なかった言うてはります」

藤吉「兜の事でまだ怒ってんのか?」
亀井「兜の事はすまなんだって言うてはりまっけど」

藤吉「そんな事でいつまでもええ加減にせえ」
亀井「もうそろそろ許してほしい」

風太、寺ギンの部下に

藤吉が「黙っとれ!いや、てんは黙らんでええ。
しゃべってくれ。これで寺ギンと決着つけて…」と言うと
寺ギン本人が「俺を呼んだか?」と入ってきます。

藤吉が「小屋をもう一軒手に入れました。そやから
芸人今までの倍回してほしいんです。それにこれから
木戸銭の取り分5分5分にしてもらいます」と頼みました。

寺ギンが「オモロイ事言うようになったな。
うちの新しいの紹介するわ」と言うと
風太が登場しましたね。

わろてんか ネタバレ あらすじ 感想
わろてんか キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る