わろてんか 43話 お客さんの回転率上がるも、評判落ちる

喜楽亭文鳥(笹野高史)が風鳥亭に出演したことが
話題となり、寺ギン(兵動大樹)が芸人を派遣して
くれることとなりました。
しかし、寺ギンの7分3分です(泣)

亀井(内場勝則)が雇って欲しいとやってきました。

開業して三ヶ月、大入り満員とはいかないものの
はた目には順調な経営ができているように見えたのですが
てん(葵わかな)たちは内職を続けます。

藤吉(松坂桃李)が「お客さんは入ってるんやけど
頼んでる芸人らの給金が高うて儲けにならんのや」
と謝りました。

啄子(鈴木京香)は「入ってきても出るもんが
多かったら、商いにはなりまへんな」と言います。

りん(堀田真由)から祝言を挙げたと手紙が
来てましたね。


寺ギン、上がりのほとんど持っていく

万丈目(藤井隆)キース(大野拓朗)岩さん(岡大介)は
お客さんがたくさん入ったので、給金をたくさん
もらえると期待して事務所へ来ます。

たしかにお金はありましたが、藤吉は「寺ギンに上がりの
ほとんど持ってかれたら、あんたらの取り分大して
変わりまへんで」と説明しました。

万丈目とキースはかまわずお金を懐にいれます。
するとそこへ寺ギンが登場し、万丈目とキースが
懐へいれたお金を奪っていきました(汗)

お客さんの回転率は上がるも、評判落ちる

亀井が良い方法があると言い出します。

お客さんが入ってくると、みんな暑いと言い出し
やがて出ていってしまいました。

亀井が「あれや」と言うので、てんと藤吉が見ると
火鉢が置いてあります(笑)
亀井は「これで新しいお客さん入ってきたら総入れ替えや。
他にも手ぇ打ってますさかいな」と言いました。

亀井は万丈目に出番だと言います。
万丈目が「わしはもう出ましたで」と言いますが
亀井はそれでも出るよう指示しました。

万丈目が舞台で、うしろ面をやりはじめると
お客さんは「またうしろ面や。もう一回りしたんや。
早いな。帰ろ」と出ていきます。

お客さんの回転率は上がりましたが、評判が落ちて
お客さんが近寄らなくなってしまいます。

てんが「もしかしてこれのせいで亀井さん」
藤吉が「寄席潰してもうたんか」と気づくと
亀井は「な?アカンやろ」とやって来ました(汗)

ごりょんさんの出番です!

長屋の前で、てんと藤吉がどうしようか悩んでると
啄子が戸を開けて登場します。

啄子は「せっかくお客さんがつき始めたもんを
調子乗って追っ払うて、どういうこっちゃ!
目先の儲けばっかり考えて、大切なお客さんを失う。
しょうもない商人にありがちなこっちゃ。
悪い評判はすぐに広まりまっせ」と叱りました。

てんと藤吉が謝ると
啄子は「商いに信用は何より大事。
そんな簡単な事も分からんようでは
先が思いやられますな。
これ以上あんたらには任せておけまへんな」
と言います。

そして啄子はてんに、はんてんを出すように言って
「明日から覚悟しなはれや」と
風鳥亭のはんてんを着込みました!
ごりょんさんの出番です!

わろてんか ネタバレ あらすじ 感想
わろてんか キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る