おんな城主直虎 46話 徳川信康と瀬名の命のため、直虎と万千代動く

徳川家康(阿部サダヲ)は
嫡男・徳川信康(平埜生成)の首を差し出すよう
織田信長(市川海老蔵)から要求されます。
信康と武田の内通を疑われたのです。

岡崎城で、榊原康政(尾美としのり)が
信康を死罪とすると伝えて
平岩親吉(モロ師岡)ら岡崎衆に動揺が走りました。

井伊直虎(柴咲コウ)がやって来て
井伊万千代(菅田将暉)小野万福(井之脇海)も
気づきます。
康政から素性を問われて、直虎は万千代の養母だと答え
去っていきました。

徳川信康と瀬名(菜々緒)は史実どおりとなるのか
それともドラマオリジナルとなるのか、注目でしたね。


徳川信康、大浜城から堀江城へ

築山殿・瀬名は、直虎に助けを求めようとしますが
石川数正(中村織央)は「お帰りになりました」と答えます。

夜、直虎は宿坊にいて、南渓和尚(小林薫)から
信康を助けよと言い出すと思ったと言われました。
直虎は、井伊谷に累が及ぶのを恐れたと話します。
以前の直虎なら、確かに口を出したでしょうね。

家康は、酒井忠次(みのすけ)に命じ
岡崎衆の起請文を織田へ届けさせます。
そして万千代と万福に、大浜城へ移した信康を
遠江の堀江城へ移させました。

堀江城で、万千代は信康に、時間稼ぎをしていると打ち明けます。
家康の策は、徳川と北条の盟約を進め、盟約が成れば
武田に大きな痛手になるので、それを手土産に信康の助命を
織田に願い出ようというものでした。

梅(梅沢昌代)は気を利かせて、直虎のために
旅支度をしてくれます。
そこへ南渓と(市原隼人)が来ました。
万千代たちが信康を堀江城へ連れて行くのを
傑山が見たというのです。

瀬名と石川数正が姿を消す

万千代は浜名城へ戻り、家康に
信康が堀江城へ入ったと報告しました。

そこへ松下常慶(和田正人)が来ます。
今川氏真(尾上松也)が徳川の名代として動いていて
北条と盟約を結ぶのに半月かかるというのでした。

本多忠次は安土城へ行って、明智光秀(光石研)に
徳川信康が大浜城から堀江城へ、堀江城から二又城へ
移ったと報告します。忠次はビクビクしてましたね(笑)

浜松城の家康の元に、瀬名と石川数正が姿を消したと
報告が入ります。しかも武田勝頼との密通の証である
書状も残っていました。

本多忠勝(高島政宏)大久保忠世(渡辺哲)らは驚きますが
万千代は、信康を生かすための瀬名の狂言だと見抜きます。
家康は瀬名を見つけ次第、捕らえて首をはねるよう命じますが
万千代をこっそり呼んで、何か頼みました。

瀬名と直虎

龍潭寺の井戸端で、瀬名は石川数正とともに手を合わせ
母親や直虎が過ごした所だと肌で感じていました。
そこへ直虎がやってきます。

瀬名が去ろうとするので、直虎が止めようとしますが
数正が直虎を突き飛ばしました。
すると万千代と万福がやってきます。

龍潭寺で、万千代は瀬名や直虎に
家康は信康を助けようとしていると打ち明けました。
直虎は瀬名に、しばらく井伊谷に隠れるよう言います。

しかし瀬名は、自分の命を家康と信康のために使いたい
と話しました。
直虎は、死んでいく奴はそんなことばかり言う。
もうそんな思いをさせないでと感情を爆発させます。

瀬名は直虎に、紅入れを渡し、信康に子が生まれたら
それは自分なので、子宝祈願してと頼んで去っていきました。


瀬名と石川数正

山の中で、瀬名と石川数正も別れます。
数正が「お方様ほど美しい方を知りません」と言うと
瀬名は「なにを今さら」と笑いました。

大河ドラマでなかったら、瀬名と数正の恋が
描かれていたかもしれませんね。

瀬名は山の中で、徳川兵に捕まってしまいます。
佐鳴湖に船が待っていたので、
瀬名は「参りましょう」と言いました。

瀬名の首桶

今川氏真が北条との盟約がなったと
浜松城に駆け込んできます。

家康の前に、首桶が置かれていました。
瀬名の首桶です。万千代や家康は、瀬名を救えなかった
責任を感じていました。

徳川家康は瀬名の首桶を持って
安土城の織田信長を訪ねます。

武田と通じていたのは瀬名で、信康は何も知らなかった
徳川と北条の盟約が成ったので、徳川と織田は変わらず
関係を続けていきたいと頭を下げました。

織田信長は「そこまで言うなら、徳川殿の好きになさるがよい。
その代わり、余も好きにするがの」と去っていきます。
家康はかなり動揺してましたね。


徳川信康の自刃

天正7(1579)年9月15日、
徳川信康の自刃しました。
家康は正室と嫡男を失います。

於大の方(栗原小巻)は合掌しました。

龍潭寺の直虎は、大名が一堂に会して
盟約を結んだらいいと言うと
南渓はやってみてはとすすめます。

直虎は虎松を使って、
徳川に動いてもらうことを思いつきました。

直虎、虎松を通じて徳川を動かす

直虎は浜松城の万千代を訪ねて
瀬名の残した紅入れを託します。

そして直虎は、虎松の父を救えなかった代わりに
生きることを選んだように
虎松には信康の代わりに生きてと頼みました。

万千代が不遜だと言うので
直虎は不遜とはと笑いながら
去っていきます。

万千代は家康が1人で碁盤に向かっているので
碁盤の石をすべて払いのけました。
怒る家康に、万千代は井伊の先代は1人で碁に
向かっていたが、実は目に見えぬ相手がいたと言います。

そして負けた意味は、次に勝つためにあると
教えられたと話しました。
さらに、瀬名が見ているので、この先の徳川のために
考えましょうと瀬名の紅入れを渡します。

家康は忠勝を呼んで、岡崎へ向かわせました。

瀬名と信康は史実通りとなってしまいましたね。
もしかしたら直虎と万千代が協力して
2人を生かすのかとも思えましたが…。
直虎は虎松を通じて、徳川を動かして
いくことになりました。

大河ドラマ おんな城主 直虎 あらすじ
大河ドラマ おんな城主 直虎 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る