わろてんか あらすじ 30話 北村屋から芸人長屋へお引越し

てん(葵わかな)は藤吉(松坂桃李)に
笑いを商売にするため、寄席をやろうと
提案しました。

藤吉が、米屋が寄席をやるなんてと戸惑うと
てんは、自分が笑いに救われてきた
世の中にはもっと笑いが必要な人が
たくさんいると話します。

藤吉が納得し、てんと2人で、寄席をやりたいと
頭を下げますが、啄子(鈴木京香)は大反対しました。


徳永えりさんとしばしのお別れ

啄子は、北村屋の家と土地を手放して、
夫が遺した借金と、藤吉が作った借金を、
全部返済し、引越し代と当面の生活費を
手にします。

トキ(徳永えり)は藤岡屋へ戻ること
になりました。

トキが、てんについていくと泣くので
てんは「あんたがいると食いぶちが増えて迷惑や。
元気でな。おおきに。ずっと一緒にいてくれて。
うちはおトキが大好きや」と言います。

トキは泣いてるのに、てんは笑顔で突き放しました。
徳永えりさんとしばしのお別れですね。

北村屋の最後の晩餐

頼子(西村亜矢子)も北村屋へ呼んで
みんなで食事をします。
てんはぜいたくに食事をそろえ
最後の晩餐です。

頼子は、姉弟仲が悪かったけど
啄子が藤吉ばかりかまうので
ヤキモチ焼いていただけと話します。

頼子の嫁ぎ先が出てこないけれど
どんな家族なんでしょうね?

吉蔵(藤井隆)が引越し先が
見つかったと知らせに来てくれました。

始末 才覚 算用

てんたちは北村屋を掃除してきれいにします。
啄子は柱の傷跡を見つけ
幼かった頼子と藤吉のことを
思い出しました。

啄子は「始末 才覚 算用」の額に向かって
「信じて任せてくれはったこの店、手放す事になって
しまいました。ホンマに申し訳ございません」
と頭を下げました。

てんは啄子に「うちに、北村屋のごりょんさん修業を
させて頂けませんやろか。鍛えてほしいんです」
とお願いします。

啄子は「女中の時よりもっと厳しい修業や。
あんたらが北村の名を大阪中にとどろかすのを、
この目で見届けるまで、居座らしてもらうわ」
と受け入れてくれました。

芸人長屋という貧乏長屋

やがて吉蔵に案内されて
てん、藤吉、啄子は引越し先の長屋へ到着します。

キース(大野拓朗)と初めて見る顔がいて
ようこそ芸人長屋へと迎えてくれました。

売れない芸人が集まった貧乏長屋で、
波乱の幕開けですね(泣)

わろてんか ネタバレ あらすじ 感想
わろてんか キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る