おんな城主直虎 あらすじ 44話 井伊谷のばら

浜松城で、井伊万千代(菅田将暉)小野万福(井之脇海)の
甲冑着初め式が行われました。
徳川家康(阿部サダヲ)も満足そうな笑顔です。

徳川軍が武田の田中城を攻めることになり、
万千代はいよいよ初陣かと期待してましたが、
酒井忠次(みのすけ)榊原康政(尾美としのり)は
寝所へ戻るよう命じます。

本多忠勝(高島政宏)は、万千代は家康の
大事な色小姓と笑いました。
万千代は、軍議に参加できると思っていたので
がっかりします。

一方、松岳院で井伊直虎(柴咲コウ)と話していた
祐椿尼(財前直見)が苦しみだしました。心配ですね。
直虎の出番が少なく、万千代がメインなので
「おんな城主直虎」でなく「日の本一の小姓万千代」です。


徳川信康の近習・近藤武助

寝所で、万千代が万福に元服をお願いしたいと話してると
徳川信康(平埜生成)が麦門冬をわけて欲しいとやってきます。
信康は近藤武助(福山翔大)を連れていました。

万千代は信康に、元服のことを家康に口添えしてと頼みます。

夜、居眠りしていた万福を、万千代は槍の柄で軽く突いて
起こしました。そして万千代は突然走り出し
陣幕のところへ行きますが、誰もいません。
何か気配を感じたようです。
万千代が戻っていくと、人影が見えました。

報告を受けた家康は、万千代たちに
寝所へとどまり、怪しい輩を捕らえるよう命じます。
万千代は「殿は俺を飼い殺しするつもりか。
もう4年も小姓のままではないか」
とため息をつきました。

気持ちを切り替えた万千代は、陣中を見張り、罠を作って
夜に備えます。そして薬箱のとめひもを
じっと見つめました。何かに気づいたようです。

井伊万千代、近藤武助を捕らえる

夜、家康が寝所へやってきますが
井伊万千代は眠ったまま動きません。
家康と万福が声をかけても起きないので、
代わりに薬湯を作ってくれる者を呼びました。

近藤武助がやって来ます。
万福は薬湯を作れないのかな?

武助が薬箱を開けて、1つの袋に入っている薬を取って
薬湯を作って、家康に差し出しました。
すると万千代が目を覚まして
武助の腕を取って「そなた毒味をしてみよ」
と迫ります。

武助が刀を抜いて、攻撃してきたので
万千代は家康をかばって、背中を斬られてしました。
しかし、万千代は武助を捕まえます。

榊原康政に事情を聞かれて
万千代は薬箱のとめひもが
いつも蝶結びにしていたのに、片結びだったので
何者かが、自分のせいにして、家康を殺そうと
していることに気づいたと説明しました。

祐椿尼、倒れる

なつ(山口紗弥加)が白い頭巾をして
直虎と祐椿尼をたずねてきて
万千代と万福が初陣を飾ったと知らせてくれます。
初陣のシーンなかったのに、いつの間に・・・?

祐椿尼が苦しみだして、褥に横たわり
昊天(小松和重)が診察します。
直虎は親孝行してなかった事を後悔してると
南渓和尚(小林薫)に相談しました。

梅(梅沢昌代)が祐椿尼の看病を続けます。


井伊万千代に一万石!

井伊万千代は家康から一万石を賜り、驚きました。
万千代と万福が廊下を歩いてると、鈴木と都筑と田中が
寝所で手柄を立てたらしいと笑っているのが聞こえます。

寝所へ帰ってから、万千代と万福は、元服しても
直虎は万千代に譲ってくれないのではと話しました。

瀬戸方久(ムロツヨシ)あやめ(光浦靖子)は
祐椿尼のために長春の苗木を持ってきてくれます。

直虎は、しの(貫地谷しほり)から
一万石のことをはじめて聞いて、驚きました。
万千代は直虎に連絡してなかったようです(汗)

祐椿尼は最後に会いたい人がいると
南渓に文を託しました。万千代ですね。

直虎は近藤康用(橋本じゅん)を訪ねて
万千代が一万石を賜ったが、井伊家を再興する
つもりはないと話します。
直虎はすっかり百姓になってしまいましたね。

井伊直虎 VS.井伊万千代

直虎が龍潭寺へ帰ってくると
万千代と万福が来ていました。
万福や祐椿尼が気を利かせてくれ
直虎と万千代2人きりにしてくれます。

2人は井戸端に移動して
一万石について話し合いました。
万千代は、知行が増えたので
松下家にいる小野の者を受け入れると言います。

直虎が、井伊家を再興させるような
波風を立てないで欲しいと言うと
万千代は誇りを持って欲しいと怒ります。

近藤に但馬を殺され、井伊谷を奪われたのに
井伊谷を取り戻して、何が悪いのか!
力の証として、土地を押さえるというのです。

直虎は家督は決して譲らないと言うと
万千代は力ずくで引き剥がすと言い返し
井伊直虎 VS.井伊万千代です。
井伊万千代の方が筋が通ってますね。

松岳院へ行った直虎は
母上が会いたいと頼んでくれたのかと感謝します。
祐椿尼は役に立ってよかったと笑顔を見せました。


財前直見さん、お疲れさまでした

やがて祐椿尼が息を引き取ります。
祐椿尼はみな一人ひとりに文を残していて
中野直之(矢本悠馬)奥山六左衛門(田中美央)
たちも泣いていました。

財前直見さん、お疲れさまでした!
長春に赤い花が咲いて
傑山(市原隼人)がその花を見つめました。

井戸端で、南渓は直虎に、虎松が若いので
助けてやって欲しいと頼みます。
しかし直虎は、虎松は助けがいらぬようですと
険悪な感じでした。

徳川信康と瀬名

浜松城の主殿で、万千代と万福は
末席に加わることが決まります。

家康の家臣たちが、色小姓として
のし上がったと誤解しているので
万千代は背中のキズを見せ
あいさつしました。

岡崎城の徳川信康に、石川数正(中村織央)が
近藤武助の処分のことを報告します。
築山殿・瀬名(菜々緒)は紅がないことに気づきました。

次回予告に織田信長(市川海老蔵)が登場し
悲劇の予感ですね。

大河ドラマ おんな城主 直虎 あらすじ
大河ドラマ おんな城主 直虎 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る