わろてんか あらすじ 25話 藤井隆さん 枝元萌さん 初登場

北村屋に、男が訪ねてきました。
阪田マサノブさんです。
大河ドラマ「おんな城主直虎」で
井伊谷三人衆・菅沼忠久を演じてましたね。

不動産屋(阪田マサノブ)は、家と土地を、
売って欲しいと言ってきます。
啄子(鈴木京香)はきっぱり断りました。

不動産屋が帰っていくと
啄子は、てん(葵わかな)に名刺を渡し
「火鉢にくべるか、鼻紙にでも使たり」
と言いました。


てん、藤吉を笑顔にする

藤吉(松坂桃李)が台帳を出して
どうしてこんなに借金があるのかたずねます。

啄子は答えようとしないので
藤吉は借金をなんとかして店を立て直したら
てんを嫁として認めてと交換条件を出しました。

藤吉が出かけていく時、厳しい表情だったので
てんは笑顔を作って、そんな怖い顔してたら、
ご新規さんが見向きしないと笑います。

藤吉は笑顔になって、出かけていきました(笑)
しかし、お米の営業はうまくいきません(泣)

番頭・又八、ライバルの天野屋へ

そんな中、番頭・又八(井之上チャル)が
ライバルの天野屋に移ると言い出します。

前々から天野屋の婿にならないかと誘われていて
天野屋の分家を出させてもらえるというのです。
北村屋にいては、のれん分けもさせてもらえそうにない
と付け加えました。

啄子は帳場から札束を出して、紙に包んで
又八に渡します。びっくりする又八に
啄子は「今まで世話になった礼、慰労金と餞別や。
ケチケチせんと送り出すのがわての流儀です」
とかっこよすぎです!

藤吉と啄子、新たな出発

藤吉が弱気になると
啄子は借金は、夫がおなごにうつつを抜かして
作ったものだと打ち明けました。

藤吉と啄子は、北村屋の従業員を集合させ
「番頭さんがおらんようになって、
みんな動揺してる事やと思う。
そやけど、俺がこの店の主や。
みんな、ついてきてほしい」と話します。

藤吉と啄子は、新たな出発を宣言しました。
松坂桃李さん、かっこよかったです。

藤井隆さん 枝元萌さん 初登場

藤吉は街で、万丈目吉蔵(藤井隆)
歌子(枝元萌)に出会い
再開を喜び合います。
昔の芸人仲間のようです。

キース(大野拓朗)もなぜか登場し、
藤吉と吉蔵とで話します。

藤吉は、てんは女中扱いで、借金はある上
番頭に裏切られてしまったことを打ち明け
店を立て直し、啄子に認めて欲しいと相談しました。

キースは「よっしゃ、任さんかい。
ええ儲け話あるで」と、
大野拓朗さんはカメラ目線です。
大丈夫でしょうか?(汗)

わろてんか ネタバレ あらすじ 感想
わろてんか キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る