おんな城主直虎 あらすじ 43話 恩賞の彼方に

長篠の戦いで、徳川織田連合軍が武田騎馬軍団を破りました。
徳川家康(阿部サダヲ)は井伊万千代(菅田将暉)の功績を認め
小姓にしてくれます。

寝所で、家康は色小姓にならぬかとからかうと
万千代は働きをもって報いたいと答え、
常の小姓ということに落ち着きました(笑)

前回あたりから主役は井伊直虎(柴咲コウ)でなく
井伊万千代となっていますよね。

瀬戸村の甚兵衛(山本學)が家の外へ出ると
大量の水が流れているのに気づきます。


万千代、家康の手柄あらためを手伝う

榊原康政(尾美としのり)が、万千代と
小野万福(井之脇海)が小姓となったと伝えました。

しかし小姓頭・小五郎(タモト清嵐)犬丸(三村和敬)
釜吉(百瀬朔)弥七郎(長村航希)たちは
万千代たちを無視し、仕事を与えようとしません。

そこで万千代は直接家康に仕事を与えてと頼みます。
家康は長篠の戦いなどの手柄あらためを手伝うよう命じました。
武家それぞれが、戦いでどんな武功を上げたか申し出て
働きが認められれば、知行や恩賞が与えられるのです。

浜松城に、岡崎や浜松の国衆だけでなく、
元今川の国衆たちも一気に押し寄せてきます。

本多正信(六角精児)だけで玄関対応していたので
万千代と万福は手伝いに行ました。
正信以外に、新しい草履番は補充されなかったようです。

万千代の提案

甚兵衛から知らせを受けて、直虎は奥山六左衛門(田中美央)
傑山(市原隼人)昊天(小松和重)と山へ入りました。
長篠の戦いの馬防柵を作るため、木を切り出したところへ
大雨が降ったので、山崩れが起こったのです。

浜松城の家康は、酒井忠次(みのすけ)
本多忠勝(高島政宏)榊原康政らとともに
国衆たちの手柄を聞きます。

朝比奈泰勝(ヨシダ朝)が武田家の内藤昌豊を討ち取ったと
長々と話すので、忠次たちはうんざりしてました(汗)

万千代は、ひめはぎという薬草を家康のもとへ持っていきます。
小五郎がにらんできますが、万千代は笑ってかわしました。
家康は薬に興味があると言って、毒味もせず飲んでくれます。

国衆たちの手柄が書いた紙が散乱しているのを見て
万千代は、大まかに比べたものを作りましょうかと提案しました。
縦に家の名を並べ、横に首の数を書くというのです。
家康は任せてくれましたね。

万千代、表と絵図を描く

翌朝、万千代は家康に起こされます。
大きな紙には、大まかに比べた表が出来上がっていました。
Excel のようなものは、いつの時代からあったのでしょうね?

万千代が乱れた髪で、家康の部屋から出てきたので
小五郎は「おぬし!」とびっくり。
万千代は髪の毛を整え、去っていきました(笑)

万千代が、家康は薬に興味があると伝えると
万福はおとわに頼んで、薬を取り寄せたらと言います。
しかし万千代は、虎松から返り討ちにあうことを
警戒しました(笑)

榊原康政は、武功を上げたのは浜松が多いと報告すると
家康は、岡崎には泣いてもらうしか無いと苦しい表情です。

松下常慶(和田正人)が万千代のところへやってきます。
井伊から土砂止めの指示をして欲しいと頼んできたので
絵図で指示を出すことになり、絵がうまい万千代に
協力を依頼しに来たのです。

万千代は常慶に、やる代わりに、お礼として薬が欲しいと
松下から井伊にお願いしてと頼みました。

万千代の絵

龍潭寺、はげ山に松を植える絵図が届いて
六左衛門は万千代が描いたと見破りますが
南渓和尚(小林薫)はとぼけます(笑)

直虎は何となく気づきますが
常慶の求めに応じ、薬を渡すことにしました。

直虎は近藤康用(橋本じゅん)を訪ねて
普請の話を伝えます。

近藤は銭がかかると渋い顔でしたが
直虎が臨済禅師の「巌谷に松を植える」という言葉をあげ
近藤の名を残すことができるとおだて
近藤を動かしました。

瀬戸村では、新たな普請に八助(山中崇)角太郎(前原滉)
富介(木本武宏)福蔵(木下隆行)が大反対します。
しかし甚兵衛の鶴の一声で、普請をすることに決まりましたね。


万千代、色小姓になる(汗)

常慶が万千代のもとに、井伊の薬を届けてくれます。
さらに瀬戸方久(ムロツヨシ)からは南蛮のサボンも
ありました。

夜、万千代と万福が家康のところへ薬を持っていこうとすると
廊下で小五郎たちが止めに入ってきます。
万千代が「それがしは殿のご寵愛を頂いたぞ」と叫ぶと
小五郎たちは動揺しながら、下がっていきました(汗)

寝所で、万千代から話を聞いた家康は「色小姓となったか」
と笑います。そして直虎は無欲で、井伊の民のことを
第一に考えているので、信用できると話しました。

そして家康は万千代に、岡崎へ行って
今回の仕置きの手応えを見てきて欲しいと命じます。

清風払明月、明月払清風

岡崎城へ行った万千代は、徳川信康(平埜生成)
瀬名(菜々緒)石川数正(中村織央)と面会しました。
万千代がザボンを渡すと、瀬名は好感触で、
母親の実家が井伊だと笑顔になります。

万千代が、今川勢に諏訪原城を与えることになったと言うと
数正は、平岩親吉に与えるべきと不快感を表しますが
信康は、岡崎は耐えことにすると賛成してくれました。

井伊谷の山で、直虎や甚兵衛たちは松の苗木を植えます。
甚兵衛は「清風払明月、明月払清風」と直虎が話した言葉を
覚えてくれていました。
直虎は「甚兵衛の松じゃ」と言い
甚兵衛が恥ずかしいと照れるので
みんなが笑います。

万千代は浜松城へ戻り、家康に信康のことを伝えました。
家康はご機嫌で、10年後には信康に
後を任せられると笑顔になります。

甚兵衛の旅立ち

龍潭寺、南渓が虎松が小姓になったと言うと
直虎は絵図は役に立ったと伝えてと頼みました。
直虎は万千代のことをお見通しだったようです。

今川に諏訪原城が与えられると知って
忠次、忠勝は怒ります。
家康は駿府城攻めのためと説明すると
康政は理にかなっていると納得しました。
康政は万千代の力量を認めたようです。

家康が縁側で囲碁を打っている横で、
万千代は薬研を使って、薬種をひいてました。

天正6(1578)年、松は三尺三寸に伸びてました。
直虎は「聞いておるか?甚兵衛」と空に話しかけます。
甚兵衛は旅立ったようですね。

直虎が龍潭寺へ戻ると
南渓の横に、なつ(山口紗弥加)がいました。
万千代と万福が初陣を迎えるので
髪を下ろすというのです。
次回はいよいよ井伊万千代の初陣ですね。

大河ドラマ おんな城主 直虎 あらすじ
大河ドラマ おんな城主 直虎 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る