わろてんか あらすじ 14話 藤吉の手紙は全部作り話

てん(葵わかな)は、リリコ(広瀬アリス)から話を聞いて
ショックを受けます。

藤吉(松坂桃李)がウソをついていて
手紙も全部作り話だというのです。

りん(堀田真由)トキ(徳永えり)も
てんから聞いて、驚きました。

儀兵衛(遠藤憲一)がお見合い写真を持ってきて
気に入った婿さんおるかと聞きますが
てんはよくわからないと答えます。

ハツ(竹下景子)は一緒に暮らしてみないとわからないと言い
しず(鈴木保奈美)は儀兵衛を最初は堅物と思っていたが
結婚してよかったと言います。


てん、藤吉のウソを知る

てんは藤吉のことが気になり、楽屋を訪ねて行きました。

キース(大野拓朗)が声をかけますが
てんは無視して、藤吉のところへかけより
手紙のことはみんなウソなのかと問い詰めます。

藤吉は、手紙に書いた気持ちにウソはないが、
芸はまったく受けずに、諦めて家に帰って
旅しているフリして手紙を書いたと打ち明けました。

藤吉の芸に、お客さんはまったく興味を示してない
映像が流れてましたね(泣)

藤吉の本名は北村藤吉郎で、大阪船場の
米問屋のぼんだとリリコが教えてくれます。

藤岡屋へ帰ったてんが、藤吉のことを話すと
トキとりんは「跡取りの長男と長女なんて、禁断の恋や」
とうっとりしてました(笑)

キース、大イタチでひと儲けを企む

藤吉が元気がないので、キースはひと儲けして
良いものを食わせてやると言い出します。

キースは小屋を立てて「さあさあ、寄ってらっしゃい
見てらっしゃい。ここにある丹波の山で取れた大イタチ!
お代はたったの10銭や!」と宣伝しました。

お客が銭を払って、中へ入ると、
大きな板に、赤いペンキが塗られてます。
大板血でした(汗)

藤吉とキース、藤岡屋の蔵へ

てんとトキはくすり祭りに来ていて、
藤吉とばったり出会います。

てんは逃げようとすると、
キースが男たちに追われてきました。
許可なしで商売していたので、睨まれたのです。
だまされたお客さんも怒ってると思うんですけど(汗)

藤吉はてんたちをかばおうとして
ケガをしてしまいました。

てんとトキは、藤吉とキースを藤岡屋の蔵へ連れてきて
手当をします。

そこへ無表情の風太(濱田岳)がやって来ましたね。

わろてんか ネタバレ あらすじ 感想
わろてんか キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る