わろてんか あらすじ 13話 海原はるか師匠 海原かなた師匠登場

てん(葵わかな)藤吉(松坂桃李)は
運命の再会を果たしましたね。

てんはべっぴんさんに成長してましたが、
白い文鳥の人形のついた鈴を落としたので、
藤吉は気づいてくれます。

藤吉が南北亭でトリ務めてから、引っ張りだこだと言うと
てんは南北亭へ行ったが、出てないと言われたと話しました。
藤吉は、八卦で方角が悪いと占いが出たとごまかします。

風太(濱田岳)がやってきて「どこの馬の骨ともわからん、
泥棒芸人とつきあうな」とてんを連れて帰りました。
リリコ(広瀬アリス)が怖い顔で見てましたね(汗)


藤岡屋は洋薬の専門店になる

藤岡屋は新しい船出をして、洋薬の専門店となります。

平助(国木田かっぱ)が「これも新一坊ちゃんと、
伊能様のおかげどすな」と言うと
儀兵衛(遠藤憲一)は「あとは、てんに立派な婿さんが
来てくれたら、万々歳や」と笑いました。

風太はドイツ語の勉強をはじめます。
ハツ(竹下景子)は伊能栞(高橋一生)の写真を持ち
「こんなええ条件の婿はん、どこ探してもいてはらへんえ」
と言うと、
風太が手を上げるので、トキ(徳永えり)がたたきました(笑)

しず(鈴木保奈美)は急がなくていいと言いますが
儀兵衛は、てんに一刻も早く婿を取って、
家を継ぐよう期待します。

りんにも縁談話が来る

てんではなく、りん(堀田真由)を嫁に
という話が来ました。

儀兵衛はあれこれ条件をつけてる場合じゃないと
5通の釣書を、てんに持ってきます。

てんは、りんとトキに、藤吉と神社で再会したと
打ち明けました。

娘義太夫のリリコ、大人気

藤吉が、てんと再会したことを話すと
キース(大野拓朗)は「運命以外ないやろ。
幾とせの時を超え、出会た祭りで偶然再会。こら運命や」
と言い出します。

リリコは「なにが運命や。そんなに運命いうんやったら、
八卦で2人の相性占うてもろたらええんちゃうん?
ええ八卦見いてるから、紹介するで」と話しました。

娘義太夫のリリコが語る浄瑠璃は大人気です。
リリコが落としたかんざしに、男たちが飛びついてましたね。


海原はるか師匠 海原かなた師匠登場

海原はるか師匠と海原かなた師匠の八卦見が並んでいます。
朝ドラですっかりおなじみですね。

藤吉は、海原かなた師匠の八卦見に見てもらうと
「これはアカンわ。その女との再会は大凶の相と出ておる」
と言われてしまいます。
実は、八卦見はリリコからお金をもらっていたのです。

やがて、トキがてんとりんを連れて
海原はるか師匠の八卦見のところへ来たので
藤吉は隠れて、様子を見ました。

5枚の写真を見せると八卦見は
「これもアカン。これもアカン」と言って
てんの顔をのぞいて
「あんたほかに好きな人おるやろ?
それが運命の相手や」と見抜きます。

トキは「おてん様が、ずっと恋してはったお手紙の君や。
旅芸人さんが運命のお人なんや」とてんに話すのを
藤吉も聞いてましたね。

リリコVS.てん

街中で、リリコがてんに声をかけてきます。

リリコは、藤吉がウソをついていて
とうの昔に芸人をやめ、大阪のうちに帰っていた。
手紙も全部作り話だと話しました。

リリコが、てんにケンカをふっかけてきましたね。

わろてんか ネタバレ あらすじ 感想
わろてんか キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る