おんな城主直虎 あらすじ 40話 天正の草履番

松下虎松(菅田将暉)は、井伊万千代
小野亥之助(井之脇海)は、小野万福という名を
徳川家康(阿部サダヲ)から与えられます。

しかし、家康の小姓でなく、草履番にさせられて
しまいました。
松下常慶(和田正人)らが虎松が松下から井伊に
名を変えることに大反対してきます。

そこで家康は酒井忠次(みのすけ)と相談して
井伊を名乗るなら、草履番から始めさせることに
したのです。

榊原康政(尾美としのり)は家臣たちに
万千代と万福が草履番になったと紹介します。
万千代は名前を書いた名札を突き出しました!


しの、常慶たちの怒り

しの(貫地谷しほり)が血相を変えて龍潭寺へ
やってきます。松下源太郎(古舘寛治)は
ショックで寝込んでしまったと言いました。

南渓和尚(小林薫)は井伊家の再興は
虎松から言い出したことだととぼけ
井伊直虎(柴咲コウ)は井伊家の再興を
もう望んでいないと言います。

直虎があまりにも井伊家再興に
興味がないのが不自然ですね(汗)

浜松城の玄関で、家康の家臣たちがどっと押し寄せてきて
万千代と万福は草履出しで、てんてこ舞いになります。
最後に来た本多忠勝(高島政宏)は、羽柴秀吉の草履取りの話をして
やさしく2人を励ましてくれました。

常慶も近藤も井伊家再興に不満

常慶が不満顔で万千代のもとへやってきます。
奥山六左衛門(田中美央)から聞いて
万千代のほうから家康に井伊家再興のことを
頼んだと知ったのです。

常慶は、しのたちのクレームの文を万千代に渡し
草履をとんでもない方向へ投げ捨てます。
クールな常慶は相当怒ってました(汗)

夜、万福から文を読まないのか聞かれますが
万千代は読んだら松下に戻したくなると断ります。

近藤康用(橋本じゅん)も井伊家再興に怒っていたので
直虎は自分にはそういう気持ちはないとなだめました。

井伊直虎、浜松城へ

直虎が龍潭寺へ帰ってくると、昊天(小松和重)が
常慶が来てると知らせてくれます。
常慶は、家康もタヌキだと
相当イラついていてました(汗)

祐椿尼(財前直見)梅(梅沢昌代)は
亡くなった井伊家の人たちのことを思うと
井伊家再興はめでたいことだと言います。

祐椿尼たちの方が正常で、直虎はちょっと変ですよね。
直虎は虎松を説得するため、浜松城へ向かいました。

今川氏真(尾上松也)は京の公家の屋敷にいて
晴れ晴れとしています!
朝比奈泰勝(ヨシダ朝)が相国寺から文を持ってきました。
織田信長(市川海老蔵)が氏真に、蹴鞠を見せろと
要求してきたのです。

井伊直虎、徳川家康と話す

浜松城の玄関で、万千代と万福が働いていると
直虎と常慶が来ました。
万千代は直虎のことをただの百姓だとバカにし
説教を聞きたくないと顔も見ようとしません。

家康が通りかかってきて、直虎と話したいと声をかけます。
家康は直虎と会うのは2度目でした。
牢に閉じ込められていた直虎に、家康は土下座するよう
後ずさりしていってましたね。

家康は虎松を井伊万千代にした訳を3つ話します。
1つ目は、井伊家再興をできずきいた自分の気持ちを
解き放ちたいこと。
2つ目は瀬名(菜々緒)の願いを叶えてあげたいこと。
3つ目は一番の理由で、万千代を武将として育てたいこと
でした。

虎松が松下家を継げば、家臣たちから温かくされるが
井伊家を継げば、今川家の元国衆をたたかれ
万千代が奮いったってくれると家康は考えたのです。

今後、三河州以外にも出世の道を開くので
万千代にはそのさきがけとなって欲しいというのでした。


万福、直虎に万千代の気持ちを伝える

万福が直虎と常慶に話があると声をかけてきて
万千代の気持ちを伝えます。

虎松(寺田心)が井伊家を守っていくと話してから
ずっとそれまで、万千代の心はぶれてなかったのでした。
そして万福は直虎に、思うように生きてと言ったのだから
見守って欲しいとお願いします。

常慶とともに直虎は玄関に来ると、万千代に
名札を靴箱にはりつけたらとアドバイスだけして
浜松城から去っていきました。

万千代がのりが欲しいと頼むと
万福がのりの入れ物をスーッとすべらせ
万千代の前にピタリと止めます。
万千代は何かにひらめきました!

直虎は常慶とともに松下家へ寄ります。
しのは虎松が井伊家を継いだことに怒ってましたが
常慶も、源太郎もそんなに怒ってませんでした。
源太郎は最後まで虎松の親だと言います。
本当に良い人ですね。

夜、なつ(山口紗弥加)と直虎は
小野政次(高橋一生)のことを振り返りながら
直虎と亥之助が、井伊と小野を名乗っていく
これからが楽しみだと話しました。

龍潭寺で、南渓が家康はどんな男だったかと聞いてきます。
直虎は、ああいう人を非凡なる凡というのではないでしょうか
と高評価をしました。

松下源太郎、本当に良い人

浜松城の玄関の万千代は、家臣たちが来ると
万福から受け取った草履を床にすべらせて
ピタリと家臣の前へ止まらせます。

鈴木様、都筑様、田中様と名前も間違えません!
家康も感心して見てましたが
康政は見事すぎて、代わりが見つからないと言い出します。
そこで康政は万千代に、新しい者を草履番として育てたら、
お役御免にすると命じました。

やがて、松下常慶と松下源太郎がやって来ます。
万千代が顔を引きつらせていると
源太郎は「井伊と松下が一蓮托生となって進んでいく
ことになった。よい働きを頼むぞ、井伊万千代殿」
とポンと万千代の肩をたたきました。

松下源太郎、本当に良い人ですね。
ジーンと来ました。万千代も涙ぐんでいます。

織田信長と武田勝頼の動き

相国寺、今川氏真は、織田信長の前で蹴鞠を披露しました。
嘆く朝比奈泰勝に、氏真は「なにも戦ばかりが
仇の取り方ではあるまい」と笑います。

一方、武田信玄(松平健)亡き後、
武田勝頼(奥野瑛太)が初登場しましたね。

大河ドラマ おんな城主 直虎 あらすじ
大河ドラマ おんな城主 直虎 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る