わろてんか あらすじ 5話 てんが儀兵衛のバケ猫を退治する

朝食の時に、サエ(徳田尚美)がしず(鈴木保奈美)に
「今朝もやっぱりお酒がのうなってました」と報告します。

風太(鈴木福)が「わてやあらしまへんで」と否定すると
ハツ(竹下景子)は「やっぱりバケ猫どすな」と言いました。

てん(新井美羽)と風太は歩きながら話します。
風太が「今晩こそ、バケ猫捕まえような」と声をかけますが
てんはしゃべりません。

てんは儀兵衛(遠藤憲一)に言われたとおり
絶対笑わないと決めたのです。

あさイチのプレミアムトークに遠藤憲一さんが
出演してました。エンケンさんは怖い顔だけど、
やさしい面白い人で、ギャップが魅力的でしたね。


うちのせいで、お父はんが化け猫になった

てんが帰ってきますが、元気なく2階へ行ってしまったので
しずが追いかけて、話しました。

てんは「うちのせいや。うちのせいで、お父はんが
化け猫になってしまった」と泣き出します。
しずは「お酒の事やな?」と見抜いていました。

てんは「お父はんは飲まはらへんのに
パーティをめちゃくちゃにしたさかい」と責任を感じます。

しずは儀兵衛について話しました。
儀兵衛は、新一のためにドイツの薬会社と取り引きしたい
と思っているが、うまくいかずお酒を飲むようになったのです。

てんが「やっぱり、うちのせいで」というと
しずは「それは違うえ。お商売にはいろんな駆け引きが
ありますのや。そやからあんたが気にすることあらへん」
と話します。

てんと風太、ドイツ人社長に謝る

てんと風太がホテルへ行くと
ちょうとドイツ人社長と娘が階段を
降りてきました。

社長が「こで何をしているんだ?」とドイツ語で聞くと
てんは土下座し「すみまへんどした」と謝ります。
そして、チョウがリボンみたいで楽しかった
儀兵衛を見捨てないでとお願いしました。

風太も帽子を取って、土下座します。

新一、儀兵衛に跡を継ぐと話す

藤岡屋で、新一(千葉雄大)は儀兵衛に
薬学を学んで跡を継ぐので心配しないで
日本で薬を作る先駆者になりたいと話しました。

儀兵衛が廊下を歩いてくると
てんと風太が待っていて
ドイツ人社長に会って来たと言います。

そして、てんは「お父はん、すんまへん。
うちのせいで、お父はんが化け猫に。
お父はんが、お酒を」と言うと
儀兵衛は「よっしゃ」と台所へ向かいます。


てんがバケ猫退治してくれたわ

儀兵衛が台所に来て、戸棚を開け、酒びんを出し、
中にあるお酒をどんどん捨てていきました。

しず、ハツ、サエ、平助(国木田かっぱ)たちは
どうしたのかとびっくりします。

全部の酒びんを空にすると、儀兵衛は「これでもう二度と、
うちに化け猫は出てこれへん!てんがバケ猫退治してくれたわ」
とてんを抱き上げました。

そして儀兵衛は「笑ってよし。だが笑い過ぎたらいかん」
と笑い、てんも笑います。
風太が「よっしゃ!これで腹いっぱい笑えるで」と笑うと
みんなも笑い、儀兵衛は「笑い過ぎや」と笑顔になりました。

藤吉、大ブーイングを受ける

みんなで神社へ参拝しに行きます。
帰りに、てんはりんと風太と歩いてましたが
音楽が聞こえてきて、1人で演芸場へ行きました。
木戸銭をちゃんと払ってましたね。

俄(にわか)と呼ばれるコントをやってましたが
途中で、猪のかっこうをした藤吉(松坂桃李)が
飛び出てきました。

そして大ブーイング!藤吉は「義士、いでよ」を
「猪、いでよ」と聞き間違えてしまったのです(泣)

わろてんか キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る