ひよっこ ネタバレ 154話 谷田部家のフラワームーブメント

みね子(有村架純)は、お花畑が広がってるので
「何これ!」とびっくりします。
実(沢村一樹)美代子(木村佳乃)が迎えてくれ
ポットマムという西洋菊だと教えてくれました。

進(高橋來)から驚いた?と聞かれ
みね子は驚いたと答えると
進と宗男(峯田和伸)は「やったね」と喜びます。

ちよ子(宮原和)から良い匂いがすると言われ
みね子は、いい香りと笑顔になりました。
茂(古谷一行)もやってきます。

実は、みね子に見てもらいたかったと言いました。
宗男は「谷田部家のフラワー革命だっぺ」と叫びます。


谷田部家のフラワームーブメント

谷田部家、実は図面を広げて、
みね子にポットマムについて説明しました。
宗男が、花は平和の象徴で、アメリカでロックが起こり
フラワームーブメントと呼ばれ
サンフランシスコで流行っていると言います。

みね子は「花のサンフランシスコ!」と
早苗(シシド・カフカ)が龍二(古市コータロー)と
サンフランシスコへ行ったと話しました。
2ショット写真の手紙が届いてましたね。

実はポットマムが谷田部家を変えるので
今月から仕送りしなくていい
これからのことは自分で考えてと話します。

茂が「長い間ご苦労様だったな、ありがとう」と頭を下げると
実、美代子、進、ちよ子も「ありがとう」と頭を下げました。
宗男は涙を流し、拍手すると
みね子は「やめて、恥ずかしいから」と照れます。

よろしくね、谷田部家を

みね子は1人でポットマムの畑を歩きながら考えました。
「なんか不思議な気持ちでした。あんな風にみんなに
ご苦労様、ありがとうって言われて、うれしかったけど

でも、なんだか急にもういいって言われて、放り出された
気持ちになって、それにばかみていだけど、この花に
私が負けたみたいな気持ちになって。

私の代わりに、あんたらががんばんだね。
よろしくね、谷田部家を。よろしくお願いします」
と頭を下げました。

みね子の里帰りと谷田部家の新しい門出に乾杯

夜になると、きよ(柴田理恵)高子(佐藤仁美)
征雄(朝倉伸二)太郎(尾上寛之)が
里芋をおみやげにやってきます。

君子(羽田美智子)正二(遠山俊也)は
おはぎを持ってきてくれました。
豊作(渋谷謙人)は牛の世話のため来れません。

実が「みなさん、今日はありがとうございます。
みね子の里帰りと、谷田部家の新しい門出つうことで」
とあいさつして、乾杯します!


時子、女優として世津子と共演

みね子が「最近、時子と連絡取れてないんだ」と話すと
君子は「私の娘だから女優になれると思ってた」
と調子いいです(笑)

その時子(佐久間由衣)は病院の応接室に入ってきて
椅子に座っている世津子(菅野美穂)と対峙していました。

時子「院長、私に任せていただけませんか?」
世津子「何を言ってるのかしら?
そんな口効くの100年早いわよ」
時子「残念ながらあなたのやり方は古い。
あなたの時代はもう終わったんです」

「カット!OK!」と監督の声がかかり撮影終了です。

世津子「よかったよ、今の。女優としての私のこと
言われてみるみたいでドキッとした」
時子「約束果たせてよかったです。一緒に仕事することが
あったら、よろしくお願いしますっていう」

世津子「真剣勝負しよう。そうすれば良い作品になる」
時子と世津子は笑顔で話しました。

2つの大丈夫

谷田部家では、きよと高子が言い争いが始まりそうになり
険悪な空気になりましたが、高子が譲って、笑いになります(汗)

次郎(松尾諭)がスーツでネクタイ姿で登場しました。
実が「次郎には花のことで手伝ってもらったんだ」と言いますが
茂は「選挙で投票すっかどうか別問題だ」と冷たいです(笑)

次郎の「来るべき村長選挙の折には…」という
あいさつの途中で、乾杯!!!

高子が秀俊(磯村勇斗)のことを言い出し
きよが「みね子の男か?」と聞きます。
みね子が「男って。まあね」と認めると
盛り上がりました。

みね子は、実の大丈夫、そして自分がいなくても大丈夫
という2つの大丈夫を実感してましたね。

連続テレビ小説 ひよっこ ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 ひよっこ キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る