ひよっこ ネタバレ 153話 みね子、実から手紙をもらい奥茨城へ

1968/昭和43年、高度成長の真っただ中
日本は世界2位の経済大国になりました。
この物語が始まってから4年が経ったのですね。

みね子(有村架純)はスコッチエッグの注文を受け
「エッグツー、お願いします」と厨房に伝えると
秀俊、元治(やついいちろう)省吾(佐々木蔵之介)
が「エッグツー」と元気に返しました。
鈴子(宮本信子)は笑顔です。

お休みの日に、みね子は秀俊(磯村勇斗)とデートします。
レストランでカレーを食べて
みね子は「どっかで食べたことある。懐かしい味」と
つぶやいていると和夫(陰山泰)が再登場します。
和夫さんのカレーだったのです(笑)


愛子、省吾の奥さんに

愛子(和久井映見)は省吾の奥さんになって
すずふり亭に引越していきますが、悲しそうです。
すぐ隣なのに(汗)

富(白石加代子)は「あなたが来てくれて本当に
楽しかったわ」
世津子(菅野美穂)は「愛ちゃんは一家に1人欲しいわね」
と言って、愛子と抱き合います。

啓輔(岡山天音)祐二(浅香航大)は
愛子の荷物が重くて、限界がきてました(笑)

五郎と安江の新しい家族、茜

五郎(光石研)安江(生田智子)に新しい家族が増えました。
茜という女の子、あかね坂のあかねです。
みね子や元治が声をかけますが、茜は元気ありません。

ヤスハル(古舘佑太郎)は茜の視線に座り込んで
「俺も一緒だよ。俺も突然ここに連れてこられて
今日からここで暮らすんだって言われて。
その日から新しいお父さんとお母さんと一緒に暮らし始めた。

でも本当の親じゃなくても、親子になれるんだぞ。
幸せになれる。俺は幸せになった。ちゃんと親子になった。
だから茜もなれる」と話します。

茜が「うん」とうなずくと
ヤスハルは「今日からここはお前のもんだ」と言い
五郎と安江は感謝しました。

いつから聞いていたのか一郎(三宅裕司)が登場し
「ヤスハル!」と抱きついてきます。
ヤスハル、本当に良いキャラクターですよね!!

茜はすぐみんなのアイドルになりました。
ヤスハルを呼び捨てにして、
笑顔で水鉄砲をみんなにかけてきます!


実からみね子への手紙

みね子からの手紙を、奥茨城の実(沢村一樹)が読んでると
宗男(峯田和伸)が「兄貴、すげえな畑」と駆け込んできました。

茂(古谷一行)が「食えるもんでもねえのに売れんのか心配だ」
と言うと、宗男は「任せとけって、な、兄貴」と実の肩を叩きます。
実が「大丈夫だ、父ちゃん、後は咲くのを待つだけだ。絶対大丈夫」

と言うのを、美代子(木村佳乃)が笑顔で見つめました。

裏天広場、みね子は実からの手紙をヒデに見せます。
「みね子様、できるだけ早く茨城に帰って来られないでしょうか?
報告したいこと、見せたいものがあります。相談したいことも」

ヒデは「帰ったほうがいいんじゃないか」と言ってくれますが
みね子は店があるので、悩んでいる様子です。
由香(島崎遥香)が「どうも、あついね~」と登場します。

みね子と秀俊は「飛んで火に入る夏の由香」と
由香にすずふり亭を手伝ってとお願いしました(笑)

次郎、村長選へ立候補!

みね子は奥茨城のワンマンカーになったバスに乗っています。
小太郎(城戸光晴)は「このバスは富岡経由上賀口行きです」
と良い声でアナウンスしました。

みね子が「小太郎さん、次郎さん、どうした?」と聞くと
小太郎は「バス降りたら、わがっから」としか答えません。

みね子は窓を開け「ちよ子、進!」と叫びます。
ちよ子(宮原和)進(高橋來)が走ってるのが見えました。

バス停を降りて、みね子が次郎について聞くと
ちよ子と進は「あれだ」とバス停に待合小屋を見ます。

村長選挙ポスターが貼ってあり、佐川武寛村長(久保晶)の隣に
益子次郎(松尾諭)のボスターがありました!!
村長選へ立候補したようですが、厳しいようです。

ポットマムの畑が広がる

3人はコスモスの道を歩きながら「三歩進んで二歩さがる」と
365歩のマーチを歌います。
雨が降ってくると、赤いレインコートのちよ子と
黄色いレインコートの進は、傘をみね子に渡し、先に行きました。

みね子は田んぼにいた茂にあいさつし、ニワトリ小屋の前まで来ると
ちよ子と進が「お姉ちゃん、早く」と声をかけてきます。
坂を上がっていくと、ポットマムの畑が広がってるのが
見えましたね。

今回は、和夫さんが再登場し、愛子は省吾の奥さんに
五郎と安江に新しい家族、茜が増えました。
そして実の手紙をもらって、みね子は奥茨城へ帰ります。
いろいろと盛りだくさんでしたね。

連続テレビ小説 ひよっこ ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 ひよっこ キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る