ひよっこ ネタバレ 151話 イチコの制服 さおりと三男の恋

ひよっこもついに最終週ですね。
すずふり亭では元治(やついいちろう)秀俊(磯村勇斗)による
新作メニューの試験が行われます。

鈴子(宮本信子)省吾(佐々木蔵之介)みね子(有村架純)が
テーブルにつきました。省吾は無表情です。
元治と秀俊が料理を出し、ソースをかけました。

「すずふり亭特製スコッチエッグ」です。
ナイフで切ると、中から卵がトロ~リと
溶け出てきました。とってもおいしそうです!


すずふり亭特製スコッチエッグ

元治と秀俊は何日もこの日に向けて、
一生懸命取り組んできたのでした。
元治はサボってると思ったら、違いましたね(笑)

ヒデが「何か1つ足りないですよね」と言うと
元治は「衣に何か足したらいいんじゃないか」と思いつき
ヒデはスライスしたアーモンドを刻みはじめます。

すずふり亭特製スコッチエッグを食べて
みね子は「何だこれ」とびっくり!
鈴子は「う~ん!フフフ」と笑顔になりました。

省吾も「うまいじゃないか」と笑顔になって
鈴子は「採用だね」とOKしてくれます。
元治と秀俊は「ありがとうございます」と言って
抱き合って大喜び!

省吾に「みね子、オーダーなんて通す?」と聞かれ
みね子はヒデをちらっと見てから
「エッグワンでお願いします」と答えます。
省吾は「エッグワンで行こう」と賛成してくれました。

新しい制服の色、どこで見たんでしょう?

鈴子に促されて、みね子は新しい制服に着替えてきます。
みね子は「谷田部みね子、ワン、入ります」と登場すると
省吾、元治、秀俊は「お~」と歓声を上げました。

鮮やかな若草色、ミントグリーン色で、
どこかで見たことあるとみんな言い出し
「どこで見たんでしょう?」とクイズになります。

正解は、薬局前のイチコの色でしたね!

さおりは三男にキス

日本橋の安部米店、三男(泉澤祐希)さおり(伊藤沙莉)は
チラチラと視線を交わしています。

さおりが三男に「私は本気なんで、本気で返事をください。
女は永遠には待てないよ」と告白されたことがあったのでした。

三男が「あの…」と声をかけると
さおりは「返事?私の思いに対する返事?そうなの?
違うよね」と先走ってきます(笑)

三男が「そうです」と言うと
さおりは「そうなんだ。え?返事いいです。
いらない。聞きたくない。どうせノーなんでしょ?
わかってる。ムリムリ」と両耳を両手でふさぎました。

三男がその手をはずすと、さおりは三男にキス!
Replay映像まで出てました(笑)

三男が「何なんですか?」と両手で唇を抑えると
さおりは「だって断られたら、もうないのかなと思ったら
思い出にもらっとくわと思って。今の思い出を糧に生きていきます。
ありがとうございました。ごちそうさまでした」
と頭を下げます(爆)


善三の立ち聞き

配達帰りのさおり(米子)の父・善三(斉藤暁)が帰ってきますが
三男とさおりが話しているので、立ち聞きをはじめました。

三男が「意味がわかんねえ」と言うと
さおりは「だってここまでかなりがんばってきたんだもん」
と言い返します。

三男が「話を聞いてくださいよ」と言うと
さおりは「ノーは聞きたくないの。イエスだとでも言うわけ?
私の恋人になってくれると言うわけ?」と言い返しました。

三男は「そうです」と答えると
さおりは「馬鹿じゃないの?…ウソ?」と驚き
三男は「ウソじゃないですよ。だから話聞けって
言ってるじゃないですか!」と話します。

そして「俺、いろいろ考えました。ここに来てからのこと。
さおりさんのこと。旦那さんのこと。この店のことも。
うれしいことだなって思いました。
だってそんな俺のこと必要とされてるなんて
幸せなことだなって思ったです」と話しました。

立ち聞きの善三は涙でうるうるしています。

恋人になりませんか?

三男は「女の子に好きだって言われたことねえから
戸惑ってしまうけど、好きって言われて
男としてうれしくねえ訳がねえし。

それに、さおりさん自分のこと自信ねえみたいに言うけど
それ、おかしいですよ。さおりさん、かわいいですよ。

それに、面白いです。次に何すっか、何言うか、さっぱり
わかんなくて、動きが読めねえっつうか。
面白くて、かわいいです。
振り回されるのが楽しくなってきました。

恋人になりませんか?俺でいかったら。

ただし条件があります。将来一緒になるとして
家族が仲悪いのは絶対嫌です。
それを約束してくれなかったらこの話はノーです。
約束してくれますか?」と聞きました。

さおりが「はい。誓います」と答えると
三男は「それ結婚式のやつでしょ?早いでしょまだ」と
2人で笑います。

さおり(米子)と善三

さおりが「三男くん」と寄ってきて
三男がとっさに避けると善三が入ってきて、
さおりと善三が抱き合いました(笑)

さおりは「三男くん、ふかふか。
懐かしい感じがする。大好きこの感じ」と言うと
三男が「さおりさん」と呼びかけます。

さおりはやっと気づいて、離れると
善三は「おめえのガキの頃、思い出したよ」とうれしそうです。

三男は「1つお願いがあります。いいか米子、店をどうするかは
一緒に考えましょう。もしどうしてもパン屋にしたかったら
その時は、パン子って名前にして下さい」と頼んで
さおりは笑いました。

やがて、さおりだけでなく、善三も泣き出します。
三男とさおり(米子)と善三、うまくまとまりましたね。

連続テレビ小説 ひよっこ ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 ひよっこ キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る