おんな城主直虎 あらすじ 38話 井伊を共に去りぬ

武田信玄(松平健)が井伊谷へ攻め込んで来たという
知らせを受けます。
井伊直虎(柴咲コウ)は近藤康用(橋本じゅん)に
武田に下るようは説得しました。
しかし近藤は聞き入れず、井伊谷城に火を放ってしまいます。

武田信玄、山県昌景(山本龍二)らは井伊谷へ入りました。
村の百姓たちが逃散し、食料が残っていないと知らせを受け
信玄は激怒し、全ての家を焼き払えと命じます。

今回は、菅田将暉さんの松下虎松、のちの井伊直政、
井之脇海さんの小野亥之助が初登場しましたね。
さらに意外な人物が再登場します。

そして直虎は龍雲丸(柳楽優弥)とともに堺へ行くことに
なってましたが、意外な結果となりました。


松平健☓小林薫

川名の隠し里へ、井伊直虎は近藤たちとともに逃げてきました。
近藤は隠し里について初めて知ったので
中野直之(矢本悠馬)はこういう時のために秘めていたと
説明します。

直虎がどうして火の中にいたのかと聞くと
高瀬(高橋ひかる)は近藤のことがかわいそうだったと
ごまかします。
甚兵衛(山本學)はこれからどうするのかと相談に来ると
直虎は南渓が動いてくれていると話しました。

南渓和尚(小林薫)は武田の陣を訪ね、武田信玄と面会します。
南渓は、武田が攻めくると知り、武田につこうと
井伊の残党が兵を挙げ、百姓たちを逃散させ
近藤を追い詰めたが、火を放たれたと言いました。

百姓たちは近藤を望んでいないので、井伊の家名を復して
領土も安堵して欲しいと南渓が頼むと
信玄は「ほう…?」と笑います。
松平健さんと小林薫さんの共演、深みがあって良いですね!

井伊直虎と近藤康用

龍雲丸(柳楽優弥)が高瀬の様子がおかしいと言うので
小野政次(高橋一生)が武田の間者ではと話していたのを
直虎は思い出します。

傑山(市原隼人)が信玄からの書状を持ってきました。
近藤の首と引き換えに、井伊谷を井伊に返すという内容です。
近藤は「これは意趣返しか」とムッとしますが
直虎は近藤の首を取る気など毛頭ないと言います。

そして、かつて井伊と小野が敵味方と見せかけたように
井伊と近藤が反目してるよう見せかけようと提案しました。
しかし近藤は「あいにく疑り深いたちで」と家臣に支えられ
立ち去っていきます。

高瀬、武田の間者だった

夜、高瀬が薬湯をお椀に入れて近藤のところへ
持って行こうとするので、直虎が呼び止めました。
直虎が腰がいたいので、痛み止めの薬が欲しいと
お椀を取って飲もうとすると
高瀬がお椀を叩き落とします。

高瀬が逃げようとするのを、龍雲丸が捕まえました。
直虎が「そなたは武田の間者か?」と聞くと、
高瀬は打ち明け始めます。

井伊直親(三浦春馬)の娘であるのは本当だが
母親が亡くなった時、重い借金を抱えていて
身を売るしかなかったのです。
そこで武田から話があり、井伊に間者に入れば
借金を引き受けると言われたのでした。

高瀬が「近藤様を殺せば、母上の元に井伊が戻ってくるでは
ないですか」と言うと、直虎は高瀬の頬をピシャリと叩いてから
「つらかったろう、高瀬」と抱きしめます。


松平健☓小林薫(2)

松平健さんの武田信玄と小林薫さんの南渓和尚が
お酒を飲みながら、語り合いました。

武田信玄「武将として立ちたいと思ったことはなかったのか?」
南渓「私は戦ごとは苦手でございますゆえ、生臭坊主が
ちょうどようございます。御屋形様は戦ごとに飽いたり
疲れたりはなさりませぬか?」

信玄「甲斐は山に囲まれた厳しい土地でな、切り開かねば
道とてなく、川はすぐ溢れ出す。他国を襲い切り取らねば
生きていけなかった。戦に強くなることこそが、何よりの生業。
疲れている暇さえなかったわ」

南渓「御屋形様は来世生まれ変わるとしたら、
何に生まれ変わりとう存じますか?」

信玄「わしは、お天道様がよいかの。あちこち睨みを効かせ
天地(あめつち)を調略し、どこもここも恵まれた土地にする」
南渓「まことの天下布武にございますな」

井伊谷の復興がはじまる

直虎が薬湯の入ったお椀を持っていくと
近藤は「井伊殿、心得た」と答えます。
直虎が笑顔になると、近藤は「なぜ笑う」と聞くので
直虎は「そう仰せくださると信じておりました」と言いました。

直虎は、甚兵衛、八助(山中崇)角太郎(前原滉)たちに
武田が西へ攻め上ったので、村へ帰れると伝えます。
しかし家が焼かれてしまったと土下座して謝りました。
甚兵衛、富介(木本武宏)福蔵(木下隆行)たちは
1人も死ぬ者が出なかったと許してくれます。

直虎は瀬戸方久(ムロツヨシ)に協力してもらい
寄り合い場を建てるなど井伊谷の復興をはじめました。
あやめ(光浦靖子)が鳳凰の刺繍ができたと見せに来ると
方久は良い糸を買ってきたとうれしそうです。
あやめと方久、いい夫婦になりましたね。

優柔不断の直虎

昊天(小松和重)が中村与太夫(本田博太郎)を連れてきます。
中村屋は龍雲丸と直虎を堺に連れていくため
気賀へ寄ってくれたのですが、直虎は堺行きを忘れてました(汗)

南渓は堺へ行ったらと勧めてくれ
龍雲丸は井伊の民のためにも残ったほうがいいと勧めてくれ
直虎の心は揺れ動きます。
優柔不断の直虎でしたが、龍雲丸と共に堺へ行くと決めました。

武田の猛攻により、徳川家康(阿部サダヲ)は遠江の城を
次々に奪われていました。
家康が酒井忠次(みのすけ)とともに浜松城に
憔悴しきって城へ帰ってくると
今川氏真(尾上松也)が家臣たちとともに
笙(しょう)と笛を演奏していました(汗)

氏真「おばば様は笙が好きであられた。今日はご命日。
せめてこれくらいのことは差し上げたくての」
家臣「死してなお、今川の家を守らんと仰せでしたし」
氏真は「この苦境もなんとかしてくれるかもしれんの」
と説明し、また演奏をはじめます。
忠次は「滅びる訳じゃ、今川は」と呆れました。


武田信玄の死 浅丘ルリ子さん再登場

武田の陣で宴が催され、武田信玄はご機嫌です。
山県昌景が「このまま三河に攻め入れば、尾張の我等の手に
落ちましょう」と言うと
信玄は「青二才どもめ、二度と大口が叩けぬようにしてやる。
遊び女は?」と聞くので
昌景が「心得てございます」と答えました。

武田信玄が寝所に行くと、女が頭を下げています。
信玄が「そなたか。名は何と申す?」と聞くと
女は「ひさと申します」と答えました。
信玄「ひさか、良い名じゃ」
女「こちらにいらっしゃると聞き、殿にお会いしとうて」
信玄「かわいいことを」

女は「冥府よりお迎えに参りました」と言って
顔を上げると寿桂尼です!浅丘ルリ子さん、再登場!
信玄が悲鳴をあげます!
山県昌景がかけつけると、武田信玄は血を吐いて
倒れていました。

松平健さんの武田信玄の死に、浅丘ルリ子さんの寿桂尼を
再登場させるとは、粋な演出ですね!

直虎と龍雲丸の別れ

井戸端の南渓の元へ、傑山が来て、武田信玄が亡くなった
と報告します。

直虎は龍雲丸と中村屋と堺へ出立することになって
祐椿尼(財前直見)梅(梅沢昌代)たちにあいさつしていました。
そこへ南渓と傑山が遅れてやってきます。

傑山から耳打ちされ直之が去っていくので
直虎はそれを気にしながら、出発しました。

途中、直虎が浮かない顔をしているので
龍雲丸は中村屋に先に行ってもらいます。
龍雲丸「勝手についてくんじゃねえ、ばばあ」とバカにしてから
「何も今ムリして行かなくてもよ、やることやって
終わってから来ればいいじゃねえか」とやさしく言いました。
ツンデレです(汗)
最後、直虎と龍雲丸はキスして別れました。

菅田将暉さん初登場

龍潭寺で、南渓、傑山、昊天、直之が武田信玄の死後
どうするか話し合ってると、直虎が帰ってきます。

信玄の死後、勢いを増した徳川は遠江西部から武田軍を追い出し
井伊谷は再び徳川領となりました。

天正2(1574)年、井伊直親の十三回忌が行われることとなり
松下虎松(菅田将暉)小野亥之助(井之脇海)が井伊谷へ
戻ってきます。
虎松役が、寺田心君から菅田将暉さんへ交代となりましたね。

大河ドラマ おんな城主 直虎 あらすじ
大河ドラマ おんな城主 直虎 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る