ひよっこ ネタバレ 150話 省吾の恋の話を、みね子は立ち聞き

愛子(和久井映見)省吾(佐々木蔵之介)が話しているのを
みね子(有村架純)たちが厨房で立ち聞きしています。
朝ドラ名物、立ち聞きですね。

省吾は「永井さん、ありがとうございます。
正直言うと、楽しかった、スター気分。もう自分には
そういうことはないと思ってたから。

恋の気分みたいなもん、ちょっと味わえたし。面白かったし、
うきうきもしたし。うれしかった。楽しかった。
ありがとうございました」と頭をさげます。

そして「愛子さん、ステキだと思いました。先ほどのお話。
あなたのずっと続く、続いてる恋。私も同じです。私もずっと
妻に恋してる」と話しました。
立ち聞きしている由香(島崎遥香)は泣いています。
今日は省吾の恋の話です。


あなたと結婚して、よかった。ありがとう

省吾が話し始めました。
「見合い結婚だったので、ロマンスはなかったんですけど
どんどん好きになっていきました。調理場の中から見える
働いてる妻を見るのが、好きでした。

もうちょっとしたら楽になる、暮らしも安定する。
時間だって出来るはずだ。そしたら楽さしてやりたい。
贅沢だってさしてやりたい。

だから今、今頑張ろうって思ってました。でも、その時は
来なかった。死なせてしまった。何にもしてやれなかった。
ちゃんと言えなかった。

『あなたと結婚して、よかった。ありがとう。
 これから楽しいこと一緒に味わおう。
 かわいい女の子産んでくれて、ありがとう』
全部言えなかった」
由香は涙を流し、しゃがみこみ、鈴子(宮本信子)のひざに
よりかかります。

愛子さんにとって2番目に好きな男で構わない

省吾は「同じですよ、愛子さんと。できることなら
恋してみたいです。愛子さんと。お互い、忘れなくても、
いなくなってしまった人への気持ち、変わらなくても。
恋はできますよね。そうですよね」と聞くと
愛子は「はい」と答えました。

省吾はVサインして「2番でいいです。私は愛子さんにとって
世界で2番目に好きな男で構わない。そうなりたいです」と言うと
愛子は「私も、そうなりたいです」と言います。

2人はよろしくお願いしますとあいさつし
省吾が「デートしましょう。最初のデートは
地味な場所になるかもしれませんが」と話しました。

愛子「はい。お墓に」
省吾「あなたの好きな人にご挨拶させて下さい」
愛子「私も奥様ご挨拶させて下さい」

幸せのおすそ分け

由香が「もう、ムリ!泣きすぎて頭痛い」と声を出してしまい
省吾と愛子が気付いて、厨房に来てしまいます。

みね子、鈴子、世津子(菅野美穂)早苗(シシド・カフカ)
が「すみませんでした」と謝り
由香は「はい、私です。みんなを連れ込んだの」と手を上げました。

みね子は「愛子さん」と愛子に抱きつきます。
早苗が幸せ分けてと頼むと
愛子は嫌と言ってから、おすそ分けしてかげると
手で幸せを分けてくれました(笑)

由香が「父をよろしくお願いします」と言うと
愛子は「よろしくお願いします。うれしいです、私。
親を早くに亡くしてるから、鈴子さんがお母さんになってくれて
うれしい。子ども持てなかったから、こんなかわいい娘ができて
うれしい。よろしくお願いします」と暴走します(汗)

みね子が「あれ?シェフはまだ結婚の話は
してないんじゃないかと」と止めると
愛子は「えっ、やだ! まだだった」と気づきました(笑)

由香が「そういう人だったか」とあきれますが
鈴子は「もう、いいじゃないの。そういうことはこの際」
省吾も「あっ、そうだね」と許してくれます。

黄色い花のポットマム

奥茨城の谷田部家では、実(沢村一樹)が図面を広げ
美代子(木村佳乃)茂(古谷一行)宗男(峯田和伸)に
説明をしていました。

花の苗を作って、5000鉢を並べるというのです。
美代子、茂、宗男は「おお!」と感心しました。
実は黄色い花のポットマムを図面の上に置きましたね。

連続テレビ小説 ひよっこ ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 ひよっこ キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る