ひよっこ ネタバレ 142話 時子 ツイッギーコンテスト優勝

時子(佐久間由衣)のツイッギーそっくりコンテストの
リハーサルが裏天広場で終わりました。

秀俊(磯村勇斗)ヤスハル(古舘佑太郎)が
ジュースの差し入れをしてくれます。
みね子(有村架純)から指名された鈴子(宮本信子)が
「すてきだった。優勝間違いなしだね」と
あいさつして、みんなで乾杯!!

帽子をかぶった世津子(菅野美穂)は
「よかったよ、時子ちゃん。すてきだった。
大丈夫。がんばってね」と声をかけてくれますが
なぜか寂しげです。


死んでないわよ。しぶといわよ

さおり(伊藤沙莉)は「かっこよかった。
三男君のことは関係なしにさ。優勝して」
と時子に話します。

管理人室に、鈴子が行くと
長椅子に横になっていた富(白石加代子)は
「聞こえたわ」とうれしそうです。

やがて、富が目を閉じました。
鈴子が不安になって、富の口元にそっと手を伸ばすと
富は「死んでないわよ。しぶといわよ、私は」
と笑います(汗)

ツイッギーそっくりコンテスト当日

いよいよツイッギーそっくりコンテスト当日です。

司会から「次は9番、助川時子さん」とアナウンスが流れると
ピンクの衣装のミニスカートの時子が現れ
音楽に乗せて、ランウェイを歩いて行き
ポーズを決めました。

三男(泉澤祐希)が客席から見つめてます。
たくさんのカメラマンがシャッターを切りました。

時子のスピーチが始まります。
「助川時子です。日本中の、世界中の女の子たち!女性たち!
いろいろ大変だよね。女として生きていくのは。
でも、女の子の未来は、私に任せて!みんな私についてきて」
時子が拳をつきあげると、拍手が起こりましたね。

時子のコンテストの結果は、優勝!

管理人室で電話を受けた富は、拳を握って
愛子(和久井映見)に見せました。

愛子がすずふり亭の厨房へ行って拳を握ると
省吾(佐々木蔵之介)元治(やついいちろう)
秀俊が拳で応えます。

ホールのみね子も、愛子の拳に気づいて
鈴子に伝えました。

コンテスト会場の時子は、頭にティアラを乗せ
真っ赤なマントを羽織って、1位の段に乗り
みんなから大歓声を受けます。優勝です!

時子が三男に気づいて手を振ると
三男は涙をあふれさせました。

三男の涙

会場の表に出た三男は人目もはばからず
「やったー!時子、おめでとう!」と大喜びします。

学生時代にバスでした会話や
奥茨城聖火リレーの時のことを思い出した三男は
「好きなんだけど、だまってるのさ、大事な宝かくすように」
と歌って、泣きながら歩いていきました。
ジーンときましたよね!

時子がコンテストで優勝したので、
三男の片思いは終わりなのでしょうね?

時子の旅立ち

時子が慌ただしいアパートへ戻ってきたのは3日後で、
それは時子があかね荘を出て行く日になりました。

時子が裏天広場に荷物を持って出てきて
「ごめんね、突然。用意してくれた部屋に住むことになってさ。
これから日本中の都会を回るんだって。目が回ってしまって
何が何だか怖くて。大丈夫かな?私」と言います。

みね子は「大丈夫にするしかないでしょ。
がんばっぺ、応援してっから私。ずっと」
と励ましました。

時子は笑顔になって、去っていきましたね。
「お父さん、もうきっと時子には
そんなに会えなくなんだろうと思いました」

連続テレビ小説 ひよっこ ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 ひよっこ キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る