おんな城主直虎 あらすじ 36話 井伊家最後の日

栗原小巻さんが、初登場しましたね。
徳川家康(阿部サダヲ)の生母・於大の方役です。

井伊直虎(柴咲コウ)は、龍潭寺で南渓和尚(小林薫)
昊天(小松和重)と話してから井戸端へ行きました。

座禅を組みながら、左手に白い碁石を持って
井伊直盛(杉本哲太)を思い出し、
碁石を右手に持ち換え、井伊家を継いだ時の自分を思い
また左手に持ち替え、小野政次(高橋一生)の最期を
思い出します。


栗原小巻さん、於大の方役

今川氏真(尾上松也)は徳川家康に掛川城を明け渡すと
春(西原亜希)の実家・北条に身を寄せることにしました。
北条氏康(鶴田忍)は武田に天誅が下ると笑います。

三河・岡崎城、家康は1人で碁を打ちながら
武田は動けないと喜んでいると
瀬名(菜々緒)が来て、井伊を見捨てたのは本当かと
詰め寄ってきました。

酒井忠次(みのすけ)が止めようとすると
瀬名は忠次と碁石をはじき飛ばし
家康に、井伊を見捨てたのかと責めたててきます。

そこへ於大の方役(栗原小巻)が登場し
「瀬名殿、殿はまだお若い、どうぞ温かい目で見守って下さい」
と頼むと、瀬名は一礼し、去っていきました。
栗原小巻さん、きれいで、貫禄ありましたね。

於大の方から次女・ふさを紹介され
家康はニッコリ微笑みます。

直虎、近藤康用の心をすっかり掴む

井伊家の館、直虎は近藤康用(橋本じゅん)を
支えてあげていました。
直虎が支えを外すと、近藤が歩きはじめて
近藤の家臣は「殿が立った」と大喜びです!

近藤は「ずっと寝たきりかと思っておった」と感謝し、
直虎は「私もうれしゅうございます」と笑顔になります。
直虎は近藤の心をすっかり掴んでしまったようですね。

龍潭寺に戻った直虎は南渓に
近藤が中野、奥山、新野を召し抱えてもよいと言ってくれた
と報告します。

傑山(市原隼人)は出ていったところを、
バッサリいかれると警戒しました(汗)

瀬戸方久(ムロツヨシ)は修行僧となっていて
常慶が来たと知らせに来ます。

松下常慶、虎松を松下家の養子にと

松下常慶(和田正人)は直虎と南渓に
井伊家を再興なかったのは自分の力不足だったと謝り
しの(貫地谷しほり)からの手紙を渡してきました。

虎松(寺田心)を松下家の養子にというのです。
常慶は責任を感じていて、兄・松下源太郎(古舘寛治)には
実子がいないので、虎松に養子に入ってもらい
松下家を預けたいというのでした。

直虎は即答せず、龍雲丸(柳楽優弥)に相談します。
虎松が松下家に養子に入れば、井伊家の再興を諦めねばならず
死んでいった政次や直親たちに申し訳ないと話しました。
龍雲丸は、直虎がやりたいようにやればよいとアドバイスします。

直虎、井伊家の再興を目指さないことにする

夜、井戸端で、直虎が手に白い碁石を持って
座禅を組んでいると、南渓がやってきます。
南渓は碁石を取ると、井伊家はここで終わらせよう
と言い出しました。

南渓から、政次や直親には謝っておく
もう十分じゃ、よくやったと慰めの言葉をかけられ
直虎は泣き出します。

直虎、南渓、傑山は川名の隠し里へ行って
祐椿尼(財前直見)なつ(山口紗弥加)梅(梅沢昌代)
あやめ(光浦靖子)高瀬(高橋ひかる)らに
井伊家の再興を目指さないことを説明しました。

亥之助(荒井雄斗)直久(山田瑛瑠)は反発し
中野直之(矢本悠馬)は「所詮おなごだ」と怒り
出ていってしまいます。


虎松、井伊家の再興を目指す

三河・鳳来寺へ直虎と南渓へ行って
虎松と奥山六左衛門(田中美央)に会い
井伊家の再興を目指さないと伝えました。

六左衛門はしぶしぶ納得しますが
虎松は納得できない様子です。

泣き出す虎松への説得は、南渓に任せて
直虎は傑山とともに龍潭寺へ帰ります。
南渓は泣いている虎松に、直虎は井伊家の人でなくなったので
虎松の自由にしろとそそのかしました(笑)

やがて、祐椿尼が龍潭寺へ来て
今度の身の振り方について決めたことを説明します。

高瀬は弥吉(藤本康文)の孫として近藤へ行くことにしました。
あやめは嫁ぎたいと言っていて
なつは虎松やしのを頼って、松下家へ行くことにします。

虎松は引間の松下家へ行って
しのと再会し、松下源太郎のことを、父と呼びました。
虎松は幼いながら、井伊家再興を心に秘めて
松下家へ養子へ入った感じですね。

直虎と龍雲丸

直虎が井戸端で祈っていると、龍雲丸がやってきました。
龍雲丸は一緒になりたいおなごがいるが名前を知らないと言い
直虎に名前を聞いてきます。

直虎はかわしてましたが
龍雲丸はそばいてくれればいいとアプローチしてきました。
直虎は自分といるとろくなことがないと言いますが
龍雲丸は直虎を置いて、死なないと答えます。

直虎が「とわじゃ。我はとわという」と答えると
龍雲丸は直虎の頭巾を取って、唇を重ねました。
直虎は還俗し、龍雲丸とともに暮らし始めます。

武田信玄、進軍開始!

元亀2(1571)年10月、北条氏康が亡くなると
武田信玄(松平健)は「死におった」と踊りながら
大喜びしました。

今川氏真は引間の浜松城へ来て、徳川家康に
助けを求めます。家康は困ってましたが
廊下へ出ると忠次とともに、氏真を武田に引き渡そう
と話し合いました。

元亀3(1572)年、武田信玄が「いざ!」と
武田軍に進軍を命じます。
近藤家の高瀬が空を見上げたところで
続くとなりましたね。

大河ドラマ おんな城主 直虎 あらすじ
大河ドラマ おんな城主 直虎 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る