おんな城主直虎 あらすじ 35話 蘇えりし者たち

井伊直虎(柴咲コウ)たちは気賀の堀川城へ向かいますが
戦いが終わった後で、死体の山が築かれていました。
直虎、瀬戸方久(ムロツヨシ)辰(山本圭祐)は唖然とします。

南渓和尚(小林薫)が「生きておるものは、おらぬか!」と叫び、
傑山(市原隼人)も声を出し、生存者がいないか探し始めました。

昊天(小松和重)から「前後際断です。次郎、生きておる者を
探しましょう」と言われ、直虎も動き出します。
直虎が何かにつまずいて転んでしまいました。
見ると、龍雲党が持っていた直虎の水筒です。

近くに龍雲丸(柳楽優弥)を発見!息はしているようです。
龍雲丸は傑山に背負われ、龍潭寺へ運ばれ、寝かされました。

昊天が煎じた薬湯を持ってきますが、龍雲丸は飲めません。
直虎は口移しで、龍雲丸に飲ませてあげましたね。


徳川家康、酒井忠次に不満そう

瀬戸方久は南渓に何があったか話します。
大沢基胤(嶋田久作)に奪われた堀川城を攻略するため、
中村屋の船で城にいる民たちを逃してから、攻めかかると
徳川家康(阿部サダヲ)と約束していました。

しかし酒井忠次(みのすけ)が大沢への見せしめのために
大沢の兵だけでなく民たちをも攻め落としてしまったのです。

徳川の陣に、大沢基胤が降伏してきますが、
家康は忠次に背を向け、不満そうでした。
本多忠勝(高島政宏)はこれで後顧の憂いなく
掛川城を攻められると忠次の策に賛成します。

家康は石川数正(中村織央)に、松下常慶(和田正人)を
誰にも気づかれぬよう呼べと命じました。

柴咲コウさんの読経は、本当に歌うようなお経

龍雲丸は高熱を発していました。
看病に疲れた直虎が廊下へ出ていくと
少年が声をかけてきます。

井伊谷三人衆の鈴木重時(菅原大吉)の一子、
鈴木重好(下川恭平)です。
重時は大沢攻めに徳川方として参陣し、亡くなったので、
跡を継ぐことになり、直虎にお経をあげてと頼みにきたのでした。

いったんは断る直虎でしたが、重時は直虎の歌うようなお経を
聞いたみたいと言っていたと重好が頼むので、引き受けます。
直虎はお経を読んで、重時を供養しました。

南渓も直虎のお経を聞いて、仏殿にやってきます。
柴咲コウさんの読経は、本当に歌うようなお経ですね。
重好は直虎にお礼を言って、帰っていきました。
直虎は重好のような少年が戦場へ行くことに
やりきれなさを感じます。

南渓、龍雲丸に口移し(笑)

辰が呼びに来たので、直虎が行くと
龍雲丸は「妙な経が聞こえてきて…」と意識を取り戻していました。
直虎は「よう戻ってきてくれた」と笑顔を見せます。

夜、南渓は龍雲丸に、気賀の悲劇を伝えてから
小野政次(高橋一生)を失ってしまったので
龍雲丸が生きていたことは、直虎の支えになると伝えました。

直虎はいびきをかくほど爆睡して、復活してくると
白い頭巾をかぶって龍雲丸の看病に当たります。

龍雲丸は薬を吐き出してしまい
どうして飲めたのか不思議がりました。

直虎が「和尚が口移しでの」とウソをつくと
南渓本人がやってきて「具合はどうじゃ?
遠慮せずに言うてみよ。何じゃ水くさい」と
龍雲丸を触ってきます。

照れる龍雲丸に、直虎は大笑いしてましたね(笑)

直虎、近藤康用の治療をはじめる

傑山が「近藤の者が来た」と知らせに来て、緊張が走ります。
龍雲丸が逃げ出そうとすると、
ケガ人を診て欲しいだけだとわかりました。

龍雲丸が近藤に恩を売るべきと言うと
直虎は「近藤の者など一人残らず野垂れ死ねばいいのじゃ」
と怒りを爆発させます。

直虎は気持ちを切り替え、昊天とともに井伊家の館へ行くと
近藤康用(橋本じゅん)が横たわっていました。
布団をどけると、近藤の足は血で汚れ、添え木がしてあります。

直虎が小刀を抜くと
近藤は「何故この者たちが!わしを殺す気か」とおびえました。
直虎は「殺すつもりなれば、このまま捨て置きます」と言って
近藤の治療をはじめます。

龍潭寺に帰った直虎は龍雲丸に、戦に勝つということは
どういうことか?戦死して声変わりしていない跡継ぎを出したり
深手を負い、馬に乗れなくなる者もいると、
戦いの虚しさを語りました。

今川氏真「大名は蹴鞠で雌雄を決すればいいのじゃ」

掛川城で、徳川家康と今川氏真(尾上松也)が面会します。
家康は氏真に和睦を持ちかけました。家康も直虎と同じく
戦いの虚しさを感じたのでしょうか?

氏真も賛同して「大名は蹴鞠で雌雄を決すればいいのじゃ」
と言い出します。戦の代わりに、蹴鞠で勝負を決すれば
人も馬も死なず、兵糧も銭もいらないというのです。

徳川家康と今川氏真は和睦することにし、お互いに頭を下げました。


川名の隠れ里からの手紙

龍潭寺で、昊天が薬づくりをしているのを方久は見てると
傑山が、昊天は西洋で薬学を学んできたと教えてくれます。
方久は「カ~ン!」と何かひらめきました。

直虎が龍雲丸の体を洗ってあげていると
中野直之(矢本悠馬)がやってきます。
直之は直虎に手紙を渡しました。

川名の隠れ里にいる祐椿尼(財前直見)あやめ(光浦靖子)
高瀬(高橋ひかる)からの手紙で
なつ(山口紗弥加)亥之助(荒井雄斗)梅(梅沢昌代)たちの
様子が書かれています。

亥之助と直久(山田瑛瑠)は囲碁をはじめたが
勝負がつきません。2人とも政次から習っているので、
手筋が同じだと弥吉(藤本康文)は気づきます。

直之と弥吉は、政次のモノマネをしますがビミョウです(汗)
直虎は「但馬は生きておったか」と涙しました。

瀬戸方久、死の商人から生の商人へ転職

瀬戸方久と辰が坊主頭でやってきたので、龍雲丸はびっくり!
方久は戦道具を売ることをやめて、昊天に弟子入りし、
薬を売って巨万の富を得ることにしたと明るく話します。
死の商人から生の商人へ転職です。

やがて龍雲丸がいなくなってしまいました。
直虎がほうぼう探し、龍雲党へ行くと、龍雲丸が倒れています。
まだ龍雲丸は完全に治っていなかったのです。

龍雲丸は「誰か戻ってくるかと思ったんですがね。
悪運が強いというか、どうしていつも俺だけ
生き残っちまうんですかね」とぼやきます。

直虎は「我もじゃ、頭。我も我ばかり生き残る。
こたびも但馬でなく、我が生き残ってしまったのかと思う。
なれど、そなたが生きておってくれて、よかった」と話しました。

徳川家康、掛川城へ入城

掛川城で、今川氏真と春(西原亜希)が話していましたが
やがて姿が消えます。北条家を頼ったのです。

入れ替わりに徳川家康が掛川城へ入城してきました。
家康は「入れてしまったの」と笑顔でしたが
忠次は「これで済むとお思いか?
武田は怒り狂いましょう」と心配します。

武田信玄(松平健)は文を読んで
「おのれ!」と怒りました。

龍雲党には「井伊にて待つ」という
旗が掲げられてましたね。

大河ドラマ おんな城主 直虎 あらすじ
大河ドラマ おんな城主 直虎 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る