ひよっこ ネタバレ 130話 竹内涼真さんの島谷、再登場

竹内涼真さんの島谷が再登場しましたね。
秀俊(磯村勇斗)は休みを取って、佐賀へ行き
島谷と会っていたのです。

オープニングは奥茨城からでした。
美代子(木村佳乃)は鶏小屋で卵を取って
実(沢村一樹)茂(古谷一行)は農作物をしていました。

みね子(有村架純)はすずふり亭でお料理を注文します。
給料日に欠かさず続けていて、今日はハンバーグです。


給料日にハンバーグを注文

みね子は鈴子(宮本信子)に相談します。
「お母ちゃんから手紙が来て、今月から仕送り
減らしなさいって言ってくれて。お父ちゃんもいろいろ
頑張ってるって言ってくれたんですよ。どう思いますか?」

鈴子は「そうしなさい。その方がお父さんもお母さんも
うれしいんだと思うよ。いがったねえ」と茨城弁で答え
みね子は「はい、いがったです」と言います。

省吾(佐々木蔵之介)がハンバーグを持ってきてくれ
みね子は「ん~!うんめぇなあ」と感動しました。

食べ終わったみね子はレジに行って
「ごちそうさまでした」と230円を
みね子に払います。
少しずつすずふり亭の高い物を食べられるように
なってきましたね。

秀俊は休みにどこに行ったか答えない

裏天広場で、みね子と秀俊がタマネギをむいてると
元治(やついいちろう)が「あなたがかんだ小指が痛い」
と歌いながらやって来ました。

元治は指を切ってしまい包帯を巻いていて
サボろうとしています(汗)

元治はみね子のモノマネをしながら
休みを取ってどこへ行ったか聞きますが
秀俊は答えません。

秀俊は佐賀へ行って、島谷と再会していた

秀俊(磯村勇斗)は休みを取って、佐賀へ行き
島谷(竹内涼真)と再会していました。
島谷の左手薬指には指輪があります。

秀俊は「ちょっと腹立ってんだ。何で俺に何も言わないで
いなくなった?みね子ちゃんのことはしかたないと思うよ。
詳しく知らないけど。俺は確かに悲しい思いをさせるなと言った。
でもお前がそうしたくてしてる訳じゃないことくらい分かる。
だから、それをどうこう言うつもりはない」と怒りました。

島谷は「うん、悪かった。何か合わす顔がなかった」
と謝ります。

秀俊は「みね子ちゃんのことは心配するな。大丈夫だ。
俺が守るから。俺あの子のことが、好きだ。女の子としても
人としても好きなんだ。大好きだ。それを言いに来た」
と告白しました。

島谷が「何で俺に?俺はそんな話を聞く資格は」と戸惑うと
秀俊は「そういうことじゃないよ。別にお前の許可を
もらいに来たわけじゃない。友達だからだよ。
お前に話したかったんだ」と答えます。
島谷は「頑張れ、ヒデ」と言い
秀俊は「うんありがとう」と言いました。

島谷は、秀俊にあいさつせず佐賀へ帰ったのですね。
しかし秀俊が佐賀を訪ねて、島谷と再会することで
2人の友情は戻った感じです。

そして秀俊はみね子のただの良い先輩だと思ってましたが
みね子のことが大好きだったことがわかります。
あと1ヶ月、これからの恋の展開も楽しみです。


由香、柏木堂で働きはじめる

由香(島崎遥香)は柏木堂で働いていて
お客さんに抹茶あずきを持っていきました。

一郎(三宅裕司)が「由香ちゃん何でうちで働きたいんだ」と聞くと
ヤスハル(古舘佑太郎)は「あいつは省吾さんとか鈴子さんと
昔みたいに戻りたいんだよ。でも自分からは戻れないから
ここにいる。ここが限界だったんだよ」と答えます。

由香が来て「絶対ここにいること鈴子さんとかお父さんに
内緒だからね。絶対だからね」と念を押すので
2人は由香の気持ちがわからなくなりました。

一郎が「ちょっと楽しいよな。ヤスハル、由香ちゃんのこと
好きだったしさ。ひょっとすると結婚なんかしちゃったりして
2人でこの店やったりして」と笑顔で言ってると
由香が「そうだったんだ?ごめんね、ヤスハル」
とうれしそうに振ってきました(笑)
頑張れ、ヤスハル!!

世津子のポスターを貼り替えられる

みね子が薬局のイチコに話しかけていると
店主が世津子(菅野美穂)のポスターを貼り替えていました。

みね子が代わったのかと声をかけると
店主は「もうダメなんじゃない。川本世津子は」と答えます。

連続テレビ小説 ひよっこ ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 ひよっこ キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る