ひよっこ ネタバレ 129話 時子とさおり、修羅場が始まる

みね子(有村架純)時子(佐久間由衣)は
安部米店に三男(泉澤祐希)を訪ねました。
さおり(伊藤沙莉)は固まってましたね。

時子は「どういうこど?ファンだって、この前さ」と
さおりを責めてきます。
みね子が「時子のファンなんですか?」と聞くと
さおりは「そんなわけないでしょ。私は三男くんのことが
好きなの。好きでたまらないの」と答えました。

時子が「それは知ってます」と言うので
さおりと三男はびっくりします。
修羅場が始まりましたね(汗)


さおりVS.時子

みね子がついていけないので
時子は「つまりこの人は、私が女優として成功すれば、
三男が私のこどを諦めて、自分のものになると思った。
だがら私に成功しろって言ってきたわげよ」と説明します。

みね子が「それは、あんましです。時子、嬉しそうでしたよ。
いろいろ不安もありながら、悩みながら頑張ってたとぎに、
応援してますって言われで、すんごく嬉しそうだったんですよ」
と話しました。

さおりは「傷つけてごめんなさい」と謝りますが
「そっちにも問題あると思うけどな。ずっと三男君の気持ち
もてあそんで、楽しんでたんじゃないの?」と責めます。

三男が口を出そうとすると、
時子とさおりが止めました(汗)

さおりの主張

さおりは「大体、普通さ、田舎から出て来た男の子と
東京の女の子の恋が始まったとするでしょ?
そしたら田舎の男の子には、幼なじみの女の子がいてさ。
その子のことが昔から好きみたいな話はよくあるでしょ」
と言います。

三男がまた口を出そうとすると、
時子とさおりが止めました(汗)

さおりは田舎から出てきた時子の方が
すらっとして、きれいで、勝負にならない
とぼやきます。

さらに、さおりは田舎の幼なじみは
時子じゃなくて、みね子の方だと言い出しました。

みね子は「何よそれ!何で、流れ弾に当たったみだいに
私が悪ぐ言われなきゃいげない訳!人を田舎者代表みだいに!
腹立つ」と怒ります(笑)

時子が「どごへ向かってんの?この話」と聞くと
さおりは「つまり東京生まれの東京育ちにも、
あか抜けない、さえない女子はいるってこと!
それを私は声を大にして伝えたい」と主張しました。

さおりが「何でこんな話になってんのよ。
ああ、のど渇いた。ジュース飲む?」と聞くと
みね子と時子は「飲む」と答え
みんなでジュースを飲みます。

時子、三男にコンテストについて報告する

さおりが「何しに来たわけ?」と聞きました。
時子は「あ、そっか」と思い出して
三男に「ツイッギーそっくりコンテスト」の
チラシを見せ「私これに出っから。スターになっから。
絶対優勝するつもりだから。だから三男、今まで、ありがとう」
と頭を下げます。

さおりが席を外そうとするのを時子は止めて
三男に「今までありがとう。お互い頑張ろうね、これからも。
それを言いに来た」と言いました。

三男は「おう。わがった。頑張れ、時子!
おめえ絶対優勝しろよ」と励まします。
最後、4人はほんわかした感じで別れましたね。

あかね荘に戻って、時子はみね子、
愛子(和久井映見)早苗(シシド・カフカ)と一緒に
衣装選びをします。

連続テレビ小説 ひよっこ ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 ひよっこ キャスト 相関図

関連記事

ページ上部へ戻る